2014/04/14 (Mon) 日本人は二枚舌を使う



whale meat

店頭に並んだ鯨肉。


Hague ICJ whale trial verdict

3月31日、オランダ・ハ-グの国際司法裁判所で鯨裁判の判決を待つ原告と被告。ご周知の通り日本の完璧な敗訴であった。


日本人の耳に痛いことだが、、

「Duplicity」 二枚舌(を使うこと)~二心(あること)~欺瞞(ぎまん)~偽り、、という意味である。ペリーの黒船来航のとき、「あの役人は二重面を持っている~保身の為だろう」と通訳に喝破されている。以下、日本経済新聞の論説である。伊勢平次郎


調査捕鯨のオウンゴール 建前を貫く覚悟が大切
論説副委員長 飯野克彦

 1年あまり前のこと。民放のテレビ番組が「嘘つきな国ランキング」なる番付を発表して、ネット上で話題になった。39カ国の3900人以上を対象に実施したアンケート調査の結果、日本は世界で4番目、アジアに限れば何とトップの「嘘つき大国」になる、という。

 「納得できない」。そんな書き込みが相次いだのは当然ではある。ただ、目くじらをたてる気にならないほど、お手軽な調査でもあった。

 「嘘をついたことがありますか」と尋ね、これに「はい」と応じた回答の割合が高い順に並べただけ。ヒトは誰でも1度や2度は嘘をつくのではないか。「はい」と答えた回答者は、むしろ正直者ともいえる。

 一方で「日本には本音と建前がある。アンケート調査の結果は当たり前」との書き込みもあった。日本人論が盛んだったころに広まった見方を踏まえた主張だと思うのだが、本音と建前の使い分けが日本に独特かどうかは、大いに疑問だ。

 ダブルスタンダードという英語がある。面従腹背という漢語もある。本音と建前の使い分けは相当程度まで、世界に共通するようにみえる。

 日本人の特性はむしろ、本音と建前の使い分けが下手なことにあるのではないか。嘘をついたことがある、とわりあい正直に答えてしまうような一面に――。そんなことを考えさせる出来事が最近あった。

 「南極海での調査捕鯨は、ミンク鯨の肉の安定的な供給に欠かせない」。ハーグにある国際司法裁判所のペーテル・トムカ所長が先月31日、南極海での日本の調査捕鯨をめぐる判決のなかで引用した言葉だ。発言の主は日本の水産庁長官で、ときは2012年10月、場所は衆議院の小委員会という。確かに、同月23日に開いた決算行政監視委員会行政監視に関する小委員会の議事録には、次のような本川一善水産庁長官の言葉が載っている。

 「ミンク(鯨)というのは、お刺し身なんかにしたときに非常に香りとか味がいいということで、重宝されている」「ミンク鯨を安定的に供給していくためにはやはり南氷洋(南極海)での調査捕鯨が必要だった」

 日本も加わっている国際捕鯨委員会(IWC)が商業捕鯨のモラトリアム(一時停止)を実施して、ほぼ30年。その再開の前提となる科学的データを集めるため、いわば例外的に認められてきたのが調査捕鯨だ。日本政府も科学的調査を目的に掲げて調査捕鯨を実施してきた。だが本川長官の発言では別の目的がはっきりしている。本音と建前に当てはめるなら、科学的調査は建前で、鯨肉の安定供給が本音という構図だ。

 この使い分け自体が見苦しいのは言うまでもない。が、それに劣らず問題なのは、日本の捕鯨政策の責任者が公の場で、建前をないがしろにする本音を開陳したことだろう。

 この発言の2年前、日本の調査捕鯨の実態は商業捕鯨だと主張するオーストラリアが、国際司法裁に中止を求めて提訴していた。係争中だったことを長官は知っていたはずで、ワキが甘いと言うしかない。周知の通り日本は豪州に敗れた。

 同じような問題をはらんでいるのが、建設業に限って技能実習生の枠を拡大しよう、とする政府の動きだ。技能実習制度は途上国の人材育成という国際貢献を目標、つまり建前に掲げている。しかし実際には、主に零細企業が低賃金の労働者を確保するための抜け道になっている、との批判を浴びてきた。建設業に限って枠を広げるなら、そうした批判を裏書きするに等しい。足元の建設現場の人手不足を補いたい、という本音が透けて見えるからだ。
 
 技能実習制度そのものが調査捕鯨のように国際的な裁判に持ち込まれる可能性は、小さい。それでも、制度の建前を政府がないがしろにするなら、日本の国際的なイメージが打撃を被るのは避けられまい。

