2014/10/21 (Tue) 安倍晋三は因業者である
obuchi resigned but no 10.20.14

こだわった同時決着 閣僚辞任、官邸「傷を最小限に」
2014/10/21 2:00

 小渕優子前経済産業相と松島みどり前法相はいずれも自発的な辞表提出という形をとった。だがその舞台裏で、首相官邸は2人の同時辞任で決着させることで、政権の傷を最小限に抑えるシナリオを描いていた。

 20日朝、小渕氏が首相官邸に入る直前、公明党の山口那津男代表に電話がかかってきた。安倍晋三首相だった。「ご迷惑をかけて申し訳ありません」。首相は連立政権のパートナーにわびるとこう続けた。「松島さんも辞任する…Nikkei online 10.21.14


小渕経産相と松島法相辞任、首相「深くおわび」
2014年10月20日 13時56分

obuch resign

 小渕優子経済産業相(40)(衆院群馬5区)と松島みどり法相(58)(同東京14区)は20日、閣僚を辞任した。

 小渕氏は関連する政治団体で不透明な資金処理があった問題、松島氏は地元選挙区で「うちわ」を配布した問題の責任を取ったものだ。2012年12月に第2次安倍内閣が発足して以来、閣僚が途中で辞任するのは初めて。安倍首相は20日中に後任を選ぶ方針だが、政権の看板である女性閣僚2人の辞任は、安倍政権にとって大きな打撃となる。

 安倍首相は20日午後、「2人を任命したのは私で、任命責任は私にある。国民の皆様に深くおわび申し上げる。後任の閣僚は今日中に決めたい。ふさわしい方を選びたい」と首相官邸で記者団に語った。

 小渕氏は午前8時20分から約30分間、首相と会談した後、9時40分頃から経済産業省で記者会見を行った。小渕氏は「経済、エネルギー政策に停滞をもたらすことは許されない。大臣の職を辞し、疑念を持たれていることについてしっかり調査し、皆様方にお示しできるよう全力を傾注する」と辞任の理由を説明した。議員辞職は否定した。

 自身の政治資金を巡る問題については「大きな疑問があると言わざるを得ない。第三者的な観点から調査していただく」と述べ、弁護士や税理士に調査を委ねる考えを示した。その上で、「安倍内閣の一員として何一つ貢献できなかったことを心から申し訳なく、おわび申し上げたい」と陳謝した。


伊勢爺の怒り

日本の男たちは、女性をどう思っているのか?これは、辞任劇などではない。詰め腹を切らされたのだ。これでは、日本の「男尊女卑」の悪弊はそのままだということだ。先日、チャンネル桜を見て驚いた。三橋某なる経済評論家と自称するばか者が女性のパネリストを攻撃したのである。司会者もそれを止めなかったのだ。伊勢爺はこの評論家らに不潔な印象を持った。西洋では絶対に起きないことだからだ。欧米では、「女性は守られる者」という大原則がある。その理由は、「女性は母親になる~この世に母親ほど偉いものはない」という道徳なのである。


英語で論戦が出来るのは、伊勢爺だけである

ise heijiro cap

池田信夫さんが「ニューヨーク・タイムスは日本の敵」と書いているよね。ま、朝日のアメリカ版だわな。それで、さっき、池田先生のブログに「伊勢を支援せよ」と書いた。ブルームバーグは経済紙だけど、NYタイムスは政治紙。ここの記事にコメントすると、中国も韓国も沈黙するでしょう。「大衆の受け取り方を変える」と言う大仕事だがね。それに、伊勢は、「敵を味方にする」という目的がある。そうでしょ?伊勢平次郎

対米広報に、ご献金を頂きたい。1000円でよいのです。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


***数人のお方が寄付された。有難うね。伊勢






Iseheijiro • 2 days ago

Putin mentioned nukes again. The boy has no brain to think. Threatening is the sign of weakness. What amazes me is that Russia and US were allies in WWII and Truman destroyed Japan with two a-bombs on the civilian population. Now what?
They are enemies. OK use nukes. I watch big clouds in Moscow or Washington. I don't need either of them.
5 • Edit• Reply•Share ›
Avatar


appster1 Iseheijiro • 2 days ago

Patton was correct when he said that they should finish off the Russians while the US army was still in europe.
2 • Reply•Share ›
Avatar

Iseheijiro appster1 • 2 days ago

I seen the movie but don't know he said that or not. Don't believe movies you saw.
• Edit• Reply•Share ›
Avatar


appster1 Iseheijiro • 2 days ago
He actually said it only I cannot repeat here exactly what he said.
1 • Reply•Share ›
Avatar

Iseheijiro appster1 • 2 days ago

OK. I like Patton. "I love the smell of gunpowder in the morning" actually me too. US should have invaded Soviet and killed Stalin instead of Tojo who fought against communist. Patton knew Stalin was evil.
• Edit• Reply•Share ›
Avatar


Jack Kedovac Iseheijiro • 8 hours ago
In degrees of cruelty, the Tojo regime was just as brutal as the Stalin regime. So, no. Both needed to be vanquished.
• Reply•Share ›
Avatar

Iseheijiro Jack Kedovac • 4 hours ago

Tojo was brutal to who? Japan was fighting against communist. That's why after the war US had to fight against communists alone even today and had to pay for the defense of Japan.
• Edit• Reply•Share ›
Avatar


Jack Kedovac Iseheijiro • 3 hours ago
Hi Isehejijiro.

