2014/08/07 (Thu) 追い詰められたプーチン(その1)
putin obama who brinks first

シリアで失敗したオバマをプーチンは見下した、、だが、、


putin retariate 8.7.14

プーチンは追い詰められた。欧米日が一体となったロシア経済制裁は効果を上げた。ロシアの経済は停まったのだ。ロシアの国債は、ジャンクボンドのレートに向かった、、


UKRAINIAN ARMY

ウクライナ国軍は最後の戦場であるドネツクに迫った、、親露派武装集団は、「あと二週間も持たない」とプーチンに電話した、、


putin shuu losers

追い詰められていく「悪魔の帝国」、、チャイナへの日本の投資は3割減った、、その分、アシアンへ移動したのだ、、


伊勢爺の評価

伊勢爺さんのオバマの対露経済制裁への評価は高い。欧州連合がなかなか腰を上げなかったが、マレーシア機撃墜で流れが変わった。プーチンは、報復として欧米の農産物などを禁輸したが、、困るとされているウクライナとポーランドに欧米が援助すると、、

さて、プーチンは追い詰められた。ウクライナ国境にロシア兵を三大隊集結させているが、国境を越えて侵入すれば、欧米連合は、対露経済制裁の最期の仕上げに取り掛かる。国境を越えなければ、プーチンは敗者となる。伊勢爺さんは、「プーチンが敗者になる」ことに賭けている。

弱い指導者と批判を受けたオバマが反撃に出れた理由は?ヘーゲル米国防長官とルウ財務長官である。米上院国家安全委員会もである。オバマは、熱心に耳を傾けたわけだ。「自分一人で出来るわけがない」とオバマは冷静だからである。このアメリカ政府の結束は、やはり建国憲章の四つの自由なのだ。党派を超えた「自由の女神」への信仰がある。

日本政府には、選択肢はない。元ウクライナ大使の馬渕睦夫~渡辺恒夫~青山繁晴までが、反米親露の立場なのだ。これはどうしたことか?高学歴~美味いもん食い~運動に興味がない~おしゃべり外交評論家、、「サヨク脳」という病気である。この人種が日本に意外に多い。先の戦争で敗戦を喫したことが原因だと思うが、自分が戦場へ行ったわけでもないのにな、、伊勢平次郎


表紙満州を掴んだ男_convert_20140613094250

300ページの原稿が書きあがったが、キンドルでは拡がらないので、紙の本にして出版する道程です。只今、加瀬英明先生がサポートしてくれている。本著でも、わが兄「みつお」が予科練に志願した章を書いた。「戦後生まれの作家が特攻を書いてはならない」と思うからである。伊勢






*M・Kさまが、ご献金を下さった。このお人は、8年間も支援してく下さった。感謝致しております。伊勢平次郎

comment

kenji先生

中央大学日本史学者の吉見義明は日本の慰安婦に関する論争において、軍政策としての強制連行があったと主張する人物ですね。まだ生存中です。この人物をどうして引っ張り出さないの?朝日新聞社~吉田清治が「あれは虚構だった」と32年間もの捏造を告白した。河野談話は自滅行為~それを安倍晋三が踏襲した、、どう見ても、アメリカが弾劾されるケースじゃない。ここで「正義争い」をしても埒は明かないでしょ?日本人、日本政府には、「アメリカを窘める」力がない。そうでしょ?

ぽんさん

オバマの指導力が批判されているのはアメリカ国内の政争。あなたが、慰安婦政治宣伝にヒステリーを起こす?伊勢爺のブログに噛み付いたり、相手かまわず「わめく」だけではダメです。行動に出なければ、、伊勢
2014/08/08 12:03 | 伊勢 [ 編集 ]

私も慰安婦問題におけるアメリカの態度が逆に、なぜそのような態度をとるか疑問で、何か大きな裏があるのではとおもっています。
 <アメリカとあろうものが、調べればすぐわかる案件に、なぜ虚偽に同調するか>
というのが普通の日本人の疑問で、それが<なあんだ、アメリカのやろう>ということになって、親米派は孤立しつつある。
 しかしここをよく考えないとわが国の立場は悪くなると私は見ている。
たしか、マーガレット・サッチャーが<アメリカは時々発狂する、。しかも基本的にはアメリカとは外交交渉は成立しない。なぜならアメリカが発狂するとイギリスは即座に消えるから>
と述べている。
 戦前においても等質の問題をわが国は抱えて、結局わが国も発狂して、真珠湾攻撃へと進んだと見る見方も成立する。
 力のうらずけのない、正義など虚構で、正義を言うならその背後の力の能力を見ることです。これが常識ですが安倍氏は力による変更は認めないといていますがこれ英語にするとどのようになり、それをどのように普通の人は理解するのでしょうか?
 ただ<正義は流血をもたらすこともある>という別の常識もせいようでは普通の考えですが、ここが少しアメリカは異なると見ています。
 わが国は南北朝鮮と断交状態をつずけて、シナとは、政治的に付き合わず、物品の移動だけにすることがわが国にとって一番いいことです。
それと逆のことを安倍政権はしようとしている。
 
2014/08/08 08:32 | kenji [ 編集 ]

>報道官はアメリカの代表じゃないよ。

へ? 報道官の発言は少なくともアメリカ政府の見解として見なされるはずですがね? 政府のスポークスマンでしょ? 報道官がオバカさんで政府見解から逸脱したことを言ったら問題になるけど、なってませんよ? だって、オバカ大統領が韓国で「慰安婦問題は重大な人権問題だ」って言っちゃったからね〜・・・


>慰安婦問題は、日本国内に同調者がいるからでしょ?