 建前と本音の使い分けは好ましいことではない。ただ、現実の問題として避けられないときもあろう。その際、自ら建前を否定するような本音を明らかにすることは、内輪の集まりならいざしらず、論理的な主張をぶつけあう国際社会にあってはオウンゴールにつながる。少なくとも指導的な立場にある人は、公の場では建前を貫く覚悟が求められる。


その指導的な立場にある人とは

abe fears

安倍晋三は、二枚舌嘘蔵なのである。北西太平洋の調査捕鯨など、やめたらどうなの?エエ~?生まれながら意志薄弱なんで出来ないってかい? 伊勢平次郎

胡椒の王様




マグレブの星空



同志のみなさん、ご友人の間に拡散してください。ダウンロードして読んで下さい。どのくらい売れるのかは未知です。だが「対中韓闘争」の資金にするために書いたのです。みなさんのご協力なく、われわれ庶民は闘えないのです。一年に六千億円ものカネを食う外務省ではないから。伊勢平次郎






ご献金をお願いしたい

「隼機関」は、任意団体口座を持っています。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


目的

1)「マッカーサーのくびき」の英語出版には、アマゾンの編集が必須。政治本の編集は高いものです。
2)上記の本は、「オバマ政権や米国議会の孤立主義が日米同盟の終焉の幕を引く」という警告書です。
3)尖閣で日本側に戦死者が出れば、日本は日米同盟を破棄せざるを得ない~クーデターが起きる~日本は核武装に走る。
4)オバマが来日する頃には和英両方がアマゾンから出版される。

***Mephist先生がご献金された。だから、原稿を急いでいる。有難う。伊勢
***Kenji先生がご献金された。有難う。伊勢
***M・T様がご献金されていた。有難う。伊勢
***O・M様がご献金くださった。有難う。伊勢
***S・K先生がご献金くださった。有難う。伊勢
***I・N姉さまがご献金くださった。有難う。伊勢
***S・S様がご献金くださった。有難う。伊勢
***一有権者先生がご献金くださった。有難う。伊勢
***fts先生がご献金くださった。有難う。伊勢
***M・Tさまが再びご献金くださった。感謝しています。
***T・F姉さまがご献金くださった。有難う。頑張ってます。伊勢
***N・T様がご献金くださった。第一巻を急いでいます。有難う。伊勢
***U・Mさまがご献金くださった。アマゾン編集費用に使います。伊勢
***M.Sさまがご献金くださった。有難う。伊勢
***M・Tさまが再びご献金くださった。たいへん感謝しています。伊勢
***振込み記号だけでお名前が判らないお方からご献金がありました。隠し投稿で、ご連絡をくださいませ。伊勢
***W.K姉さまがご献金くださった。有難う。伊勢



comment

ポトフ先生

あなたやKENJI先生の「キリスト教信者を利用した反捕鯨運動」というのは大きな説得力がある。ただ、証明する方法がない。反捕鯨には、日本人が入っているからね。でも、Bombshell(爆弾)です。「マッカーサーのくびき」に入れますよ。ブッシュのイラク戦争で市民虐殺が報道されたとき~アル・グレイブ刑務所のリンチ事件で、コロラドの義兄に、"Christian Army in a Islamic Country"と言ったら、真っ赤になて怒ったよ(笑い)。的を得ていたんだな。大事な視点だと思う。アジアでも、チャイナでも、韓国でも、反捕鯨じゃないからね。でもね、思い切って公海上の捕鯨をやめる手もある。やめた上で、キリスト教白人の人種偏見やイスラム教徒虐殺を批判するのもいい。日本政府は経済至上主義だし~日本のインテリ層には、イスラム教徒の戦う根性がないね。伊勢
2014/04/17 01:10 | 伊勢 [ 編集 ]

>伊勢さま

SSのポール・ワトソンは、明らかに宗教的演出に意を用いていますね。法王を題材にしたものをふくめ、キリスト教関連の著作をいくつか書いているそうです。
英米政府は、キリスト教を拒絶したまま近代を体現した日本に、ある種の恐怖や不安を抱いている。だからSSをけしかけるのです。よくよく見てみると、政府主導の反捕鯨の傾向に疑問を抱く英米人は多いようです。

見方を変えれば反捕鯨運動には、好きな異性を虐めるかのごとき屈折した日本へのリスペクトという感情が間違いなくあると思う。その意味で、他のアジア・アフリカ人にはその「特権」は与えられていない。そのあたりの機微が明瞭となれば、反・反捕鯨の国際世論の一助になるかもしれない(笑)

英米人にも理想はある。他者にも、キリスト教を受け容れた上で近代化してほしいという理想です。
だがその成功例は生じなかった。成功したのはキリスト教の不導体である日本だけだった。これこそが彼らの恐怖の根源であり、捕鯨反対運動の真の動機でもあると確信しています。彼らの宗教観すなわち国体にかかわることだからです。


