2014/07/12 (Sat) チャイナに風圧高まる
まず、可愛いパンダ




中国「防空圏」に「威圧的だ」…米上院非難決議
2014年07月12日 11時07分

 【ワシントン=今井隆】米上院は10日の本会議で、中国が昨年11月に沖縄県の尖閣諸島を含む東シナ海上空に設定した防空識別圏について、「現状変更のための威圧的な行動だ」などと非難する決議を全会一致で採択した。


 中国が南シナ海で始めた石油掘削については、施設の撤去を要求した。

 決議は、ロバート・メネンデス外交委員長(民主)ら超党派の有力議員が4月に提案していた。尖閣諸島が対日防衛義務を定めた日米安全保障条約の適用対象であることも改めて強調している。

 上院は、昨年7月にも、尖閣諸島周辺などの海域で示威行動を活発化させる中国を非難する決議を採択した。

2014年07月12日 11時07分


伊勢爺の予期したとおりとなった。貿易やりたいと言っても、領土を奪う国とは貿易なんか出来るわけがない。アメリカ史上、最も愚かな大統領さんも、そろそろ目を覚ませ!ま、韓国製の鉄パイプの関税を二倍に引揚げたことは歓迎する。オバマは組合を擁護しただけだけどね。これも、韓国に「鞭」なのであろう。

「中国包囲網」は安倍晋三首相がコンセンサスを作った。安倍外交はアジアの安全保障をリードした。経済は、経済界がリードするべきです。だが、頭が固いと思える。旧来通りの「大勢でモノを作って大量輸出する時代」は終わった。モノには、ソフトとハードがある。ソフトを考える時代だと伊勢は思っている。例えば、映画音楽~ダンス~料理(日本料理だけでなく)。この分野はセニアが強いはずである。セニアは貰うことばかり考えず投資しなければいけない。ハード面では軍需産業とIT産業であろう。伊勢

速報

表紙満州を掴んだ男_convert_20140613094250

300ページの原稿が書きあがったのですが、キンドルでは拡がらないので、紙の本にして出版する道程です。只今、加瀬英明先生がサポートしてくれている。ご自身が書かれて、東宝が映画化した「インドネシア独立で戦争に参加した日本兵」を郵送してくださると。コピー権の問題があるため、ブログで出すことが出来ません。出版できた暁には、ご寄付を頂いた方々に贈呈する考えです。よろしく、、伊勢平次郎





comment

オバマはアメリカが理解出来ていないのです。第二次大戦の勝利者であったアメリカは世界の新秩序に道を付けた。だが、ジョンソン~ニクソン~カーター~レーガン~クリントン~ブッシュ1~ブッシュ2~オバマ、、これらの大統領はアメリカの指導力を破壊したのです。現在の世界はメルトダウンの真っ最中です。そして、日本は、最も弱い国のひとつです。首相が「平和をどう守る?」ではなく「積極的平和主義」という弱い性格ですから。伊勢
2014/07/16 10:02 | 伊勢 [ 編集 ]

http://www.washingtonpost.com/opinions/dana-milbank-another-swing-and-a-miss-for-obamas-foreign-policy/2014/07/14/e5176cba-0b9f-11e4-b8e5-d0de80767fc2_story.html



Dana Milbank: Another swing and a miss
for Obama’s foreign policy
オバマ外交の空振り By Dana Milbank ワシントンポスト


月曜日のWSJの一面には、アメリカのグローバル・パワーの薄弱化が進み、
状況は70年代後半以降の最悪だという記事がある


WSJ記事の言う薄弱化を示す現象のリストは、イラクとシリアの内戦、
イスラエルとパレスチナの交戦、アフガニスタン選挙の政情不安、
ウクライナ危機、イランとの核開発抑制交渉の低迷、中国の領土拡張傾向、
そして国境の難民危機……
2014/07/16 09:05 | [ 編集 ]

