2014/11/17 (Mon) ええ格好しの終焉!
伊勢爺が警鐘をガンガン鳴らしたが、安倍晋三は聞く耳を持たない男であった。池田信夫さんが的を得た記事を書かれているので、伊勢は控えることにした。写真も出さない。あまりにも情けないからだよ。伊勢平次郎


アベノミクスの終焉

今年の7~9月期のGDP速報値が、予想以上に悪かった。これを増税の影響だという人が多いが、それは誤りである。増税の影響は一過性なので、右の図(朝日新聞)の比較でもわかる通り、半年たつとGDPはプラスに戻るのが普通だ。増税率はほとんど同じなので、この差は消費税以外の要因と考えるしかない。

GDP統計の中身をみると、家計消費は+0.3%に回復している一方、住宅投資が-6.7%と大幅に落ちたのがきいている。これは地価上昇を見込んで駆け込み的に行なわれた住宅投資の反動だろう。設備投資も-0.2%で、これは円安やエネルギー価格の上昇によるコストアップが原因だ。3%の消費増税より、2年で40%以上も上がったドルの影響のほうが大きいのだ。

他方、アベノミクスでもっとも期待されていた円安による外需の寄与度は、+0.1%だ。去年までずっとマイナスだったのがわずかにプラスに転じたが、ネットの効果はほとんどない。唯一の効果は、財政支出である。公的資本形成は、7~9月期も+2.2%になった。

要するに「輪転機ぐるぐる」でインフレ・円安にして景気を回復させようというアベノミクスのねらいは、空振りに終わったということだ。デフレ脱却で実質賃金が下がり、個人消費は落ちた。円安で企業のコストが上がり、設備投資が大きく減った。

民主党の枝野幹事長の「アベノミクスは株価を上げることには効果があっても、われわれの想像以上に実体経済に悪い影響を与えている」というコメントは、珍しく的確だ。金融政策は資産価格を動かすことはできても、GDPを引き上げることはできないのだ。

これで増税の先送りはほぼ確実だが、こんなボロボロの状態で解散・総選挙はできるのだろうか。野党が「アベノミクスの失敗」を攻撃し、日銀総裁の更迭を求めて選挙戦を展開したら、自公は過半数を割るのではないか。(池田信夫ブログより)


英語で論戦が出来るのは、伊勢爺だけである

iseheijiro horse

対米広報に、ご献金を頂きたい。1000円でよいのです。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


***M・Kさまが再びご寄付を下さった~I・Nさま(ご婦人)~F・Kさま~O.Nさまと数人のお方がご寄付された。有難うね。伊勢







Iseheijiro • 2 days ago

Putin mentioned nukes again. The boy has no brain to think. Threatening is the sign of weakness. What amazes me is that Russia and US were allies in WWII and Truman destroyed Japan with two a-bombs on the civilian population. Now what?
They are enemies. OK use nukes. I watch big clouds in Moscow or Washington. I don't need either of them.
5 • Edit• Reply•Share ›
Avatar


appster1 Iseheijiro • 2 days ago

Patton was correct when he said that they should finish off the Russians while the US army was still in europe.
2 • Reply•Share ›
Avatar

Iseheijiro appster1 • 2 days ago

I seen the movie but don't know he said that or not. Don't believe movies you saw.
• Edit• Reply•Share ›
Avatar


appster1 Iseheijiro • 2 days ago
He actually said it only I cannot repeat here exactly what he said.
1 • Reply•Share ›
Avatar

Iseheijiro appster1 • 2 days ago

OK. I like Patton. "I love the smell of gunpowder in the morning" actually me too. US should have invaded Soviet and killed Stalin instead of Tojo who fought against communist. Patton knew Stalin was evil.
• Edit• Reply•Share ›
Avatar


Jack Kedovac Iseheijiro • 8 hours ago
In degrees of cruelty, the Tojo regime was just as brutal as the Stalin regime. So, no. Both needed to be vanquished.
• Reply•Share ›
Avatar

Iseheijiro Jack Kedovac • 4 hours ago

Tojo was brutal to who? Japan was fighting against communist. That's why after the war US had to fight against communists alone even today and had to pay for the defense of Japan.
• Edit• Reply•Share ›
Avatar


Jack Kedovac Iseheijiro • 3 hours ago
Hi Isehejijiro.