>kenjiさま

>キリスト教の宣教師のわが国における一種の失望感と、複雑な感情には注意を払う必要があります。
 (中略)100万人が限度で、それが彼等の世界では議題になっているそうです。
 非キリスト教国で、しかも多神教で近代化を成し遂げた国と民族という認識で、なぜかという問いに対して答えを出せないでいます

その点こそが、私の仮説を証明する最大のキーだと考えているのですが、その辺りの議論の実態を詳述している文献その他の具体的ソースはありますでしょうか?
ご存知でしたら、ぜひ教えていただきたく思います。よろしくお願いいたします。
2014/04/17 00:12 | ポトフ [ 編集 ]

kenji先生

深い考察力ですね。東西でも、日本人と西洋人の精神構造ほど隔たりのあるものはないですね。道徳では、西欧が上ということではないね。逆なんじゃないかな?それと、科学は数値(コンピューターが好例)や化学を合成や分解と考えると、そんなシンプルなことは日本人だけじゃなくてもわかる。そこへ、日本人には「匠(たくみ)」の文化が加わる。この職人気質が、たぶん日本人の持つ生存能力だと思う。だから、政府に零細や小企業を優先して貰いたい。ここでも、安倍氏は事大主義なんだわな。何でも、大きければいいということじゃないよ。それじゃあ、チャイニーズになってしまう。伊勢
2014/04/16 21:10 | 伊勢 [ 編集 ]

>ポトフさん

ご指摘のとおりで鯨はレイシズムの現れです。
 それとキリスト教の宣教師のわが国における一種の失望感と、複雑な感情には注意を払う必要があります。
 明治以降我国において、キリスト教の信者は100万人が限度で、それが彼等の世界では議題になっているそうです。
 非キリスト教国で、しかも多神教で近代化を成し遂げた国と民族という認識で、なぜかという問いに対して答えを出せないでいます。

 しかしこれは我々日本人も東洋道徳西洋技術という考えで、本来相容れないものをできると錯覚している。岡倉天心がそれです。
 その錯覚の表れが福島の事故でしょう。
もともと我々、日本人の精神文化には原発を生み出すようなものはありません。しかしそれを技術(才)と見て、大工技術のようなものとして、それらを学習して、家を建てるように原発を作る事ができますが、それはそとめで、学習して、できるだけで、学習していない、原発事故に対してはなすすべもなく崩壊します。
 ここにいざという時の大きな断層が、我々日本人が受け入れた西洋文明の産物に対する、我々の対応において、あります。

 およそ人が生み出したものはすべてその人が持っている精神が生み出したものであるとは、我々日本人は考えません。
 これは歴史的なもので、和魂漢才、とか和魂洋才という言葉で表現されているものです。

 一つの産物を受け入れることはその産物を作り出した精神も受け入れないと、その産物を扱うことはできない。従って一つの産物を見たとき、その背後にどのような文化的な精神があるかという思考は我々日本人はしません。
 これが大きな問題でしょう。
2014/04/16 20:57 | kenji [ 編集 ]

ポトフ先生

なるほど。思考力が深いですね。確かに、キリスト教徒には独善がありますね。説教調で言ってくるよ。それに、絶対に自分たちが正しいと言う。だが、キリスト教徒も一枚岩じゃない。ローマ法王は拝金と権力志向の持ち主だし。聖職者の児童性虐待でも、「ゆるしてほしい」だと(笑い)。鯨の恨みをここで晴らそうや。一方で、「赤毛のアン」を書いたカナダ人のモントゴメリー(100年前だけど)はキリストへの信仰心が深かったのです。いたるところに、VERSE(天主の教え)が出てくる。うちのカミサンは信仰心の薄いカトリックだけど、母親(ドイツ、フランス、スペインの混血)は敬虔なキリスト教徒だった。「蟻の町のマリア」が本棚にあったよ。

それにせよ、宗教観で裁判をね~!十字軍はその典型だった。今でも、ノルウエーなどの極右がそのままなんだ。チェチェンとロシア正教徒は恐ろしいよ。ここが、島国の日本人にはよく判らないんだね。伊勢
2014/04/16 08:48 | 伊勢 [ 編集 ]

おひさしぶりです。捕鯨に関しては以前すこし言及していますが、宗教を度外視しては語れないと考えます。
反捕鯨運動にキリスト教が深く関わっていることを日本人は明確に指摘できているのにたいし、当のアメリカ人が気づいていないか、あまり意識できていない点が厄介なギャップとはいえます。はっきりしているのは、宗教感情なので理屈での説得が不可能だという点です。

