2014/08/08 (Fri) 「ストックホルム症候群」という精神障害
ストックホルム症候群

ストックホルム症候群(Stockholm syndrome)は、精神医学用語の一つで、犯罪被害者が、犯人と一時的に時間や場所を共有することによって、過度の同情さらには好意等の特別な依存感情を抱くことをいう。

1973年8月に発生したストックホルムでの銀行強盗人質立てこもり事件において、人質解放後の捜査で、犯人が寝ている間に人質が警察に銃を向けるなど、人質が犯人に協力して警察に敵対する行動を取っていたことが判明した。また、解放後も人質が犯人をかばい警察に非協力的な証言を行ったほか、1人の人質が犯人に愛の告白をし結婚する事態になったことなどから名付けられた(ノルマルム広場強盗事件)。

この問題を調査したOchberg博士は、FBIとイギリス警察に、次のような報告を行った。「人は、突然に事件に巻き込まれて、人質となる。そして、死ぬかもしれないと覚悟する。犯人の許可が無ければ、飲食も、トイレも、会話もできない状態になる。犯人から食べ物をもらったり、トイレに行く許可をもらったりする。そして、犯人の小さな親切に対して、感謝の念が生じる。犯人に対して、好意的な印象を持つようになる。犯人も、人質に対する見方を変える」

犯人と人質が閉鎖空間で長時間非日常的体験を共有したことにより高いレベルで共感し、犯人達の心情や事件を起こさざるを得ない理由を聞くとそれに同情したりして、人質が犯人に信頼や愛情を感じるようになる。また「警察が突入すれば人質は全員殺害する」となれば、人質は警察が突入すると身の危険が生じるので突入を望まない。ゆえに人質を保護する側にある警察を敵視する心理に陥る。このような恐怖で支配された状況においては、犯人に対して反抗や嫌悪で対応するより、協力・信頼・好意で対応するほうが生存確率が高くなるため起こる心理的反応が原因と説明される。
上述のように、ストックホルム症候群は恐怖と生存本能に基づく自己欺瞞的心理操作(セルフ・マインドコントロール)であるため、通常は、人質解放後には、犯人に対する好意は憎悪へと変化する。


伊勢爺の精神分析

馬渕睦夫~渡邊恒夫~青山繁晴~チャンネル桜の水島司会者たちは、「実際は何なのか?」などと、アメリカのロシア経済制裁の根拠を疑う発言をしている。これらの日本の論客はアメリカを批判する証拠を示さない。この意味するところは、彼らは外交評論家などじゃないということだ。評論するには、出典~論拠~物的な証拠が必要なのだ。

さきほど、NATO司令官のラスムーセンが、「ロシアは、一触即発の事故を避けるために、即時に国境から撤兵しなければならない~親露派支援を停止しなければならない」とプーチンに警告を発した。軍司令官が根拠なく世界戦争に発展する可能性のある警告を出すと思いますか?

NATO Secretary General Anders Fogh Rasmussen urged Russia to “step back from the brink” by pulling back troops and halting aid for rebels.

日本の知性のある方たちは、自称有名人~自称高学歴~怪しい職歴~イカサマな地位に惑わされてはいけない。彼らは、大衆を誑(たぶら)かす商人なのである。つまり、風聞の類を売っているのである。一方で、全くその反対側の人たちがいる。外交評論家であられる加瀬英明先生や「史実の会」の茂木弘道先生である。伊勢平次郎


表紙満州を掴んだ男_convert_20140613094250

300ページの原稿が書きあがったが、キンドルでは拡がらないので、紙の本にして出版する道程です。只今、加瀬英明先生や茂木弘道先生がサポートしてくれている。本著でも、わが兄「みつお」が予科練に志願した章を書いた。「戦後生まれの作家が特攻を書いてはならない」と思うからである。伊勢






*M・Kさまが、ご献金を下さった。このお人は、8年間も支援してく下さった。感謝致しております。伊勢平次郎

comment

ぽんぽんぽん、今度は喧嘩腰ね~。アタマが幼いね~。は、は、は 伊勢
2014/08/08 22:52 | 伊勢 [ 編集 ]

>はあ?そうですか?安倍晋三総理大臣自身が慰安婦に同情してますけど?

