2014/11/27 (Thu) 米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず、、
ianhu no

米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず…日本側の主張の強力な後押しに

米政府がクリントン、ブッシュ両政権下で8年かけて実施したドイツと日本の戦争犯罪の大規模な再調査で、日本の慰安婦にかかわる戦争犯罪や「女性の組織的な奴隷化」の主張を裏づける米側の政府・軍の文書は一点も発見されなかったことが明らかとなった。戦時の米軍は慰安婦制度を日本国内の売春制度の単なる延長とみていたという。調査結果は、日本側の慰安婦問題での主張の強力な補強になることも期待される。

 米政府の調査結果は「ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班(IWG)米国議会あて最終報告」として、2007年4月にまとめられた。米側で提起されることはほとんどなかったが、慰安婦問題の分析を進める米国人ジャーナリスト、マイケル・ヨン氏とその調査班と産経新聞の取材により、慰安婦問題に関する調査結果部分の全容が確認された。
 
調査対象となった未公開や秘密の公式文書は計850万ページ。そのうち14万2千ページが日本の戦争犯罪にかかわる文書だった。

 日本に関する文書の点検基準の一つとして「いわゆる慰安婦プログラム=日本軍統治地域女性の性的目的のための組織的奴隷化」にかかわる文書の発見と報告が指示されていた。だが、報告では日本の官憲による捕虜虐待や民間人殺傷の代表例が数十件列記されたが、慰安婦関連は皆無だった。

 報告の序文でIWG委員長代行のスティーブン・ガーフィンケル氏は、慰安婦問題で戦争犯罪の裏づけがなかったことを「失望」と表明。調査を促した在米中国系組織「世界抗日戦争史実維護連合会」の名をあげ「こうした結果になったことは残念だ」と記した。

 IWGは米専門家6人による日本部分の追加論文も発表した。論文は慰安婦問題について(1)戦争中、米軍は日本の慰安婦制度を国内で合法だった売春制の延長だとみていた(2)その結果、米軍は慰安婦制度の実態への理解や注意に欠け、特に調査もせず、関連文書が存在しないこととなった-と指摘した。
 
ヨン氏は「これだけの規模の調査で何も出てこないことは『20万人の女性を強制連行して性的奴隷にした』という主張が虚構であることを証明した。日本側は調査を材料に、米議会の対日非難決議や国連のクマラスワミ報告などの撤回を求めるべきだ」と語った。(ワシントン駐在客員特派員・古森義久)

◇【ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班(IWG)】 

クリントン政権時代に成立した「1998年ナチス戦争犯罪開示法」と「2000年日本帝国政府開示法」に基づき、第2次大戦での日独両国の戦争犯罪の情報開示を徹底させる目的で00年に始まった調査。国防総省、国務省、中央情報局(CIA)、連邦捜査局(FBI)などに未公開の公式文書を点検し戦争犯罪に関する資料の公開を指示した。

IWG

The Nazi War Crimes and Japanese Imperial Government Records Interagency Working Group

The Nazi War Crimes and Japanese Imperial Government Records Interagency Working Group (IWG) locates, identifies, inventories, and recommends for declassification, currently classified U.S. records relating to Nazi and Japanese Imperial Government war crimes. Once declassified, these records are released to the American public. The group, consisting of high-level representatives from federal agencies and public members, was established by the Nazi War Crimes Disclosure Act and the Japanese Imperial Government Disclosure Act.

Since 1999, the IWG has declassified and opened to the public an estimated 8 million pages of documents, including 1.2 million pages of OSS records; 74,000 pages of CIA name and subject files; more than 350,000 pages of FBI subject files; and nearly 300,000 pages of Army intelligence files. The once secret records are helping to shape our understanding of the Holocaust, war crimes, World War II and postwar activities of U.S. and Allied intelligence agencies.
The IWG has issued two interim reports to Congress (in October 1999 and March 2002), and it issues news releases and occasionalnewsletters, and has published a book. Several publications are forthcoming.


