2014/10/30 (Thu) 世界経済を俯瞰すると


ノリエル・ルービニ NY大学経済学教授は伊勢爺が尊敬する経済学者だ。モハメッド・エル・エリアンは学者ではないが国債の鉄人だ。このふたりのインタビューを伊勢爺はよく聞いている。

まず、このインタビューを聞いて「す~と」理解できるには、伊勢爺のようにアメリカ浪人を48年もやらんとな。経済や学問に関心がなければどうにもならんよ。日本には池田信夫さんのような秀才がおる。だが、実践しているわけじゃないね。さて、内容を要約すると、、

*世界経済という飛行機は四発のエンジンを持つ。アメリカ~ヨーロッパ~チャイナ~日本だ。アメリカを除く三発が煙を上げてバンバン音を出している。この中でもっとも弱いのがヨーロッパで、次が日本。チャイナはここから6%以下の成長だろう。だが、アメリカの問題というのは、二大政党が全く歩み寄らないことだ。いろんな重大な政策が審議にも入っていないままだ。移民法改正と企業税が待ったなし。ほかにも、電力~インフラ(道路、橋、貨物鉄道、港湾)が進んでいないし、多分どれも起きないだろう。私は。欧州、英国、日本の「首相制度」を好む。ダメなら代えればいいからだ。大統領制は変化に追い着かない欠点がある。アメリカは今日で金融緩和政策が終了する。質問は、「いつ利息を上げるだろう?」だが、現状では、6ヶ月~12ヶ月という大雑把な答えしか出せない。一方で、ヨーロッパも日本もどんどん金融緩和を進めている。これはほかに手がないからだ。すると、米ドルだけが上がっていく。これはアメリカの財政収支を圧迫する。利息を上げるのが遅ければ遅いほど、株式証券のバブルのリスクが高まる。日本に戻ると、安倍経済は、消費税を再び上げることは失敗である。今まで、20年のデフレがさらにあと5年は続くだろう。



英語で論戦が出来るのは、伊勢爺だけである

photo 1 (1)

昨日から、「朝日だ」というHNさんが、ブルームバーグのコメント欄に参加している。良いことだ。ただ、「日本の広報」らしく、高校生の論戦に教師が入ってくる違和感がある。それでも、ないよりはマシだ。どうも、日本人にはアメリカの言語文化がわからないようだ。伊勢平次郎

対米広報に、ご献金を頂きたい。1000円でよいのです。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


***数人のお方が寄付された。合計で二万円ほどを頂いた。有難うね。週末に寄付された人々のイニシャルを公開します。伊勢






Iseheijiro • 2 days ago

Putin mentioned nukes again. The boy has no brain to think. Threatening is the sign of weakness. What amazes me is that Russia and US were allies in WWII and Truman destroyed Japan with two a-bombs on the civilian population. Now what?
They are enemies. OK use nukes. I watch big clouds in Moscow or Washington. I don't need either of them.
5 • Edit• Reply•Share ›
Avatar


appster1 Iseheijiro • 2 days ago

Patton was correct when he said that they should finish off the Russians while the US army was still in europe.
2 • Reply•Share ›
Avatar

Iseheijiro appster1 • 2 days ago

I seen the movie but don't know he said that or not. Don't believe movies you saw.
• Edit• Reply•Share ›
Avatar


appster1 Iseheijiro • 2 days ago
He actually said it only I cannot repeat here exactly what he said.
1 • Reply•Share ›
Avatar

Iseheijiro appster1 • 2 days ago

OK. I like Patton. "I love the smell of gunpowder in the morning" actually me too. US should have invaded Soviet and killed Stalin instead of Tojo who fought against communist. Patton knew Stalin was evil.
• Edit• Reply•Share ›
Avatar


Jack Kedovac Iseheijiro • 8 hours ago
In degrees of cruelty, the Tojo regime was just as brutal as the Stalin regime. So, no. Both needed to be vanquished.
• Reply•Share ›
Avatar

Iseheijiro Jack Kedovac • 4 hours ago

Tojo was brutal to who? Japan was fighting against communist. That's why after the war US had to fight against communists alone even today and had to pay for the defense of Japan.
• Edit• Reply•Share ›
Avatar


Jack Kedovac Iseheijiro • 3 hours ago
Hi Isehejijiro.

Hideki Tojo was arrested and sentenced to death for Japanese war crimes by the International Military Tribunal for the Far East. He was hanged on December 23, 1948.
• Reply•Share ›
Avatar

Iseheijiro Jack Kedovac • a few seconds ago

Tokyo trial was a wrongful trial. It was the victor's trial and revenge. Justice Radhabinod Pal (India) argued that the exclusion of Western colonialism and the use of the atomic bomb by the United States from the list of crimes and the lack of judges from the vanquished nations on the bench signified the "failure of the Tribunal to provide anything other than the opportunity for the victors to retaliate". In this he was not alone among Indian jurists, with one prominent Calcutta barrister writing that the Tribunal was little more than "a sword in a [judge's] wig".

comment

上の投稿さん

有難うね。問題はこれでも、河野談話を踏襲する安倍晋三です。その精神がよく解からない。アメリカの日本人の子供が韓国人の子供に苛められているが、外務省は何をしている。茂木弘道先生がそういう訴えがあったので、「英語で慰安婦強制連行は事実じゃない」と米国の教育関係者に配信したとメールをくれた。未だに、慰安婦少女像は撤去されないのも、こういった首相の態度にある。伊勢
2014/11/02 01:33 | 伊勢 [ 編集 ]

http://www.sankei.com/column/news/141101/clm1411010007-n1.html
2014.11.1 09:05 【緯度経度】
古森義久 慰安婦問題、米から支援の声

マイケル・ヨン氏といえば、全米で知られたフリーのジャーナリストである。
2003年からの米軍のイラク介入で前線に長期滞在し、迫真の報道と論評で
声価をあげた。
09年ごろからはアフガニスタンでも同様に活動し、米国内での知名度を
さらに高めた。名前からアジア系を連想させるが、祖先は欧州系、数世代が
米国市民だという。

ヨン氏のリポートは米紙ウォールストリート・ジャーナル、
ニューヨーク・タイムズや雑誌多数に掲載され、大手テレビ各局でも
放映された。「イラクの真実の時」といった著書なども話題を集めてきた。

そんな著名な米国のジャーナリストが日本の慰安婦問題の調査に本格的に
取り組み始めた。米国、日本、韓国、タイ、シンガポールなどでの取材を
すでにすませた段階で、ヨン氏は「米欧大手メディアの『日本軍が組織的に
女性を強制連行して性的奴隷にした』という主張は作り話としか思えない」
と明言する。

ヨン氏はこの趣旨の調査報告をまもなく米国系のメディアで公表する
というが、自分自身のホームページでは「慰安婦問題での日本糾弾は特定の
政治勢力の日本叩(たた)きだ」とまで断言する。慰安婦問題での世紀の
冤罪(えんざい)を晴らそうとする日本の対外発信の試みにとっても、
やっと一条の光が米国側から差してきたようだ。
-----------------------------------------------------------------------------
http://cooljapan2.jugem.jp/?eid=2278
https://www.facebook.com/MichaelYonFanPage?hc_location=timeline
https://www.facebook.com/MichaelYonFanPage/photos/a.235978145664.135781.207730000664/10152466552715665/?type=1&theater
Michael Yon Japan: The Comfort Women friction rages on
2014/11/01 16:16 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する