SSはいわば米英版のカミカゼ特攻隊ですね。アメリカ軍はカミカゼを理解できない非合理な異文化とみなしクレイジーだと判定しました。しかしそれは今や、日本側が指摘しなければならない問題だといえます。かれらは十字軍を称していますしね。ただし、ここで真剣に考えるべきはアングロサクソンがこだわっているのがクジラではなく日本人であることだと、私は考えています。

日本人は非白人で唯一の先進国民ですが、同時に唯一の非キリスト教国でもあります。むしろ人種よりこっちのほうが重大かつ目立つことかも知れません。それだけならまだしも、日本国内の論調や娯楽は欧米リベラルの尻馬に乗って、しばしばアンチクリストに過ぎると感じています。日本は世界で唯一、多神教国家として一神教文明に異議申し立てを行う先進国なのです。

しかし、日本はライバルである英米キリスト教にたいしてのみその批判精神を旺盛に発揮するいっぽう。アメリカが現に苦闘している共産主義の衣をまとった中華思想やイスラム原理主義のテロリズムにたいしては、やや露骨なエコヒイキに走っている。いや、反米感情のガス抜きにせよ彼らにいささかバカげた幻想すら持つ論調が旺盛でさえある。アメリカのクジラを使った日本イジメもまた、この文脈なくしては考えられないのです。捕鯨問題はベトナム戦争のとき初めて起きた問題であることは印象的です。

けっきょくアンチクリストな教条主義という点、戦前の右も戦後の左もしょせんは同じ日本人。アメリカはそのことに気づいたのではないでしょうか。

結論からいえば。イスラエル問題や十字軍史観をふくめ、イスラム側の言い分以外はいっさい耳を貸さず欧米を論難する感情が蔓延している日本の現状を見る限り、「ベトナムやテルアビブのカタキを南氷洋で取られる」ことは避けられないでしょう。
2014/04/16 08:05 | ポトフ [ 編集 ]

kenji先生

今、このアメリカも「カオス」の状態ですよ。すべて、オバマが原因なんですが、それを選んだのは愚民ですからね。うちのかみさんもそのひとり。だが、今になって、旦那の意見を想い出している。戦わないオバマが地球の安保を危機に導いたのです。

昨日、チャンネル桜の「中国はいったいどうなっているのか?」という討論というか、座談会の中に、台湾事情に精通した人がいた。「台湾ほど安保の鍵を持った島国はないのに日本は積極的に守らない」というのです。ぼくも「ハッと」した。地政学が判らなくてもその理由は簡単です、つまり、台湾海峡は中国大陸との距離が狭い上に、東シナ海と南シナ海の関所になっているからです。台湾に関して次のエントリーにする。伊勢
2014/04/16 07:14 | 伊勢 [ 編集 ]

小和田氏が提訴すれば負けるとなぜ我国外務省に、政府に言わなかったのか?
 方法は幾らでもあった。
これに尽きる。親が親ならですよ。日本の常識が無い人ですよ。

そもそも提訴に同意したなどとは一般の国民は知らなかった。判決前に知った過ぎず、鯨問題を知る人には、馬鹿かと思ったはずです。
 いずれにしても、鯨一頭が牛10頭分す。鯨によりますが。
何でもミンク鯨は5万頭はとっても資源的には回復可能だそうです。50万頭の牛の需要が減る。わが国が漁業を効率よく経済的に運営すれば、肉の需要はわが国においてへる。
 その上エネルギー計算をすれば、肉より魚のほうが効率がいいのではないかと思う。
 所が漁業権で、漁業を大きな会社組織にして、現代経済社会において、トヨタと同じような感覚で会社を運営できず、規制が課かかり、いまだに兄弟船の世界がいいと思っている。
 漁業へ自由に参加できるように港湾法の改正などをすることでしょう。
 その意味で肉の消費が増えるのは当たり前です。
元はわが国の漁業政策が駄目だったからに過ぎず、農業政策と同じ展開です。
 国内で、牧畜の規制や補助を全廃して、自由にして、同じように漁業の規制をはずして、これを拮抗させれば、普通の国民意はいい子とだらけでしょう。
 私が属していた業界はこのご時勢で、衰退へと進んだが製品はある。
 なぜ農業や漁業だけを政府が保護するのか?
俺たちの業界はそのようなものはあるにはあったが、それでも違う。輸出入に規制がかかっていないからです。
 これから国内は内乱にすすむような要素を持ったもののが表に出てくる。
2014/04/16 06:45 | kenji [ 編集 ]

