2014/10/04 (Sat) 米国株式市場の乱高下


「九月、雇用が320万人も増えた。これは三ヶ月合わせた増加だ。しかし一方で永久雇用が増えていない~賃金は、改善したと言うにはほど遠い~最低賃金が米国議会真っ二つであることから決まらない(よくない)~ドルだけが外国の通貨に対して上げていく、、これが米国だけでなく世界中の株取引が乱高下する原因だ。米連銀の政策が最大の焦点だ。安定するまでは、こういった乱高下の市場だろう」

全くその通りですね。モハメッド・エル・エリアン(51)はPIMCOのビル・グロスの右腕だった。今年の二月、「もっと重要なことがある」と年俸100億円を捨てて、PIMCOを去った。オバマ~ドイツ最大の保険と金融会社~日本の銀行と証券会社などのアドバイザーなのである。伊勢爺が最も信頼する人である。伊勢平次郎


日経アメリカ通信 10/3-10/10

 円安ドル高が進行し、あれよという間に一時1ドル=110円の値をつけました。安倍政
権や日銀が狙った通りではあるのでしょうが、日本国内では輸入インフレなど懸念も静
かにわき起こっています。北米や中南米に暮らす読者の皆さまも短期間での変動は他人
事ではないでしょう。円安は日本からの輸出促進などに効果がある一方、海外駐在員の
円建て給与の目減りなど問題点も少なくありません。今後の為替相場はどうなっていく
のでしょうか。日経電子版は様々な角度から為替の行方を報じています。(日経メルマガ)


「米国株の推薦」を続けます

在米の方が応募者されたからです。一月、二千円に過ぎません。退会も自由ですので応募して下さい。一方で、「株は恐い」という大衆の通念があります。つまり、どのように解説しても、疑いが強ければ、足は一歩も出ません。伊勢爺は、「日本経済は落ちていく」と確信がある。例えば、1ドル=120円は、既に視野に入った。安倍晋三の「成長政策」は論理性に欠ける。失業者は増えないのかも知れないが、平均所得が激減すると確信がある。その先は、福祉国家のモデルしかないとなる。外資は日本から逃げ出す。デフレが脱却できても、物価が上がるので、収入が減ったと同じとなる。中国やロシアの経済力は後退していく。伊勢平次郎


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン





**M・Kさまが、今月もご献金をなされました。当ブログは、「アメリカからの日本の独立」を旗印にしています。それは、経済力と軍事力増強しかないのです。安倍晋三の経済政策は日本経済を押し下げる。国民の収入は激減する。それでも独立することが大事なのです。疑う勿れ!伊勢




comment

<数少ないまともな日系人である伊勢平次郎氏もいうように、アメリカ人は日本の歴史なんかそもそも知らないのだから。日本の外交にもっとも大きく欠落しているのは――日本軍以来の伝統だが――こうしたインテリジェンスである。(池田信夫)

は、は、は 伊勢爺は、それほど偉くはないです。伊勢
2014/10/06 14:30 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢さん、池田信夫氏が紹介していますよ。
アドレス記したところ
>英数字の比率が大きすぎるためスパムと判定されました。

と出ました。池田ブログで検索して、<白人の偏見に迎合する日本人>を見てください。そこに日系人という言葉が終わりに出てきますか、それをクリックすると出てきます。見ている人は見ていますね。


2014/10/05 19:53 | kenji [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する