朝日新聞とかね。安倍晋三がヘタレで慰安婦問題を正面から反論していない認めるけれど、国民に同調者はもういないんですよ。もうメディアが国民を騙せなくなってる。だからリベラル連中は、アメリカや国連を使って慰安婦問題の宣伝をまた必死になってやり始めてるっていうのが現在の構図です。


>正義は力なしに主張しても無意味なんです。

知ってますよ。最後は暴力がものをいいますからね。しかしそれだけではいずれ足下をすくわれるのです。
今現在のアメリカがなぜ、力を行使出来なくなったのでしょうか?
なぜ、オバマがなぜヘタレだの弱腰だのと批判されても何も出来ないのか?
それはアメリカが正義を主張しても他に同調者がいなくなったからです。だから力を行使出来ないのです。
2014/08/08 06:46 | ぽん [ 編集 ]

<読売オーナーの渡邉恒雄のこと?

そうです。ぽんさんと議論にならないね。感情論に傾いているから。何故、サキ報道官をそれまで評価するの?報道官はアメリカの代表じゃないよ。アメリカには、日本と同じで「おバカさん」が多いのです。慰安婦問題は、日本国内に同調者がいるからでしょ?安倍晋三がそうでしょ?それと、正義は力なしに主張しても無意味なんです。ぽんさんの正義争いでは、また負けますよ。つまり、「力が正義」だから。多分、理解を得られないと思うけど。伊勢
2014/08/08 03:52 | 伊勢 [ 編集 ]

>元ウクライナ大使の馬渕睦夫~渡辺恒夫~青山繁晴までが、反米親露の立場なのだ。

別にこの人達は反米親露では無いと思いますよ(渡辺恒夫って、読売オーナーの渡邉恒雄のこと?それとも評論家の渡部恒雄のこと?)。まぁ、馬渕睦夫さんはウクライナ大使をやっていただけあってロシアへの理解は深い様ですがね。
今回の対露制裁における日本の慎重さはヨーロッパ諸国のそれと同程度です。シリアの時もそうでしたけど、証拠が不十分なのにアメリカが突出して威勢のいい事を言ってもね。イラク戦争の件がありますから。
確かに航空機墜落の事件があってからロシアの立場は悪くなりましたけど、それでもヨーロッパは慎重です。経済という現実の問題がありますからね。日本も領土問題がある。日欧は正直な所、対露制裁についてはアメリカとのお付き合い程度で…というのが本音です。

まぁ、評論家の意見よりも、一般の日本国民の意見の方が重要です。親米保守なんて今や絶滅危惧種ですよ。原因は何かと言えば慰安婦問題です。この問題における、日本に対するアメリカの態度は客観性や公正さを欠いていて、とても同盟国とは思えない物です。
本来、第3国であるはずのアメリカが慰安婦問題の主戦場になっており、そのアメリカは韓国に肩入れしている・・・この現状を鑑みれば、実は慰安婦問題の黒幕はアメリカなのではないかと考えれば、全ての辻褄が合います(笑。

先日、朝日新聞が過ちを認めて過去の慰安婦記事を取り消しましたが、アメリカはまだこんな事やっています。


米ニュージャージー州に6基目「慰安婦碑」 刻まれた「性奴隷数十万人」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140805/amr14080523400012-n1.htm
米、元慰安婦面談認める 「過去も定期的」韓国系浸透
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140807-00000002-san-n


米国務省が元慰安婦と面会「重大な人権侵害だ」(08/06 12:35)

 アメリカ国務省のサキ報道官は記者会見で、アメリカを訪れていた元従軍慰安婦の韓国人女性2人と国務省当局者が面会していたことを明らかにしました。

 アメリカ政府関係者と元慰安婦の面会が明らかになったのは初めてですが、サキ報道官は「元慰安婦とは、これまでも定期的に面会している」と述べ、アメリカが政策変更したとの見方を否定しました。サキ報道官はまた、「慰安婦問題は重大な人権侵害だ」としたうえで、「日本政府に周辺国との関係改善を促進する形で問題解決に取り組み続けるよう促す」と述べました。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000032099.html

_ame


さて、アメリカ人がそこまで慰安婦の人権に関心があるのだったら、なぜ朝鮮戦争時の慰安婦については黙殺しているのでしょうか? 
無理矢理連れ去られて慰安婦にさせられた韓国人女性が多数いるのです。自身の身を悲観して自殺した慰安婦もいました。
その時の慰安婦の主な客はアメリカ軍兵士です。

日本人はアメリカ人の言うJUSTICE、アメリカ人が自ら誇っていたJUSTICE、海外に宣伝していたアメリカのJUSTICEを疑い始めています。
いや、イラク戦争以降、世界中がアメリカを疑い始めているのではないですか?
2014/08/08 02:10 | ぽん [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する