2014/10/03 (Fri) 潔癖でない安倍晋三
ianhu no

読売の記事を読んで、カーッと頭にきた。安倍晋三にである。2003年に渡米したときも、非難するぺロシに抗議しなかった。現在でも「河野談話」とやらを踏襲している。いまさら、広報でっか? その場逃れの二枚舌嘘三でしょ?広報ではなく~抗議でしょ?このソウルの日本大使館前に慰安婦少女像とやらを設置して、謝罪と賠償を言い続けるパク・クネに抱き着いていく、、男ではない。歌舞伎の女形なんだ。伊勢爺さんは安倍晋三が嫌いだな。伊勢平次郎


朝日報道で「いわれなき中傷が世界に」…首相
2014年10月03日 11時40分

 衆院予算委員会は3日午前、安倍首相と全閣僚が出席して基本的質疑を行った。

 安倍首相は、いわゆる従軍慰安婦に関する朝日新聞の報道が国際社会に与えた影響について、「『日本が国ぐるみで性奴隷にした』といういわれなき中傷が世界で行われている。(慰安婦を強制連行したとする吉田清治氏の虚偽証言を巡る)誤報でそういう状況が生み出されたのも事実だ」との認識を示した。そのうえで、「これまで以上に戦略的な対外発信の強化が必要だ。いわれなき中傷には『そうではない』と発信することが大事だ」と語った。

 質問した自民党の稲田政調会長は、吉田氏の虚偽証言が日本の外交政策や国際社会に与えた影響の検証や、日本の名誉回復の具体策を検討する特命委員会を、同党に新設する考えを表明した。

 この問題に関連し、岸田外相は、米国に慰安婦像などが設置されている状況について、「慰安婦問題を政治問題、外交問題化し、状況を複雑化させるものだ」と批判した。

2014年10月03日 11時40分  読売新聞


日経アメリカ通信 10/3-10/10

 円安ドル高が進行し、あれよという間に一時1ドル=110円の値をつけました。安倍政
権や日銀が狙った通りではあるのでしょうが、日本国内では輸入インフレなど懸念も静
かにわき起こっています。北米や中南米に暮らす読者の皆さまも短期間での変動は他人
事ではないでしょう。円安は日本からの輸出促進などに効果がある一方、海外駐在員の
円建て給与の目減りなど問題点も少なくありません。今後の為替相場はどうなっていく
のでしょうか。日経電子版は様々な角度から為替の行方を報じています。(日経メルマガ)


「米国株の推薦」を続けます

在米の方が応募者されたからです。一月、二千円に過ぎません。退会も自由ですので応募して下さい。一方で、「株は恐い」という大衆の通念があります。つまり、どのように解説しても、疑いが強ければ、足は一歩も出ません。伊勢爺は、「日本経済は落ちていく」と確信がある。例えば、1ドル=120円は、既に視野に入った。安倍晋三の「成長政策」は論理性に欠ける。失業者は増えないのかも知れないが、平均所得が激減すると確信がある。その先は、福祉国家のモデルしかないとなる。外資は日本から逃げ出す。デフレが脱却できても、物価が上がるので、収入が減ったと同じとなる。中国やロシアの経済力は後退していく。伊勢平次郎


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン





**M・Kさまが、今月もご献金をなされました。当ブログは、「アメリカからの日本の独立」を旗印にしています。それは、経済力と軍事力増強しかないのです。安倍晋三の経済政策は日本経済を押し下げる。国民の収入は激減する。それでも独立することが大事なのです。疑う勿れ!伊勢


comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する