2014/07/18 (Fri) ミサイルの時代



malaysian shotdown  detail 7.17.14

英語の読める人は読んでわかる、、

But Ukrainian authorities laid the blame for the attack on the rebels - loyal to Russia's claims on Ukrainian territory and who have been locked in battle with Ukrainian forces in the past few months.

President Petro Poroshenko called the downing an act of terrorism as he called for an international investigation into the crash.

A Ukrainian newspaper published what it said was recordings of phone conversations, firstly between Russian intelligence officers and secondly between separatist commanders. They have not been independently verified.

In the first, Igor Bezler, who the Ukrainians claim is a Russian intelligence officer and leading commander of the self-proclaimed Donetsk People's Republic, tells a commander: 'We have just shot down a plane' about '30 minutes ago'.

In the second, more detailed recording, a rebel nicknamed ‘Major’ says the Malaysian Airlines jet was shot down by ‘Cossacks from the Chernukhino roadblock’ adding: ‘It is definitely a civilian plane... there was a lot of people on board.’
'Major' tells a comrade with the codename 'Greek' it was '100 per cent a passenger (civilian) aircraft'.

Greek asked: 'What kind of aircraft?' to which Major responded: 'I haven’t ascertained this. I haven’t been to the main site. I am only surveying the scene where the first bodies fell. There are the remains of internal brackets, seats and bodies.'

Greek, still hoping at that point a military craft had been downed, said: 'Is there anything left of the weapon?'

'Major': 'Absolutely nothing. Civilian items, medicinal stuff, towels, toilet paper.'

Greek: 'Are there documents?'

Major: 'Yes, of one Indonesian student. From a university in Thompson.'


伊勢爺は時代遅れではないよ

現代は「ミサイルの時代」である。空中戦でもなければ~歩兵戦でもない。地対空~地対地~潜水艦~駆逐艦などから発射するわけだ。

グーグルで、「親露国のミサイル」を調査した。このSA-11BUKは、リビアの内戦で、2万台が行方不明だと。北朝鮮はここんところ二倍に増やしたと。べネズエラにも配置されている。多分、キューバにも、、当然、チャイナには改善型が増えているのだと、、この意味するところは、「日中」「米中」の紛争ではない。広義で言えば、「ウエスト対ロシア」ということになる。オバマが、マレーシア機がミサイルで撃墜されたことを「悲劇」と言って批判されている。バイデンが「国際空域で爆破されたんだ」と修正したが、、プーチンは、始め「ウクライナ政府の責任だ」といったが、さきほど、ピース・トークを提案した。欧州連合は、それに応えていない。欧州連合は、1)対ロシア経済制裁を加速する~2)「たった今、改善しろ」とプーチンに迫る~3)「ロシアのオイルもガスも要らない」と宣言する、、などを考慮しているのである。オバマはここでも、指導力を見せていない。今、カナダで、しゃべっている(笑い)。伊勢平次郎

速報

表紙満州を掴んだ男_convert_20140613094250

300ページの原稿が書きあがったが、キンドルでは拡がらないので、紙の本にして出版する道程です。只今、加瀬英明先生がサポートしてくれている。本著でも、わが兄「みつお」が予科練に志願した章を書いた。「戦後生まれの作家が特攻を書いてはならない」と思うからである。伊勢










comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する