2014/08/10 (Sun) 負けたプーチン
obama wins putin

全てアメリカの陰謀~アメリカのプーチン潰し~アメリカはロシアの資源を奪う計画なのだと、馬渕睦夫・元ウクライナ大使。プーチン潰しなら、もうプーチンは手を挙げたよ。グローバリズムを弾劾する人種には残念だが、ここはオバマが勝ったのだ。


putin may end ukraine

ウクライナ国境から兵を引くしかない。何故?ロシア経済がドボン、、モスクワに暴動が起きるだろう、、


伊勢爺の軍パイはアメリカである

日曜日、米大手紙は1)ウクライナ軍が親露派を包囲~2)親露派が停戦をしたい」と二つの記事を出した。伊勢爺は、1)の記事が出た朝、記事を疑ったので、続く記事を待った。2)の記事は信頼性が高いと判断した。全て、「信頼性」の問題だが、クレムリンは信用不可能である。これで、月曜日のNY株式市場は沸くだろう。S&P 500は、金曜日には、1930だが、1950にまでは上げるだろう。

グローバリズム、つまり、欧米の金融資本の勢力を弾劾する左翼脳が存在する。だが、人類にとって、衣~食~住~医療~移動手段~科学の進歩ほど肝心なものはない。馬渕睦夫という人物は、「それは唯物論です」などと学生運動家のような幼稚なアタマを持っている。馬渕少年はともかく、日本の青年よ、もっと賢く生きよ!伊勢平次郎

速報

今さっき、第三の記事が出た。「ウクライナ政府は親露派に即刻降伏することだけが残されている」と。ロシア外相のラブロフは、「たった今、停戦しないと取り返しがつかなくなる」と弱音を吐いた。は、は、は 伊勢


Image (7) (1)

「胡椒の王様」電子版が売れている。嗚呼嬉し!アマゾン・ジャパンから買えます。499円だと思う。伊勢


表紙満州を掴んだ男_convert_20140613094250

300ページの原稿が書きあがったが、キンドルでは拡がらないので、紙の本にして出版する道程です。只今、加瀬英明先生や茂木弘道先生がサポートしてくれている。本著でも、わが兄「みつお」が予科練に志願した章を書いた。「戦後生まれの作家が特攻を書いてはならない」と思うからである。伊勢






*M・Kさまが、ご献金を下さった。このお人は、8年間も支援してく下さった。感謝致しております。伊勢平次郎






comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する