2014/07/17 (Thu) つんボ桟敷に置かれている
putin in toruble

EUもロシア追加制裁 7月末に対象企業決定
2014/7/17 12:32

 【ブリュッセル=御調昌邦】欧州連合(EU)は16日開催した非公式首脳会議で、ロシアへの追加制裁を決定した。EUの政策金融機関である欧州投資銀行(EIB)がロシア国内での新規融資を停止し、ロシア企業にも制裁を広げる。対象企業は7月末までに決める。ドイツのメルケル首相は会議後の記者会見で、ロシアの対応に「失望した」と表明し、「(EUは)経済制裁に入った」と説明した。(日本経済新聞)


伊勢の警鐘

これが、日経の記事である。重要な国際情報を日本の大手新聞社も、日本政府も国民に知らさない。こちらアメリカでは、トップの記事なのだ。それも、詳細なる「対ロシア経済制裁」の内容を以ってである。「重要」と伊勢爺が書く理由は、安倍総理大臣がプーチンと今秋に東京で会見することだ。USも、EUも、日本が単独でプーチンと、何らかの二国間交渉をすることを許さないと思え!重要な点は以下である。

USとEUの代表は、オバマとメルケル女史であるが、「対ロシア経済制裁の第三ステージに入る」という。第二ステージの警告をプーチンが笑ったことや、欧米の警告を無視したことが理由なのだ。欧米の警告とは、「ウクライナ国内の親ロシア武装集団を支持するな~東の国境からロシア軍を退け」というものだった。先週、ウクライナ国軍の軍用機が撃墜された。ロシアからのロケット砲という記事が出た。

今回のターゲットは、

OAO Rosneft (ROSN), Russia’s largest oil company and natural gas producer OAO Novatek. (NVTK) OAO Gazprombank, the country’s third-largest lender, and eight defense firms. EU leaders agreed to blacklist companies and halt lending to public-sector projects in Russia.

で、プーチンの側近のガスプロム銀行~ロズネフト(ロシア最大のオイルガス)~ロシアの防衛産業8社~欧州の銀行が対ロシア・ローンをストップする。木曜日、今朝のルーブルが暴落している。

欧米対ロシアの経済戦争

伊勢爺はプーチンに失望している。この男が「イタチ」に見え始めたからだ。1)シリア~イラク~イランに直接関与した。2)クリミア併合。3)ウクライナ内戦に直接関与している。みなさんは、日本国内のことだけで頭がいっぱいだろう。だが、日本の敵は、チャイナとコリアだけではない。ロシアは、1945年8月9日の「対日戦線布告」と満州侵入~樺太、北方四島を自分のものとした。日ソ不可侵条約を一方的に破った。宣戦布告は「闇討ち」であった。満州の日本婦人を集団で強姦した。殺した。何十万人の日本の男たちがシベリアに抑留された。森林伐採や採石の労働で、一日のノルマが果たせなかった日本人には黒パンの一切れも与えなかったのだ。25万人が酷寒と飢えと過酷な労働で死んだ。

現在のロシアも同じである。伊勢はロシア人の女も男も嫌いだ。ロシア女は暗い目つきが多い。直接目を見ることはない。笑わない、、「幼時にレイプされたんじゃないか?」とうちのかみさんである。一方のアメリカも広島長崎で酷いことをして、今でも正当化している。だが、日本の政府も、国民も意志が薄弱なのだ。選択肢はなく、生存するためには、アメリカを選ぶしかないわけだ。「耐え難きを耐え」と昭和天皇がラジオ放送で国民を説得された。それ以来、日本人は耐えに耐えて生きてきた。結論から言えば、安倍晋三はプーチンと会見するべきではない。伊勢平次郎


速報

表紙満州を掴んだ男_convert_20140613094250

300ページの原稿が書きあがったのですが、キンドルでは拡がらないので、紙の本にして出版する道程です。只今、加瀬英明先生がサポートしてくれている。伊勢は、本著でも、ソ連軍の満州侵攻を最後の章で書いた。「日本人はロシアの犯罪を許してはならない」と思うからである。伊勢







comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する