2014/09/12 (Fri) 保全経済会事件も知らない日本の大衆
wall street


保全経済会事件



休業を宣言する保全経済会。中央の白い椅子に座っているのが伊藤斗福理事長。

保全経済会事件とは、1953年に発生した、匿名組合保全経済会に係る詐欺事件。政界工作も問題になり、国会で証人喚問する事態に発展した。


事件の概要

保全経済会は、1948年に、伊藤斗福により東京に設立され、高配当を保証して集めた資金を使って投資を行ったが、実際には不動産等の投資による収益はなく経営基盤は脆弱であった。しかし、朝鮮戦争のもたらした特需によって株価が右肩上がりであったこともあり、同会は積極的な株式投機と新規出資者の出資金で配当をしながら拡大路線をとり、自転車操業を続けていた。出資金の一部は政界工作に使われ、改進党の中島弥団次・駒井重次や右派社会党の平野力三が同会の有給顧問を務めていた。その後、1953年3月のスターリン死去に伴い株価が暴落した。資金繰りに窮した同会は配当を月8%に引き上げたが、やがて経営に行き詰まり、10月に休業を宣言して出資金の支払いを停止し、社会問題化した。翌1954年1月、同会理事長の伊藤は詐欺容疑で逮捕され、同会は破産した。保全経済会の会員数はピーク時に15万人に達し、被害総額はおよそ44億円となった。


この巨大詐欺事件の翌年、昭和29年(1954年)、出支の受け入れ禁止法が制定された、、

*不特定多数の者に対する元本を保証した出資の受入れの禁止。
*特定金融機関以外の、業としての預り金をすることの禁止。(何人も不特定多数の者からカネを預かってはならない)


伊勢の米国株の推薦!!

「米国株銘柄の選び方」の会員ブログを中止して、「米国株の推薦と注意」のメルマガを勉強中です。有料になりますが、伊勢爺の情報を参考にして、日本で、銘柄と指値を指定して買うことが出来ます。野村や三菱UFJには、ETFという株券に似た証券がある。だがそれは日本株なのだ。

ETFとは、、

株価指数連動型投資信託。その価格が日経平均やTOPIXといった主な株価指数に連動するようにつくられ、証券取引所に上場されている商品。投資家には受益証券(株券に相当するもの)が発行され、東証での売買が可能。2001年に株式市場の活性化対策として導入された。ETFの登場により、株価指数に連動する投資、つまりTOPIXや日経平均を買うというようなことが、比較的無理のない金額で可能になった。これらの株価指数は、ニュースや新聞でたびたび報道されるため、値動きや損益の把握も容易であり、また従来の投資信託にくらべ保有コスト(信託報酬)が安いという特徴もある。


問題は、、

問題がある。それも大きな問題である。安倍政権の掲げる「成長戦略」は矛盾があるからだ。消費財を2%増すと発表すると、その途端、外資は日本から逃げ出す。つまり、日本株は買われない。もうひとつの問題が為替だ。連銀が国債買いを本年末に停止する。さらに利息を上げると、USDが買われて~JPYは、1ドル=120円に向かう。つまり8%も対ドルで下げるわけである。一方、米国株もそう安泰ではない。だが、中型資本や大型資本の中でも配当の良い銘柄やPE比率の小さい銘柄は安定してジリジリと上げていくのである。この日米差は大きい。

それでは、「米国株の推薦」をご期待ください。伊勢平次郎 ルイジアナ





***M・Kさまがご献金を再びなされました。当ブログは、「日本の独立」を旗印にしています。伊勢

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する