Hideki Tojo was arrested and sentenced to death for Japanese war crimes by the International Military Tribunal for the Far East. He was hanged on December 23, 1948.
• Reply•Share ›
Avatar

Iseheijiro Jack Kedovac • a few seconds ago

Tokyo trial was a wrongful trial. It was the victor's trial and revenge. Justice Radhabinod Pal (India) argued that the exclusion of Western colonialism and the use of the atomic bomb by the United States from the list of crimes and the lack of judges from the vanquished nations on the bench signified the "failure of the Tribunal to provide anything other than the opportunity for the victors to retaliate". In this he was not alone among Indian jurists, with one prominent Calcutta barrister writing that the Tribunal was little more than "a sword in a [judge's] wig".

comment

kenji先生

当課題は不毛だと思うよ。アメリカの各家庭の家計を日本政府が世論調査することは有り得ないしね。もうやめましょう。さすがに、見合いは西欧には存在しない。だが戦争花嫁~中国女~ロシア女の見合いサイトは多い。どれもアメリカの夫を探している。理由は単純だよね。伊勢
2014/10/22 17:38 | 伊勢 [ 編集 ]

 アメリカの課程におけるお金の支出権は誰が握っているか?
色々ありますが一応中産階級のことです。これはわが国は亭主が給料を女房にわたし、女房がそこからこずかいとして、亭主に渡す。
 私が知る範囲ではアメリカは週給のはずで。亭主がその中から今月はこれでしなさいといって、女房に渡すとおもう。
 この違いを言うのです。
 見合いについてはあるところでカルフォルニアからきた女性に説明した人の話を聞いたが、そのときは私は知っていたので<はとが豆鉄砲をくらっ多様な表情をしたでしょ>というと、ええ<あんびりーばぶる、あんびりーばぶる>といって、アメリカにおける女性のいちについて、話したそうです。
 我々の対外認識はゆがんでいるとはおもいます。
2014/10/22 13:03 | kenji [ 編集 ]

kenji先生

「アメリカは、、」「日本は、、」と一括りに言うのは大きな偏見に繋がるよ。まず、家庭で主導権を握るって何です?僕がいくら48年の在米でも、そんな荒っぽい評価は不可能だよ。それと、小渕女史の政見がここでは問題じゃなくて、些細な不祥事それも本人が直接指図(?)なのかとも検証されないままに処置をしたことが党意でしょう?麻生が論文書いただけの多母神空将を追放したのと同じだよね。それなら、何故、河野洋平はそのまま生きている?矛盾も甚だしい。伊勢
2014/10/22 09:21 | 伊勢 [ 編集 ]

 小渕女史は親支那、韓国派ですよ。
 安倍氏の問題は経済政策、特に原発を作動させるかどうかです。
後は公務員の給料を下げることでしょう。それと政府外郭団体に暗いついている人々の整理でしょう。それと農業問題と、鯨を自由に食べられるように、外交をすることでしょう。インドの例を挙げればいいですが、これがレイシズムの別表ですから、逆に対応することでしょう。
 それとわが国の普通の家庭は女性が経済権を握っているが、アメリカでは男性でしょう。これは一部のアメリカ人女性は知っており、うらやましがっている。
また見合い結婚の話をするとアメリカ人女性はかんがえられないという。

 まず日米はその中産階級が家庭の経済権を誰が握っているかをお互い知ることです。
 これの広報をわが国外務省はアメリカ国内で徹底的にすることだと私はおもっている。
2014/10/22 08:29 | kenji [ 編集 ]

リンク?要らないよ。低脳と話す暇ないよ。伊勢
2014/10/21 20:11 | 伊勢 [ 編集 ]

はなしになりませんね
リンクはひまなときにはずしましょう。
2014/10/21 19:32 | NINJA300 [ 編集 ]

NINJA300さん

根拠ね~? あのね、伊勢爺には時間がないよ。勉強は学校でしなさいね。独学もいいしね。伊勢
2014/10/21 19:13 | 伊勢 [ 編集 ]

あの・・・あーぎゅめんとを批判するのならば、アタマ悪いじゃなくて、その根拠を攻撃してくださいますか?

ただ1人の看板が泣いていますよ。
2014/10/21 18:59 | NINJA300 [ 編集 ]

NINJA300さん

<日本の家では女性が主導権を握っているのです。米国では考えられないことですね。

伊勢爺に反論? rhetoricとか insinuationという英語がわかりますかね?君はアタマ悪いぞ!伊勢
2014/10/21 18:34 | 伊勢 [ 編集 ]

米国女性は気の毒ですね。マーシャルアートやって筋肉鍛える。そうしないと男性に張り合えない。そもそも宗教観からして女性は男性の骨からできているから。日本女性はゆったりとした優しさがありますね、最近はだめになってきているようですが。アマテラスオオミカミは女性です。日本の家では女性が主導権を握っているのです。米国では考えられないことですね。
2014/10/21 18:23 | NINJA300 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する