<ネットに4年前に提訴にわが国が同意したとあったが、なぜしたのか?始からまけることは素人が見ても見えていた。

応じなければ、捕鯨は続けられたわけだよね。勝算があったんでしょう。素人の将棋でも判る「形勢不利」が理解出来ない?判決が覆せないことも知ってたはず。安倍も、この法制局とやらの役人も頭がおかしいでしょ?不思議なことをするよね。分裂症じゃないのかな。伊勢
2014/04/16 00:44 | 伊勢 [ 編集 ]

ネットに4年前に提訴にわが国が同意したとあったが、なぜしたのか?始からまけることは素人が見ても見えていた。
そもそもその裁判所に雅子皇太子殿下妃の父親が在籍していた。今もいる。
 あるいはこの要素が大きかったので同意したのではとかんぐりたくなる。
 実際それが事実なら提訴前に彼が辞任することが我国のためにいいことだったと思う。裁判官に日本人がいないことは裁判の有効性を失わせること東京裁判と同じ要素が見えたからです。
 その程度の事が考えられない外務省上がりとはその能力を疑わざるを得ない。
 実際国会で奇妙な答弁をしている。有名なjudgmentsの翻訳を裁判とするか諸判決とするかという奴です。彼は裁判と答えているという。最ももともとの翻訳文も裁判とあるようですから翻訳当時の外務省がしたことですが、それは誤りで諸判決が正しいと答弁してもよかったが違った。
 これを見ても日本人をなめている人だということが分かる。最も質問した人は土井たか子氏で彼は朝鮮人帰化人だそうで、現在北京に住んでいるという。

 元も小和田氏の行動には疑問が多い。都合がいいところは個人主義で、別のところは伝統的な行動を人に要求するということがあるきがする。
 天皇家の外祖父が裁判所にいることは日本人ならしないことだがそれが分からないから、変でしょう。
2014/04/16 00:30 | kenji [ 編集 ]

<これじゃ負けて当たり前ですが事実や真実が日本側にあると高をくくっている、あるいはいずれはわかってもらえるという日本人独特の甘えのようなものがあるのかと。

集団思考に陥っている。「こうであるはずだ」と決め~あらゆる落とし穴があることに考えが行かないのだと思うね。こちらでは、「シンプルトン」という単細胞。「日本人はアタマが悪くなったなあ」と僕は思うよ。この集団思考は政治家だけじゃなく、企業や科学の分野にも見える。つまり、日本人は権威主義なのか、みんな、えらいさんに賛成する。そのために、異種のオプションがあることにも気が着かないのです。それが原因で特許の数で、アメリカがダントツ。チャンネル桜を観ていると、パネリストは発言者のご機嫌を傷つけたくないのか、迎合する。このアメリカ人たちは、まず、意見や視点の違いを述べるのですね。反対された人もニコニコと聞いている。これで良いのですよ。

安倍氏は「日中衝突はない」とでもいう風に何も手を打っていないね。レーダーや船を増やしたりはしてるけど、実際は空中戦からでしょう。人質は明らかに取られる。自衛官や海保隊員に死傷者が出たら安倍さんに死んで貰おう。伊勢
2014/04/15 21:49 | 伊勢 [ 編集 ]

日本政府の国際司法に対する判断がゆるいということじゃないの?伊勢

私は緩いというよりもわかっていて何もしていないのじゃないかと思います。自分がその地位にあるときは何事も面倒なことは起こしたくない対処したくないという「事なかれ主義」そのものではないかと。

これじゃ負けて当たり前ですが事実や真実が日本側にあると高をくくっている、あるいはいずれはわかってもらえるという日本人独特の甘えのようなものがあるのかと。

シナ、朝鮮はもとより他国から何らかの利益を正当な手順を踏まずに得ようとすれば問題の真実がどこにあろうと他国へ時には恫喝や挑発あるいはすり寄り様々な手を使い技術や金を盗もうとする事でしょう。

それを私たち日本人は理解できていないということではないのかと思います。悲劇が起こる前にシナにいる在留邦人の家族だけでも帰国させることなど手を打っておくことです。

海上保安庁の巡視船も数が足りないでしょう。どなたがおっしゃったように記憶していますが退役した護衛艦を改装して巡視船の数と海保職員の数を増やし日本の権益が及ぶ海域は出来るだけ隙が無いようにパトロール強化をするべきです。
2014/04/15 16:27 | 一有権者 [ 編集 ]