Hideki Tojo was arrested and sentenced to death for Japanese war crimes by the International Military Tribunal for the Far East. He was hanged on December 23, 1948.
• Reply•Share ›
Avatar

Iseheijiro Jack Kedovac • a few seconds ago

Tokyo trial was a wrongful trial. It was the victor's trial and revenge. Justice Radhabinod Pal (India) argued that the exclusion of Western colonialism and the use of the atomic bomb by the United States from the list of crimes and the lack of judges from the vanquished nations on the bench signified the "failure of the Tribunal to provide anything other than the opportunity for the victors to retaliate". In this he was not alone among Indian jurists, with one prominent Calcutta barrister writing that the Tribunal was little more than "a sword in a [judge's] wig".


comment

<最初に嘘をついて、これを広めたのはGHQだから、嘘が暴かれることを、 わが祖国・米国も喜びはしない。しかし、来年は戦後70年だ。 そろそろ、日本は近現代の間違った歴史認識の修正を堂々と 主張すべきである。今こそ反撃せよ、ニッポン!

ギルバートさんの熱意を安倍総理に持ってもらいたいが、ダメだろう。だから、伊勢爺がブルームバーグ紙の論争欄で論戦しているのだ。伊勢
2014/11/18 18:04 | 伊勢 [ 編集 ]

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141118/dms1411181140003-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141118/dms1411181140003-n2.htm


近年、「歴史修正主義」という言葉を目にする機会がある。
通常あまり良い意味では使われない。「ホロコーストはなかった」などの、
荒唐無稽な主張がこう呼ばれる。

ナチスによってユダヤ人虐殺が行われたことは歴史的真実であり、
十分な証拠がある。ところが、歴史修正主義者は自らに不利な圧倒的多数の
証拠は無視し、小さな争点を拡大解釈して不毛な論争を創り出す。
結果、「歴史修正主義」は「歴史創作主義」といった、侮蔑的ニュアンスを
帯びる言葉となった。

いわゆる「従軍慰安婦の強制連行」は、最初は小説内の創作だった。
それが反日的プロパガンダによって、いつの間にか歴史的事実として
世界中に認識された。歴史の創作(捏造)がまさに完成しつつあったのだ。
歴史の真実を伝える側が、逆に「歴史修正主義者」として非難されてきた。

朝日新聞の意図的とも思える「誤報」と、その後の放置、誤報の拡散に
加担した日本人弁護士、「日本たたき」の結論ありきで、真実の追究は
二の次だった国連人権委員会、加えて、日本的な「事なかれ主義」で、
毅然たる対応を取らなかった外務省や政府の責任は重い。

慰安婦問題に限らず、日本の近現代史では後から創作された話が、
世界では「正しい歴史」として認識されているケースが多々ある。
代表例は日本が東南アジア諸国や中国大陸で「侵略戦争を行った」
という話である。

はっきり言うが、これは戦後占領政策の一部としてGHQ
(連合国軍総司令部)が世界中に広めたプロパガンダである。
慰安婦問題と 同様、真実とは異なる嘘が、今や「歴史的事実」として
認識されている。

GHQの最高責任者だったダグラス・マッカーサー元帥自身が後に
「日本の戦争は、安全保障(自衛)が動機だった」と米上院の特別
委員会で証言したのは、彼の懺悔とも受け取れる。

