2014/07/29 (Tue) 上海ほど不潔な地域はない


「俺さ、中国人には殺されたくないわな」と、、




上海事件のおかげでさ、株価が下がった。マクドナルドの本社は、「タイソン・フード」をサプライヤー・ナンバーワンに選んだ。タイソンは全米最大の鶏肉、豚肉、牛肉の加工業者だが、株価が跳ね上がっている。


TYSON safety

上海の鶏肉事件は、このアメリカまで知られている。ま、100%知られたから、消費者は「チャイナ」と聞くと「マイゴッド」と、、この写真は、アーカンサス州のタイソンの鶏肉加工工場だが、数年前にサルモネラ菌拡散があり、US・食品管理局の手入れと指導があった。それ以来、事故はない。中国の問題は民度の問題なのである。日本人は、いくら輸入業者や、ファミリー・レストランが悲鳴を上げようと、中国産の鶏肉も豚肉も食べてはいけないよ。餃子は自分で作れば良いだけさ。伊勢平次郎


速報

表紙満州を掴んだ男_convert_20140613094250

300ページの原稿が書きあがったが、キンドルでは拡がらないので、紙の本にして出版する道程です。只今、加瀬英明先生がサポートしてくれている。本著でも、わが兄「みつお」が予科練に志願した章を書いた。「戦後生まれの作家が特攻を書いてはならない」と思うからである。伊勢






*M・Kさまが、ご献金を下さった。このお人は、8年間も支援してく下さった。感謝致しております。伊勢平次郎


comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する