中共の日本人学校にマダ600人もいるという。尖閣で衝突が生じれば、中共は人質にする。民間人は既に帰国をさせるのが常識ですが違うようです。外交官の子供がどうしているかを見ればいいと思う。
 いずれにしても、アメリカが尖閣防衛に出動しなければ、わが国は核武装に踏み切る踏ん切りがつくから、かえっていいのではないか?
 尖閣は補給が難しいから、航空機で爆撃を加えればいい。後は潜水艦と艦船の防御だがこれもミサイルで十分でしょう。
 問題はそのとき国内で破壊工作が行われることです。 
いろいろ考えると国内準備が必要で、これがすすんでいない気がする。
 いずれにしても、限定戦争に終わらせるも全面戦争にするにも我国の胸先三寸で決まる。
 ただそのとき朝鮮を動かすように仕向けることです。米軍が2015年末期に撤退するから、それ以降と見ている。
2014/04/15 15:57 | kenji [ 編集 ]

fts先生

ぼくは渋谷の猿楽小学校(二年生)へ行った。薩摩揚げを齧り、古橋広之進がロス・オリンピックで金メダルを取った映画をハチ公前に張ったシーツの銀幕で観たよ。道玄坂をおやじの自転車の荷台に乗っていたら、「こらあ」と東北弁の巡査に停められた。家まで歩いた(笑い)。

<ウクライナを契機として欧米で核テロが横行することを望みます。傲慢な蛮族に災いあれ。

オバま人形じゃ、充分に起きますね。「このアメリカが継ぎの核被爆国になる」とアメリカ人は言ってる。ボストン・マラソン・テロ事件のチェチェンとか恐いんだな。コーカサスの写真集出そうと思ってやめたわ。鯨なら、渋谷がいいよ。ガキが嫌いだけどね(笑い)。

安倍潰しに見えるかも知れない。「尖閣取られるなよ」と安倍に警告出してるつもりなんだ。あの首相は「負ける心」を持っていると思う。伊勢
2014/04/15 07:49 | 伊勢 [ 編集 ]

りょうこ女史

>是非、くじら料理やイルカを死ぬ前に一度は食べてみたいです。美味しく頂けるお店は有りますか?

渋谷の道玄坂にある「くじらや」がお勧めです。
このお店はクジラしか扱っていませんので一年中食べられます。
ランチタイムであれば刺身、竜田揚げ、天ぷらの定食がそれぞれ1500円程度で食べられます。
お近くに行かれた際はどうぞ。

伊勢 様

ケネディの馬鹿娘をペルソナノングラータせず、公海上でテロをする馬鹿を砲撃もせず、政治活動する国費留学生を送還もしない。
国際社会とやらに正義があると信じるのは勝手だけれどあんな物利権の乗合船だといい加減判るべきなのですがね。主張せず、行動もしない。
こんな様だから何一つ守れない。
淡々と無言で行動すればいい物を何か言うだけでは話になりませんね。安倍氏のやることそのものです。
敗戦後に日本人は着物文化を失いました。今また食文化を一つ失おうとしています。
つぎはマグロで、カツオでしょう。その次は米ですかね。

ウクライナを契機として欧米で核テロが横行することを望みます。
傲慢な蛮族に災いあれ。
2014/04/15 07:26 | fts [ 編集 ]

みなさん

オランダ・ハーグの国際司法裁判所で日本の調査捕鯨の主張が退けられて南氷洋での捕鯨が全面禁止された。その敗訴の原因はなんだと思いますか?ここをよく理解していないと、再び負けますよ。あなたたちが負けるのじゃなくて、日本が負けるのです。「人種偏見」などの感情論ではなく、日本政府の国際司法に対する判断がゆるいということじゃないの?伊勢
2014/04/15 04:46 | 伊勢 [ 編集 ]

りょうこ姉さま

<日本国のその仕方が悪いのではなく、対処の仕方ですよね、

いいえ、国際司法裁判所の判決ですから、対処の方法ではなく、調査捕鯨が商業捕鯨(禁止されている)と判断されたのです。和歌山のイルカ漁は国際法律問題じゃないのです。日本の国内法の範疇だからね。反対に来る連中を取り締まらない日本政府がダメなのですよ。安倍氏はカロラインとリニアに試乗したが、彼女に注意したとは聞かない。

<在日アメリカ軍の上の方が尖閣では、護って頂ける様な話をネットで読みましたが。本当ですか?

