2014/08/12 (Tue) 誰もプーチンを信用していない
russian convoy left moscow

今朝、ロシアの「人道支援」と称する輸送部隊がモスクワの近郷を出発した。トラック280台だ。二日か三日で、モスクワから1000キロのウクライナ国境に着く。だが、「国際赤十字の承認なしにウクライナに入れない」とキエフ政府である。伊勢平次郎


伊勢爺のNY株観測

今朝の株式市場は読めない。昨日は結局、S&P500 は、1937$に下げた。読みが正しかった。今朝の欧州市場は、ドイツの製造が落ちて下げで始まった。対露貿易がウクライナで停止に近いからね。モスクワを出た人道支援と称する輸送トラック280台でも、「親露派に武器を渡すのじゃないか」とポーランドが警鐘を鳴らした。キエフは、「輸送部隊がウクライナに入るには、まず、親露派が降伏しろ!」と声明を出した。

プーチンは、ポーランドのりんごとキャベツの輸入を禁止した。日本の反米親露サヨクである馬渕睦夫やそれに同調する低脳評論家を除けば、欧米・日・アジアのどの国も、「鼬(イタチ)のプーチン」を信用しない。国際赤十字が「ロシアは赤十字のルールの全てに違反している」と。トラックの積荷のリストも明かさない。トラックを用意したグループも明かさないなど。それでも、NYは0.2%ぐらいの上げが見られる。だけど、たちまち赤に転落すると見た。みなさん、「売り逃げ」が正しいのです。




モスクワのマーケットだ。どんどん品薄になって行くと店主、、

伊勢爺は、「ウクライナ危機はまもなく終わる」と思っている。オバマとプーチンが8月1日に電話で話した。「誰も得することはない」と意見が一致した。すでに、市場が察知してか、ロシアの株式が0.6%上げた。モスクワの母親たちは、「子供がチーズはどこ?」と泣いていると。ロシア人は、チーズも、バターも作らない。何も造れないのである。どうしてなのか、伊勢爺には理解出来ない。伊勢平次郎


Image (7) (1)

「胡椒の王様」電子版が売れている。嗚呼嬉し!アマゾン・ジャパンから買えます。499円だと思う。伊勢


表紙満州を掴んだ男_convert_20140613094250

300ページの原稿が書きあがったが、キンドルでは拡がらないので、紙の本にして出版する道程です。只今、加瀬英明先生や茂木弘道先生がサポートしてくれている。本著でも、わが兄「みつお」が予科練に志願した章を書いた。「戦後生まれの作家が特攻を書いてはならない」と思うからである。伊勢






*M・Kさまが、ご献金を下さった。このお人は、8年間も支援してく下さった。感謝致しております。伊勢平次郎

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する