fts先生

深い洞察です。 日本も、世界もコロイド状態になっていく。第三次中東戦争は確実です。イスラムは必ず核を手に入れる。チャイナは再び内乱の時代に入る。清の時代から軍閥がチャイナを握っている。日本列島は流血革命でも起きないと直らない。ズブズブだからね。伊勢
2014/07/16 00:20 | 伊勢 [ 編集 ]

kenji先生

それでは、政府がないに等しい。江戸幕府のほうが普通の政府だったとなるね。安倍氏は、ことチャイナには、猟犬のように耳をピンと立てるが、国内の治安には、猫のように目を瞑っている。経済政策は出鱈目だし、社会不安は広がっている。総理大臣からして甘いんじゃないの?伊勢
2014/07/16 00:11 | 伊勢 [ 編集 ]

kenji 様

>私たちの自治会の能力や関心は薄くなっていますが意外にもそれがひどいのは60歳から70歳くらいの人々です。

意外ですか?
個人的には当然だと思いましたが。
自己に都合の良い解釈と動きをし、神仏を尊ばず、和を尊ばず、躾も教育もされていないのが団塊だと思っておりますので意外なことは何もありません。

今の日本をまだ保たせているのは過去の英霊と矢玉の下を潜ったお年寄りの振る舞いでしょう。
団塊以降の世代にあっては勝手な利己主義で、みんなが少しずつ貧乏して食えているようなところを食い荒らす事も多くなっておりますし、若い世代が食えないことが増えてきています。
ですから、政治屋が刺されるか、年寄り虐殺が起きるかどちらが早いかの秒読みだと見ますが。

世界の流れにあっては支那を含めた多極構造になったと誤解できる状況ですから朝鮮人が調子に乗るんでしょう。
実際は支那なんて今年いっぱい保つやらと言うところでしょう。それを避けようとすればどこかで暴発しなければ成りませんが、あまりに多極の火種なので収拾できるとは思いません。

2014/07/16 00:08 | fts [ 編集 ]

退職した従兄弟の警察官が言うには、上層部は腐っているとのことでした。いろいろ聞くと在日朝鮮人に取り込まれている感じです。それはパチンコを通じててです。
 伊勢さん、宇都宮でシナ人が泥棒を働き、、石灯篭の石で襲い掛かってきたので、警察官が拳銃で警告して、確かさらに発射して、負傷をさせて、逮捕した。その男はひどい糖尿病を患っており。留置中に死亡した。ところがそのシナ人の遺族が警察を訴えた。裁判所がそれを受理した。ここがすでにおかしい。その上特別公務員暴行凌虐致死罪で告発したら、検察が受理した。その男は不法滞在者です。
 検察も検察だが裁判所も裁判所です。

死刑の冤罪事件でもしらべると、確かに冤罪かもしれないが容疑者は詐欺や、窃盗その他で警察に目をつけられていた人が多い。
 わが国は逃げていく場がない島国ですので、結局は誰が何をしているかは、これまではわかった。今は違います。しかし、まともの日本人なら<日ごろ、馬鹿なことをしていたから、犯人にされてしまった>というのが筋ですが、まるで権力の横暴の犠牲者のように振舞っている。
 確かアメリカの連邦刑務所は一度入ったら、死んで出てくるのがアメリカ庶民の常識と思いますが、その昔のわが国も刑務所へ入るとしんで出てくる世界だとみな思っていたはずです。いわゆる人道、人権思想が入り込んでいる。人道、人権は一定額以上の税金を納めている人々に適用するというのが私の考えで、それ以外はおとなしくしていろです。
 従兄弟も言っていましたが、昔なら痴漢行為で捕まった男は<ばか者>と怒鳴っておしまいでした。また女もそれで納得した。今は些細なことでも調書を取らねばならず、人員がたらないとのことです。
 末端の自治が壊れています。社会が、国家が崩壊へと向かっている兆候です。従兄弟は<もうどうしようもない>といっていました。
 法秩序行使が当然とされておらず、それを持つ人々が及び腰になっています。従兄弟はとにかく上層部がどうしようもないといっていました。
 在日韓国人が絡んだ事件で、警察が取り調べようとしたら韓国へトンずらして、一年以上かえてってこないから、捜査ができず、時がたてば証拠能力もおちて、どうしようもなかった事件を話してくれました。それはかなりの事件でした。私も知っていました。従兄弟たちはそのやろうがやったに違いないと思っているようでした。はっきりはいいませんでしたがそこはよく自制していました。
 在日韓国人、朝鮮人が出国しても自由に再び入国できるようです。小沢一郎氏が後ろ盾の海部内閣のときそのようになったようです。1990年です。あれ以降特に在日朝鮮人がのさばり始めましたと見ています。
 今わが国を持たせているのは従兄弟のような人々がどの世界にもいるからです、これが壊れ始めていると私は見ています。
 私たちの自治会の能力や関心は薄くなっていますが意外にもそれがひどいのは60歳から70歳くらいの人々です。
2014/07/15 23:40 | kenji [ 編集 ]