オバマが命じなければ軍人は指も動かせませんよ。オバマは、エジプト~リビア~シリア~ウクライナに米軍の出動を命じなかったのですよ。対中国軍に在沖米軍を出すと思います?わかる?伊勢



2014/04/15 03:46 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢おじ様。こんばんは。
くじらもイルカも食べた記憶はありませんが、どの国にも食文化があり、日本国のその仕方が悪いのではなく、対処の仕方ですよね、イルカ漁も。でも、その対処の仕方が悪いと言うのはおかしいです。イルカ漁も地元に培った方法でしょう。それをも、他国人が反対する理由が解かりません。
でも日本国が又、鯨で敗戦しました。是非、くじら料理やイルカを死ぬ前に一度は食べてみたいです。美味しく頂けるお店は有りますか?
在日アメリカ軍の上の方が尖閣では、護って頂ける様な話をネットで読みましたが。本当ですか?後、今は、安倍総理を一人にしてはいけないと思います。移民政策は絶対に断固反対です。日本国には似合わないです。昭一さん・・・悲しいですね。
2014/04/15 01:09 | りょうこ [ 編集 ]

中国調査船、物体投げ入れ…久米島沖EEZ内
2014年04月14日 21時21分

 14日午後2時40分頃、沖縄県・久米島沖の排他的経済水域(EEZ)内で、中国の海洋調査船「科学号」が海中に何らかの物体を投げ入れたのを、第11管区海上保安本部(那覇市)の巡視船が見つけた。

 「EEZ内で同意のない調査活動は認められない」と警告したが、応答しないまま、同3時3分頃、物体を引き揚げた。物体はワイヤのようなものにつながれていたという。

 「科学号」は12日午後4時21分頃、同島の北約157キロのEEZ内を航行しているのを11管の航空機が発見し、監視を続けていた。

2014年04月14日 21時21分
2014/04/14 22:12 | [ 編集 ]

みなさん

「オバマは無力だ」というアメリカ人が増えた。うちのまで、「ケリーは首にするべきだ」とだよ。だが、「安倍はダメだ」とまで日本の世論は行っていないわね?これは「期待」があるということかな?

尖閣防衛は、現時点では、「オバマは米軍出動に命令を出さない」というのが日米のコンセンサス。オバマが東京に来る。安倍晋三は、この日米軍事同盟の終焉に関わる大問題を話し合うのかね?何か国民に隠している。暗闇を好む政治家なんだな。伊勢
2014/04/14 20:47 | 伊勢 [ 編集 ]

とにかく判決には従うのですから、米国や豪州他日本に牛肉や豚肉を売りたい国にとっては万歳でしょう。次は日本の何を標的にするつもりか。?

日本としてはこのような事態をまた引き起こさないように手を打つべきでしょうが日本国民から見ても頼りにならない政治家が多いと思うのではないのかと。

IWCを脱退してまで捕鯨を続けるならば、シーシェパードを攻撃する覚悟が要るが、安倍晋三にプーチンような蛮勇はあるの?

日本の政府にこのような蛮勇はあるわけがありません。精神的に骨抜きになってますから。シーシェパードのやってることを撮影していても世界へ向けてシーシェパードの蛮行を非難する事さえしない政府ですよ。
今月末オバマさんが訪日しますが安倍さんは土産に長年日本の研究者が辛酸を舐め実用段階まで来たリニア技術を無償提供するつもりのようですが、米国ではこの技術を必要と思っていますか。?必要ならば日本政府は技術を購入してもらうのが筋と思いますが、日本の政治家や官僚はそうは思わないようです。

これでは民間もだんだんやる気がなくなってくる事でしょう。
2014/04/14 20:29 | 一有権者 [ 編集 ]

>すでに首相官邸HPには抗議いたしましたよ。受け入れを決めれば指摘された通りになりますよきっと。

 書くくらいならお前がやれといわれますが、抗議ではきかず、具体的な行動をしないと、無理ですよ。これ実感です。
 大体法務省は天下り先が少ないから、それを作ろうとしているという人もいます。
 国会で議論をせずに法務省が単独でするというなら、法務大臣の始末をつけることになる。大体なぜ国会で議論をしない。
 幕末なら、始末をしたでしょうから、勝海舟のように議論はせずに聞くだけにして、誰もが勝先生が賛成したと思うような話術を持ったでしょう。
 戦前の対米戦争を決めたことと同じメカニズムが働いている。
何を考えているかわからない。
 建築現場は行ったことがあるが、外国人で、できるような場所ではなく、日本人もそれ、そうおうの訓練を受けないとでき無い世界です。
 仕事をなめすぎですよ。和風建築は外国人はつくれるか。日本人ですら修行が10年は必要です。まして外国人ではねえ。
 給料を上げればいい。現在上昇しているそうです。ソレデいいではないか?