慰安婦に同情の意を表して何が悪い? それ自体には何の不都合も無いですよ? 朝鮮人業者に騙されて慰安婦にさせられた人もいた様だし、慰安婦全員が金の為に割り切ってやっていたわけではないだろう。それに売春業がハッピーな職業でないのは明らかだしね。
因に、我々は朝鮮戦争時の米軍慰安婦にも同じ様に同情してますよ。アメリカ人は米軍慰安婦には同情さえ寄せてない様ですけどね。

我々が怒っているのは、この慰安婦問題という仕掛けられたプロパガンダについてです。

しかし、伊勢爺は政府官邸に無視されてからすっかりへそを曲げてしまった様ですな〜(笑
あれは返事くらいくれても良かったのにね。
まぁ、安倍晋三がヘタレなのは私も認めますよw
2014/08/08 22:20 | ぽん [ 編集 ]

<ウクライナへの侵攻です

侵攻があるとか、ないとかではなく、侵攻の価値があるの?第二次大戦前の経済は世界恐慌ですよ。今、恐慌は起きてないけど?ど貧乏国だったチャイナまで豊かになっているよ。伊勢
2014/08/08 20:50 | 伊勢 [ 編集 ]

 オカルトになりますが戦争の神様が動き出すと、制御ができないですよ。それに乗せられると、動かざるを得ない。
 ウクライナへの侵攻です。
 
2014/08/08 20:40 | kenji [ 編集 ]

<伊勢さん、ロシアはやる気ですよ。

何をやる気なの?それって、「やる」価値があるの?伊勢
2014/08/08 19:17 | 伊勢 [ 編集 ]

<日本の誠意ある取り組みや対応そして事実を考慮せず、とうとう(日本による)深刻な人権侵害とのコメントを公表した。

はあ?そうですか?安倍晋三総理大臣自身が慰安婦に同情してますけど?安倍って、あなたの首相でしょ?報道官じゃなくてさ。伊勢
2014/08/08 19:02 | 伊勢 [ 編集 ]

この慰安婦問題におけるアメリカの行動は普通の日本人に失望感を与えた、もともと多くの日本人はたかが売春婦の問題に過ぎず、また表立っていうことすら、恥ずかしいことだが、朝鮮人の言うことだからということくらいで応じた。アメリカは自由と平等の国で、ある面事実を重んじる国だと思い。馬鹿なことはしないと思っていたがちがった。この失望感は戦前の排日移民法の衝撃に等しいと私は見ている。
 普通の日本人は<アメリカは朝鮮戦争当時の南朝鮮にあった慰安所についてはどう思うのだ>でしょう。あまりにも明々白々の事案について、何を言うのだ>ですね。
 日米戦争の端緒ができたと私は日米の歴史を見て思う。
なぜわが国外務省ははっきりアメリカの国務省にはなさないのか。
アメリカの偽善の最たるものですが、そこをよく考える必要がわが国にはある。

 困ったことですよ。アメリカ人はとにかく銭とパワーに弱い。強いものには戦争を仕掛けない。日本位のものですよ。力関係を無視して戦争をする国は。

 戦前の歴史を考慮して、はっきり反撃作戦をアメリカに絞ってすることです。朝鮮なんか手先にしか過ぎないから。まず南朝鮮を締め上げることで、現在している援助をすべて停止して、来年度軍事予算の増強をすることです。もう議論の世界ではない。交渉の世界ではない。

 崩御された昭和天皇は日米戦争の元は<排日移民法と石油の禁輸>だったと明快に回顧されておられる。それが正しい。そのひとつが生じた。もうひとつはTPPです。
 歴史は繰り返すか?
それでもわが国はアメリカです。山本五十六は勝つことではなく、上手に負ける戦略を考えることで、それはフィンランドの冬戦争の戦略を参考にすることでした。次の世界は必ずあるからそれを(明日を)想像して、進むことです。
 伊勢さん、ロシアはやる気ですよ。
極東の軍事配備の変化を知る必要があります。
適当な朝鮮戦争をさせるつもりかもしれません。
2014/08/08 18:34 | kenji [ 編集 ]

米の報道官は元慰安婦と詐称している元戦場売春婦の一方的な意見を尊重し、日本の誠意ある取り組みや対応そして事実を考慮せず、とうとう(日本による)深刻な人権侵害とのコメントを公表した。
ほんとうに非常に残念でならない。
2014/08/08 17:27 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する