2014/04/04 (Fri) 米国務省次官補、中国に警告を出す
shuu and obama haague 3.14

オバマ米大統領(右)と中国の習近平国家主席。ハーグで3月撮影(ロイター)。


対ロ制裁、アジアの領有権対立で中国への警告に=米国務次官補
2014年04月04日(金)11時25分

4月3日、ラッセル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は、中国に対し、ロシアによるクリミア編入のように武力でアジアにおける領有権主張を押し通そうとすれば経済制裁を受ける可能性があると警告した。

[ワシントン 3日 ロイター] -ラッセル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は3日、中国に対し、アジアの同盟国を守るという米国のコミットメントを疑うべきではなく、ロシアによるクリミア編入のように武力でアジアにおける領有権主張を押し通そうとすれば経済制裁を受ける可能性があると警告した。上院外交委員会で述べた。

ラッセル氏は中国の意図は判断しがたいとしつつ、ロシアのクリミア編入により、中国が武力を行使して自らの主張を押し通そうとする可能性についてアジアの同盟国の間では懸念が高まった、と指摘。「問題の平和的解決にコミットし続けることを中国に求める圧力が増す」との見方を示した。

同氏は、米欧などによる報復的な対ロ制裁が、クリミア編入をモデルにしようともくろむ中国当局者に対する「萎縮効果」を持つべきだとした。

ラッセル氏は、米国は東アジアにおける領有権主張の対立をめぐり特定の立場をとらないとする一方、必要があれば同盟国を守るとする米国の決意を中国は疑うべきではないと述べた。(ロイターの記事)


南シナ海・南沙、中国の警備艇が展開…米警戒

2014年04月04日 16時05分
 
ラッセル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は3日、中国が、フィリピンと領有権を争う南シナ海・南沙(スプラトリー)諸島のセカンド・トーマス礁に「多くの沿岸警備艇を展開している」と述べ、警戒感を示した。

 上院外交委員会の東アジア太平洋小委員会公聴会で証言した。同礁はフィリピンが実効支配し、兵士を配置しているが、中国船はフィリピンの物資補給を阻止しようとするなどの「問題行動」を取っているという。

 ラッセル氏はまた、ウクライナ南部クリミア半島のロシア編入を受け、米欧が対ロシア制裁を発動していることについて、「中国内で、クリミア編入を(領有権紛争の)モデルと考えている者に対し、萎縮させる効果がある」と語った。


伊勢の戦争室

この二つの記事から読めるのは、ラッセル国務次官補(アジア太平洋担当)は、「問題行動」を加速する中国に警告を発したということだ。この瞬間を見逃してはならない。というのは、安倍は集団自衛権を急げ!次に、南シナ海、南沙諸島に配置する米海軍と行動を一緒にすることだ。その日本の積極的な行動がアメリカのコミットメントを保証する唯一の手段である。ラッセルさんは、親中派民主党のオバマを信じていないだろう。太平洋艦隊司令官のロックリアさんは、このラッセルと話し合っていると思われる。オバマの対中国二股外交をアジア太平洋安保責任者の目から見れば、米軍の将兵を危険に追いやるものに見えるからだ。ロックリアさんから見れば、安倍晋三も「率先して国を守る男」には見えないだろう。この安倍も、経済内政に傾注する人間だからである。安倍は、「国防なくして経済なし」すらも理解出来ていないのだ。チャイナが遮二無二、無人島占領を開始するとき、安倍晋三の胆力が試される。伊勢爺は、安倍はダメだと思っている。伊勢平次郎


胡椒の王様



同志のみなさん、ご友人の間に拡散してください。ダウンロードして読んで下さい。どのくらい売れるのかは未知です。だが「対中韓闘争」の資金にするために書いたのです。みなさんのご協力なく、われわれ庶民は闘えないのです。一年に六千億円ものカネを食う外務省ではないから。伊勢平次郎






ご献金をお願いしたい

「隼機関」は、任意団体口座を持っています。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


目的

1)「マッカーサーのくびき」の英語出版には、アマゾンの編集が必須。政治本の編集は高いものです。
2)上記の本は、「オバマ政権や米国議会の孤立主義が日米同盟の終焉の幕を引く」という警告書です。
3)尖閣で日本側に戦死者が出れば、日本は日米同盟を破棄せざるを得ない~クーデターが起きる~日本は核武装に走る。
4)オバマが来日する頃には和英両方がアマゾンから出版される。

***Mephist先生がご献金された。だから、原稿を急いでいる。有難う。伊勢
***Kenji先生がご献金された。有難う。伊勢
***M・T様がご献金されていた。有難う。伊勢
***O・M様がご献金くださった。有難う。伊勢
***S・K先生がご献金くださった。有難う。伊勢
***I・N姉さまがご献金くださった。有難う。伊勢
***S・S様がご献金くださった。有難う。伊勢
***一有権者先生がご献金くださった。有難う。伊勢
***fts先生がご献金くださった。有難う。伊勢
***M・Tさまが再びご献金くださった。感謝しています。
***T・F姉さまがご献金くださった。有難う。頑張ってます。伊勢
***N・T様がご献金くださった。第一巻を急いでいます。有難う。伊勢
***U・Mさまがご献金くださった。アマゾン編集費用に使います。伊勢
***M.Sさまがご献金くださった。有難う。伊勢
***M・Tさまが再びご献金くださった。たいへん感謝しています。伊勢
***振込み記号だけでお名前が判らないお方からご献金がありました。隠し投稿で、ご連絡をくださいませ。伊勢
***W.K姉さまがご献金くださった。有難う。伊勢

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する