外国人を日本に入れて、一民族国家を破壊しようとしている欧米の思惑がある。
 多民族国家は戦前日韓併合で失敗している。反省が無いというより、上層部に朝鮮人が入り込んでいることに大きな原因がある。
 岸信介などは日韓併合派だったから、その孫である、安倍氏の周りには朝鮮人が集まっているのではと推測する。

 地方自治体が住民基本条例を制定して、その先に住民投票に外国人住民を入れるという法案を地方自治体が整備している。
 この一事をとっても、地方自治体は狂っており、国家観がない。
この方面でも相当に朝鮮人が手先として暗躍しているとしか思えない。
 
ウクライナは世界戦争への一里塚ですよ。ロシアは東ウクライナに侵攻する。
2014/04/14 20:20 | kenji [ 編集 ]

みなさん

敗訴は確定したのです。どのような不服があっても覆すことは出来ない。東京裁判と同じです。どのように不公平を主張しても覆すことは出来ない。原爆投下という非人道的な大量虐殺によって敗戦し~武装解除をを受けたからです。西尾幹二さんはまだ戦っておられるようですが、伊勢爺は時間の無駄だと打ち切っている。過去を修正するよりも、一歩でも前に出たいからだね。同じことが鯨訴訟にも言えるでしょ?また、IWCを脱退してまで捕鯨を続けるならば、シーシェパードを攻撃する覚悟が要るが、安倍晋三にプーチンような蛮勇はあるの?

昨夜、「アメリカはどうなっているのか?」チャンネル桜を150分も聞いたけど、泣き虫の座談会だと思った。その雑談の中には、「どうして戦うのか?」を提案する人が居なかった。あったのは、仲間内の迎合と冷笑を含む自己損傷だった。または慰めかな?慰めを別のことばで言うと「自慰行為」でしょ?大体、参加者の若者たちの髪型や顔が気になった。こどものようなな髪~筋肉のない白い顔~弥勒菩薩のような白い腕~女性に近い声~女性のしぐさ、、日本の頼りとは自衛官だけですね。伊勢
2014/04/14 20:16 | 伊勢 [ 編集 ]

書き忘れましたが簡単に外国人労働者を研修生名目で受け入れるべきではありません。

すでに首相官邸HPには抗議いたしましたよ。受け入れを決めれば指摘された通りになりますよきっと。

安易に受け入れるより先にニートとか言って引きこもり稼がないやつと生活保護を不正に受給しているやつを引っ張り出して働かせろと。!
2014/04/14 17:12 | 一有権者 [ 編集 ]

はっきり言って「馬鹿」としか言いようがありません。

これは戦前の外交にも同じような構造が見えていると思います。何も学んでいないということでもあります。

日本人から(私だけかもしれませんが)見ればそもそもクジラを絶滅の危機に追いやったのは米国をはじめとする欧米諸国が肉を食物とするわけではなくただ鯨油がほしいだけでバンバン捕鯨した事を恣意的に忘れて日本人を悪者にしただけ。日本人の鯨肉の食文化を否定し牛肉や豚肉を食えというならばアラスカのネイティブにも牛肉と豚肉を勧めて捕鯨やアザラシの捕獲をやめさせれば。?

ノルウェー、アイスランド等の捕鯨国はIWCを反捕鯨国の巣窟と判断して脱退し捕鯨再開をしたのでしょう。30年も捕鯨をやめながら青背の魚等の漁獲を続ければ今度はクジラのせいで魚がいなくなると騒ぎ出す時が来る可能性がある。その時反捕鯨国はどのような言い訳をするのだろうか。
それにしても日本の政治家は日本国民を苦しむ方向に導くのが得意なようです。世界にあるだろう「建前と本音」の使い分け。

日本ばかりが悪者にされさぞシナや朝鮮のような国は喜んでいる事でしょう。
2014/04/14 17:09 | 一有権者 [ 編集 ]

 捕鯨問題は多くの日本人は、馬鹿馬鹿しいと思っている。鯨がかわいそうなら、牛はどうなると思っており、あほらしいということですが、背後にレイシズムの影がある。世界で鯨を食べるの人々は少ないからです。
 なぜ裁判に同意したか分からない。
IWCは、始からたかりの団体で、日本人が二枚舌なら、IWcのメンバーも同じ仲間でしょう。
 脱退をすればいいものをしないからに過ぎない。
捕鯨をしない国々まで入会している。国連と同じでたかりやの集まりに過ぎない。
 30年も捕鯨を禁止すれば、今は爆発的に増えているでしょう。
 はっきり行って、脱退して、南極海の捕鯨をするには我国から、南極海までいって、捕鯨をしてわが国まで帰ってくる必要がある。それだけの船を作ればソレデお仕舞いに過ぎない。
 オーストラリアやニュジーランドに停泊する必要が無い船をつくればいい。
 ミンク鯨一匹、牛20頭分です。
オーストラリアの必死感を日本人は忘れている。
 これに尽きますよ。北朝鮮の2500万人が飢餓に直面しており、しかも核兵器を持つということは何を意味するか、日本人は理解していない。それと同じですよ。
2014/04/14 14:09 | kenji [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する