2014/09/03 (Wed) 米国株銘柄の選び方(その4)・アメリカの鉄道
freight train us2


warren on railcar


arii tanker


Icarn owns arii

アメリカの貨物鉄道網は、1940年には、ほぼ完成した。ニューヨークからオハイオ~ミズーリ~イリノイ~アイオア~オレゴンへ、、シカゴが最大のハブとなった。東西南北の交差点だからだ。カナダから来る原油ガス~中西部の穀物はみんなシカゴを通る。この貨物鉄道網をウオーレン・バフェットが独占している。だが、鉄道で最も重要なのが、貨物列車製造~修理~リースなのだ。これをカール・アイカーンが独占に近いほどの株主となっている。持っている貨物車を繫ぐとニューヨークからシカゴの長さだと言われている。伊勢爺さんは、これ以上の情報は無料で差しあげることが出来ない。なぜなら、4年間の地獄と二千万円の授業料を払ったからである。現在、その鉄道技術株を二つ持っている。火曜日はダウもSPXも下げたが、伊勢爺さんは黒字となった。


年金制度は崩壊する

日本の青年、中年層は、「年金がアテに出来ない」と自覚しており、老後を心配する人が多い。預金~箪笥預金~投資。どれも歳取ってからでは出来ない。年金負担を払いたくないほどです。ひとつの方法に、「米国株を買う」があります。それも、銘柄を自分で選んで。40歳なら、25年もあるわけですから、銘柄の選び方さえ習えば、貯金や箪笥預金よりもダントツに良いはずです。1年に10%増殖しても、25年では巨額になります。それを教えてあげます。伊勢


「米国株銘柄の選び方」の予約を承ります

先着50名さまに、月額1000円 X 12ヶ月分=12、000円で、月火水木金 X 52週(240日)のニュース~その分析~伊勢爺が売買した銘柄と結果を知らせます。一年の授業料が、1万2千円だと思ってください。この50名さまは未来永劫、年額1万2千円とします。後の会員料金は、月額1500円 X 12ヶ月=18、000円です。日本の米国株を扱う証券会社も知らせます。この会員限定のサイトは、会員が一人でも、その日を以って開始します。下記の銀行及び郵貯口座へ振り込んでください。そして、質問は、メールで下さい。nipponfalcons@gmail.com  伊勢平次郎


「隼機関」は、任意団体口座を持っています。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン






***M・Kさまがご献金を再びなされました。当ブログは、「日本の独立」を旗印にしています。伊勢

comment

fts先生

訂正を有難う。しかし、「朝日は報道の自由権」を剥奪されるべきです。吉田清二の記事は裁判にもならないのかね?法曹界は民意に反している。

黒田日銀はどんどん国債を買っているが、GPIFは逆さまに売って、米国株を買っている。消費税を例年再び上げる発表が10月。消費税のボデーブローが効いて来た。輸出がよっぽどよくならない限り、株価が上がっても「官製相場」となる。年末の米金利が取りざたされると一気に日本の株は売られる。安倍晋三は成長戦略を妄信している。安心立命であるべきだ。伊勢
2014/09/04 23:08 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢   様
Mephist 様

上記の投稿記事ですが、飛ばしでした。
正確には「朝日が書いた飛ばし」でしたので、お詫びと訂正を投稿させていただきます。
すみませんでした。今後はネタ以外で朝日ソースは使用しません。

誤「無条件に企業のもの」

正「発明に関わった社員に対して、見返りとなる報酬を法律で担保することを条件に、企業に特許の権利を帰属させる」

要するに金額の多寡はあれ、企業が買い取りと言う形になるようです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140904k10014329001000.html
発明の特許権 社員から企業に(NHKニュース)
2014/09/04 21:43 | fts [ 編集 ]

Mephist先生

なるほどね。でも、インセンテイブが不足という気がする。RD援助は国家がやるべきだと思う。「これが正解だ」とはならないんだね。

ところで、プーチンが弱気になったようです。冬季対策は需給両方の問題。今月末にはヨーロッパは紅葉が始まり、夜は冷える。ここでドイツや北欧を激怒させるとプーチンはお終い。

Mephist社長の責任は重いですね。設備投資は要注意と思う。未来の計画は科学者のあなたには、いくらでもあるのでしょう。「好きなことをやれ!」と本田宗一郎さんが言った。その通りですよ。伊勢

2014/09/03 23:06 | 伊勢 [ 編集 ]

ようやく少し手が空きました。
機械関係の状況は正直よろしくありません。ただ、錆びたギヤが回るような軋みが聞こえる様な気がします。stickするのか、"on the way"となるのか、もう少し時間が必要ですね。

上記特許関係の記事ですが、使用者としては当然の判断と思います。成果が出ても出なくても給与は払われるわけで、その安定性を研究成果品と取引したのですから。もし、金銭・設備・法務を含むすべてのjobとdutyを自分のriskとして賄えば、研究成果品はすべて自分のものです。
優秀な研究者だけでは成果は出ませんし、資金と設備と企業法務だけでも成果は出ません。
そしてまた誰が優秀な研究者たり得るかは誰も分かりません。しかしそれが分からなくても企業は採用します。
他人の褌で相撲とまでは言いませんが、信賞必罰がなされない企業に優秀な人材は残りませんから、企業のルールの範囲で適切な褒賞がなされる企業が生き残ることになるのでしょう。
2014/09/03 22:43 | Mephist [ 編集 ]

fts先生

どうも安倍晋三のやることは、戦前の「財閥優先」に向かっている。合法的に私腹を肥やすスキームだろう。麻生太郎にもその臭いが強い。研究者は日本を離れるだろう。日本の大衆に言うことがある。「貪欲になれ!」「エゴを強くしろ!」と。記事を有難うね。伊勢

2014/09/03 18:58 | 伊勢 [ 編集 ]

特許、無条件で会社のもの 社員の発明巡り政府方針転換
http://www.asahi.com/articles/ASG924QNWG92ULFA00K.html
政府は、社員が仕事で発明した特許を「社員のもの」とする特許法の規定を改め、無条件で「会社のもの」とする方針を固めた。これまでは、十分な報償金を社員に支払うことを条件にする方向だったが、経済界の強い要望を踏まえ、こうした条件もなくす。企業に有利な制度に改まることになり、研究職の社員や労働団体は反発しそうだ。
引用ここまで

いよいよ日本の落日が見える形になりそうですね。
さまよえる日本人はどこに行くのでしょうかね。
2014/09/03 12:20 | fts [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する