kenji先生

一民族一言語の日本は「グループ」志向に陥ちやすいのですね。 チャンネル桜が例です。国家理念だけで、日本がよくなると思っている。経済は手段です。「カネがあれば、何か買える」という。日本にしばらく帰っていないので、実感がないのですが、ひき逃げ~通り魔~殺人~詐欺が多く記事に出る。これ、警察や法をつかさどる人間が弱いというか、仕事をしてないんじゃないの?伊勢
2014/07/14 19:25 | 伊勢 [ 編集 ]

>憲法改正は必要であろうが、日本経済の本格回復が先になされなければ 成功しない .

逆で憲法を改正しないと経済が回復しないと考えられないのがわが国でしょう。
 経済は手段です。目的ではないし、目的とはならない。
現在の多くの国内問題は金をつぎ込めば解決ができるものではないと私は見ている。
 一例を挙げれば、保育園、幼稚園ですが、これは幼稚園児、保育園児を持つ親に、現在それらに投入している政府予算を、直接あたえればいい。そして保育園、幼稚園の規制をすべて撤廃すれば、それでおしまいです。それによって、この方面の問題は即座に解決する。
 そのかわり、現在の幼稚園保育園で飯を食っている人が困る。
それを政府がすればいい、これは予算措置は要らない。
 これについては経済は関係ない。
憲法改正を経済と結びつける発想が、われわれの精神の弱さと、怠惰と生き方の問題を示している。
 北朝鮮は経済がよくなれば体制が変わるか?
経済的に発展して、その国が滅ぶということがあることを思わないのがわが国です。

2014/07/14 17:36 | kenji [ 編集 ]

<憲法改正は必要であろうが、日本経済の本格回復が先になされなければ 成功しない。

その通りですが、「国民は政府が何かしてくれる」と待っているのは情けない。日本人は意見を述べない民族のようです。西欧人の目で見ると、日本人は何を考えているのか判らない。中国人も、アメリカ人も間違っているにせよ、自分の意見は、はっきりしている。日本人は運命論者のようですね。伊勢

可愛いパンダ

<iframe width="420" height="315" src="//www.youtube.com/embed/sGF6bOi1NfA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
2014/07/14 11:10 | 伊勢 [ 編集 ]

http://www.ft.com/intl/cms/s/0/33aa4fce-090b-11e4-8d27-00144feab7de.html?siteedition=intl#axzz36zSemEHI

Economic reform is the key to fixing
the Japanese constitution
By Peter Tasker

日本の憲法改正に行き着くためには、その前に経済回復の確実な成功が必要

安倍政権は峠に差し掛かっていて、彼が日本のサッチャーと呼ばれ日本復活を
成し遂げた政治家になるのか、それとも一時的な日本の沈降の停止で終わり、
沈下が続くのかの分かれ目に来ている

当面の日本の政治的論争は集団的自衛権問題で、この正当な解決は
憲法改正だが、中国などの状況の緊迫で安倍政権はショートカットに
動かざるをえない。しかしそれが安倍政権の支持率に影響を与えている

憲法改正は必要であろうが、日本経済の本格回復が先になされなければ
成功しない
2014/07/14 08:01 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する