2014/09/18 (Thu) 伊勢爺さんは、米国株式相場大学を卒業した
tantrum gorl

じだんだ踏んで、悲鳴を上げることを、tantrumという。タントラムは起きなかった。イエレン連銀議長のFOMCの決定のスピーチは優しかったのである。「私は、雇用よりも賃金の改善を望む~インフレはどこにも見られない」と話したが、金利を上げるとは言わなかったが、「金利が米経済を動揺させるような計画はない」とした。伊勢平次郎

フェデラル・ファンド金利とは

フェデラル・ファンド金利 (フェデラルファンドきんり、Federal funds rate)とは、米国の中央銀行である連邦準備銀行(設立の歴史的経緯から12行ある)の統括機関である連邦準備制度理事会(FRB)が、短期金融市場を操作する目的で調整する政策金利のこと。金利の変更は連邦公開市場委員会(FOMC)で決定される。

フェデラル・ファンドとは、米国の民間銀行が連邦準備銀行に預託をしている無利子の準備金をいう。市中銀行が連邦準備銀行に預託を義務づけられている準備預金は無利子であるから、フェデラル・ファンドの金利はゼロである。世間でフェデラル・ファンド金利と呼ばれているものは、各市中銀行がフェデラル・ファンドの預託金額を維持するために資金を調達する短期金融市場の金利の事である。

市中銀行は義務づけられた準備金の金額を維持するために、資金が不足する場合は他の市中銀行から借りて調達する。また資金に余裕のある場合は、連邦準備銀行に必要以上の金額を預けても無利子であるから、余裕のある資金を他の市中銀行に貸して利子を得ようとする。その市中銀行間の短期資金のやりとりの場である短期金融市場の実勢金利がフェデラルファンド金利と呼ばれるものである。連邦準備銀行は公開市場操作によってフェデラルファンド金利をFRBの決定した政策金利に誘導する。

2007年9月にはサブプライム問題による世界的株安を阻止する措置として、緊急利下げが行われた。

近年の金利の変更

• 1990年7月13日の金利は8.0%だったが、1992年9月4日には3.0%まで下落した。 [1]
• 1992年9月4日の金利は3.0%だったが、1995年2月1日には6.0%まで上昇した。
• 2008年1月22日の金利は3.5%だったが、同年4月30日には2.0%まで下落した。

• 金融危機の影響から断続的に利下げが行われ、2008年10月29日の0.5%利下げで1.0%となったのち、2008年12月17日には更に0.75%引き下げられて0.25%となった(誘導目標年0%~0.25%、米国史上初のゼロ金利政策)。


dow 9.17

伊勢爺さんは、「株式相場大学」の卒業試験に合格した。三日連続で黒字を出した。勿論、学校へ行ったのではないが、独学である。ま、大きな授業料を払わされたよ(笑い)。


連銀(FRB)の利上げスケジュール

Fed Officials Predict Fed Funds Rate to Rise to 1.375% End-2015

By Craig Torres Sep 17, 2014 1:00 PM CT

( Bloomberg) Federal Reserve officials raised their median estimate for the federal funds rate at the end of 2015 to 1.375 percent, compared with 1.125 percent in June.

The rate will be at 3.75 percent at the end of 2017, the Fed said today for the first time as it included that year in its Summary of Economic Projections. That is the same as Fed officials’ longer-run estimate. The median estimate in June for the long-run fed funds rate was also 3.75 percent.

Fed Chair Janet Yellen will elaborate on the outlook at her press conference scheduled for 2:30 p.m. today in Washington.
The central tendency estimate for the longer-run growth rate ranged from 2 percent to 2.3 percent, compared with 2.1 percent to 2.3 percent in June. A year ago, Fed officials forecast the economy’s potential growth rate at around 2.2 percent to 2.5 percent.

Fed officials’ central tendency estimates for 2017 showed gross domestic product expanding at 2.3 percent to 2.5 percent, with the inflation, measured by the personal consumption expenditures price index, rising by 1.9 percent to 2 percent. The unemployment rate will average 4.9 percent to 5.3 percent in the final quarter of that year.

The nation’s GDP will rise 2.6 percent to 3 percent in 2015, the projections showed, and 2.6 percent to 2.9 percent in 2016. The unemployment rate will range from 5.4 percent to 5.6 percent at the end of 2015 and 5.1 percent and 5.4 percent at the end of 2016, the Fed said.


「米国株の推薦」を続けます

在米の応募者の方が、「断念しないで下さい」とメールをくれたからです。一月、二千円に過ぎません。退会も自由ですので応募して下さい。一方で、「株は恐い」という大衆の通念があります。つまり、どのように解説しても、疑いが強ければ、足は一歩も出ません。伊勢爺は、「日本経済は落ちていく」と確信がある。例えば、1ドル=120円は、既に視野に入った。安倍晋三の「成長政策」は論理性に欠ける。失業者は増えないのかも知れないが、平均所得が激減すると確信がある。その先は、福祉国家のモデルしかないとなる。外資は日本から逃げ出す。デフレが脱却できても、物価が上がるので、収入が減ったと同じとなる。中国は日本経済に追い着き~そして追い越す。そうであっても、みなさんの幸せを祈りますが。伊勢平次郎

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン





**M・Kさまが、今月もご献金をなされました。当ブログは、「アメリカからの日本の独立」を旗印にしています。それは、経済力と軍事力増強しかないのです。安倍晋三の経済政策は日本経済を押し下げる。国民の収入は激減する。それでも独立することが大事なのです。疑う勿れ!伊勢


comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する