2014/08/23 (Sat) アメリカはシリアに侵攻するべきか?
obama syria problem 8.22.14

オバマは、「国境は問題じゃない」と、昨日、シリアに侵攻する正当化を図った、、だが、世論調査は、、

「アメリカはシリアに侵攻するときか?」

LIVE RESULT  88% No   12% Yes    Total Votes: 46,004


イスラム国はカネも武器も豊富なのだ

ISIS Iraq

「イスラム国」は、6月には、ISISと呼ばれたイスラム過激派に過ぎなかった。その数も4000人ほどだったが、今、20、000人となっている。この機関銃はアメリカ製で、一分間に700発が撃てる。これをイラク国軍(シーア)が捨てて逃げたために、4000丁も手に入った。軽装甲車も1500台手に入った。32キロ先を砲撃できる野砲は移動性が悪く、重いので、爆破したと。

ヘーゲル長官は、「アメリカにとって脅威が迫っている」と述べたが、侵攻をほのめかしたのは、米軍統合本部長のデンプシーだった。こういう計算も出来ない男が統合本部長なのである。

さあ、オバマは、またそのでっかい足を口に入れたわけだ。「えっ?どうするんだ?」この男の欠点はよく考えもしないで、すぐ口に出すことなのだ。去年の9月にも、同じように「アサドのシリア空爆をアメリカ独自ででもやる」といって、頼りとするイギリスの世論が全く反対なのに驚いて、考えを引っ込めた。これでは、「ダメな大統領」と言われても仕方がない。米国民の10人に9人が反対なのは、「オバマは信頼出来ない」ということである。ちょうど、日本国民が安倍晋三を疑っているように、、伊勢平次郎


速報

表紙満州を掴んだ男_convert_20140613094250

300ページの原稿が書きあがったが、キンドルでは拡がらないので、紙の本にして出版する道程です。只今、加瀬英明先生が編集を手伝って下さっている。終戦記念日は、夫々の人々が深い想いを持っていると思う。本著でも、わが兄「みつお」が予科練に志願した章を書いた。「戦後生まれの作家が特攻を書いてはならない」と思うからである。伊勢





comment

口を出すべきでないことはデンプシーは知っている。”侵攻するには”という言い方で侵攻を勧めたのか、出来ないといいたかったのか?曖昧なんです。この作戦には、多国籍軍は形成不可能だからね。中東は、イスラムの宗派内戦だから、アメリカの軍事力で解決する性質のものでない。問題がもう一つある。イスラエルです。この殺戮し合うイスラム教徒に共通なのが、イスラエルを地上から消せ!イランまでがね。イスラエルはアメリカが中心となって作った国です。アメリカあはニッチもサッチも行かなくなった。

イラクは三つの国に分かれるけど、戦争はえんえんと何百年も続くでしょう。なんせ、宗教戦争とそこへ石油が絡むからね。安倍晋三はなにかというと、カネを出す。中東だけは、自衛隊もカネも出すべきじゃないのです。伊勢
2014/08/23 23:55 | 伊勢 [ 編集 ]

ヘーゲル長官の記者会見の表情に困惑が見られた。中東にある軍事基地の配置が不明だが、トルコ、カタール、サウジ、クエート、でしたか。後は原子力空母でペルシャ湾と地中海です。
 軍事攻撃で解決ができない問題が中東です。わが国は軍事的敗北がそのまま解決につながりましたが、中東は異なります。支那も異なります。

>侵攻をほのめかしたのは、米軍統合本部長のデンプシーだった。。

軍事方のトップは、軍事作戦には基本的に反対するのが、基本です。兵士が死ぬからです。
 しかし可能ないろいろな軍事作戦は立てておくのがその仕事です。

  軍事のトップが進攻を口にするとは、ちょっと変ですね。あくまで軍事作戦のみについて発言するものですが、アメリカ上層部に相当な混乱がおきていると思う。
2014/08/23 21:36 | kenji [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する