カバーモロン血風録の_convert_20141125023621

「モロン血風録」を5日ほどで完成して、キンドルで出版します。「モロン(MORON)」とは、「低脳児」という意味のスラングなのです。ブルームバーグ経済新聞の論争欄の論戦を豆本にして、日本の外ではこういう論戦をやっているという電子本です。日本人で唯一の英語の論客である伊勢爺さんが発表します。買ってくださいね!伊勢平次郎 ルイジアナ






MZ・TKさまが再び、ご献金を下さった。このお方は、七年もの年月、伊勢を支援して下さっている。どう、ご恩を返せるのか?「今やっていることを続けよ!」というご意志なのだと理解している。感謝しています。伊勢

comment

<河野談話見直し狙う=米紙、「歴史修正主義」を批判

NYタイムスは経営危機の火車の真っ最中です。昨日かな大量解雇とこのままだと売却しかないと思うよ。頼りのリベラルまでが離れた。当たり前だわな(笑い)。安倍晋三はさっさと新談話を出せ!またやらないかな?伊勢
2014/12/03 21:35 | 伊勢 [ 編集 ]

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014120300365

河野談話見直し狙う=米紙、「歴史修正主義」を批判

【ニューヨーク時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は2日、
従軍慰安婦に関する記事取り消しをめぐる日本国内の「朝日新聞攻撃」を
取り上げ、この風潮は歴史修正主義者を大胆にしており、安倍晋三首相らは
慰安婦問題で謝罪した1993年の河野洋平官房長官談話を見直す
チャンスだと捉えていると批判的に報じた。
同紙は、慰安婦の記事を書いた元朝日新聞記者とその家族や勤務先が
脅迫の対象になっていると指摘。「彼ら(歴史修正主義者)は歴史否定のため
脅迫を活用し、われわれを沈黙させたがっている」との元記者の話を伝えた。(2014/12/03-12:25)
2014/12/03 17:30 | [ 編集 ]

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42355
米国の著名ジャーナリスト、慰安婦問題の真実解明に着手
日本の濡れ衣は晴らされるのか?  2014.12.03(水) 古森 義久

●慰安婦問題の取材を始めたマイケル・ヨン氏
●なぜヨン氏は面会を求めてきたのか

ヨン氏は、一体なぜ日本の慰安婦問題に関心を抱いたのだろうか。
本人に問うと、まず最近、タイを拠点としてアジアの諸問題に
目を向けるうち、地政学的な観点から、慰安婦問題が日本、中国、韓国、
そして米国までをも巻き込む政治や安保に影響する大きな摩擦要因
となっていることが分かってきたという。

ヨン氏が私に面会を求めてきたのは、米国のテレビ番組での私の発言を
知っていたからだという。
2007年5月、ワシントン駐在の産経新聞特派員だった私は、
ニューズウィーク国際版の編集長などを務めた米国人ジャーナリストの
ファリード・ザカリア氏から、慰安婦問題についてのテレビインタビューを
受けた。ザカリア氏は、全米各地にネットワークを広げる
PBS(公共放送網)テレビに定期的なニュースインタビュー番組を
持っており、その番組への出演を私に求めてきたのだ。

私は、日本軍が女性たちを組織的に強制連行した事実はないという点などを
強調した。この応答はビデオとなり、その後も関係者たちの間では
参照されてきた。ヨン氏はその番組のビデオを3回も見たのだという。
そして私の当時の発言に強い関心を抱いたとのことだった。

●「強制連行の主張は虚構であることを確信」
●いまこそ日本は濡れ衣を晴らすとき
2014/12/03 09:39 | [ 編集 ]

女衒?朝鮮人の女衒でしょ?では、朝鮮人が朝鮮人を騙したってことじゃないのか?当時、朝鮮は日本の一部で、朝鮮人も法的日本人だった。売春を強制したって?では、何故、朝鮮人の男や朝鮮系の日本兵は抗議しなかったのか?不思議な話しだな。伊勢
2014/11/29 21:38 | 伊勢 [ 編集 ]

http://www.bbc.com/news/magazine-30212673

日本がやったのと違って彼女たちは性奴隷ではなかった。
公的な強制的健康診断の形で政府が関与したということ。

目的をよく知らされないまま「慰安婦」になり、
女衒に借金することを通じて縛りつけられた。

健康診断は、性病に係るもののみ。

もちろん、自分の意思で「慰安婦」になったものもいたが・・。

今では米軍は買春を禁じているし、韓国も2004年から売買春を
(守られていないが)禁止した。
2014/11/29 14:29 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する