しきりに「侵略戦争」や「歴史認識」などの言葉を用いて日本を
責めたてる国は、GHQのプロパガンダの恩恵を最大限に受けた国である。

戦後、アジア諸国で唯一、驚異的なスピードで復興を果たして
先進国となった「優等生」は、近所の「不良」から見れば心底妬ましい
存在 であり、ゆすり・タカリの格好の対象だった。

GHQの思惑通り、罪悪感を刷り込まれた優等生は、不良にせがまれて金を
払い続けた。結果、不良は少し裕福になったが、妬ましい優等生に対して
感謝の気持ちなど持つはずがない。現在は優等生が過去の真実を知り、
「今までよくもやってくれたな!」と言い始めることを最も恐れている。

最初に嘘をついて、これを広めたのはGHQだから、嘘が暴かれることを、
わが祖国・米国も喜びはしない。しかし、来年は戦後70年だ。
そろそろ、日本は近現代の間違った歴史認識の修正を堂々と
主張すべきである。今こそ反撃せよ、ニッポン!

ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。
1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。80年、法学博士号・
経営学修士号を取得し、国際法律事務所に就職。
83年、テレビ番組「世界まるごとHOWマッチ」にレギュラー出演し、
一躍人気タレントとなる。現在は講演活動や企業経営を行うなか、
公式ブログ『ケント・ギルバートの知ってるつもり』(http://ameblo.jp/workingkent/)で、問題提起を行っている。
最新刊は「不死鳥の国・ニッポン」(日新報道)。
2014/11/18 17:40 | [ 編集 ]

スポンサーサイトが付いているけど、削除方法はないかな?どなたか教えて。伊勢
2014/11/17 21:00 | 伊勢 [ 編集 ]

kenji先生

アベノミクスは安倍晋三の考えだったのか判らないが、現実を知っている者には頓珍漢なんですよ。この人間は自分で家を買ったこともないでしょう。僕ら夫婦は三つの不動産を通過してここに落ち着いた。その時代の経済と戦って来た。今もね。田中角栄のような「ゴム長総理大臣」が出現しないと日本は底上げが不可能なんです。伊勢
2014/11/17 20:58 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢さん、現在の60代70代の人々の了見を見ると、恐ろしい気がしますよ。明快に二つにわかれています。非常に小さい世間のことのみを考えており、政府財政赤字などなんら考えていません。そもそもそれが自分たちに、重大な影響があると思っている人はありませんよ。
 国債の仕組みすら、それがどのようなものか普通に知ろうともしていません。無関心そのものです。
 国内ですることは決まっています。
健康保険制度と年金制度と公務員の削減です。それと軍事力の増強です。
2014/11/17 20:31 | kenji [ 編集 ]

kenji先生

ずいぶん悲観的ねえ。ぼくは「マイナー」だと思っている。株価は3%の下落だけども、今まで加熱し過ぎだからね。8%とか10%下落は大きいけどね。解散はするべきでないが、この安倍晋三という男には明確な自分の考えがないのです。これが「意思なき集団思考」の落とし穴なんだ。伊勢
2014/11/17 20:07 | 伊勢 [ 編集 ]

 妄想また予測、
 現在の国の負債を作ったのは今の60代70代でしょう。したがって、彼らに負担をさせるのが政策としていいと私は思う。その意味でこれはいい事ではないか?
 削減するのは社会保障費で特に国民健康保険と年金です。
後は公務員の賃金です。議員の削減です。
上記三つをすることになるが、それは結局インフレでしょう。
近いうちに大インフレをして、負債をチャラにして、新しく出発すればいい。そのとき物を言うのは海外資産だが、これの保持を考えることだと思う。各個人は自己防衛しか道はなく、それにはアメリカ株でしょう。
 大東亜戦争は結局神風という形で、若い人に負担をさせた。
現状も同じようですから今度は老人が出撃するのが私はすじだと思う。実際そのようになる。ならなければ、わが国は外国の支配下になって、もっと悲惨な世界へと進む。
2014/11/17 19:19 | kenji [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する