2014/12/06 (Sat) ばか者め!
jpy depreciation

円安「企業努力の限界超えた」…再値上げも模索
2014年12月06日 08時46分

 急速に進む円安や原材料の相場上昇で年明けから、輸入原料を使う食品を中心に値上げの動きが相次ぐ。

 昨年からの円安傾向ですでに値上げした商品でも一段と円安が進んだため、再値上げを模索する動きもある。

 文具大手コクヨは5日、領収書やバインダーなどの事務用品1122品目を来年1月から1・5~23・5%値上げすると発表した。値上げは6年ぶり。紙や樹脂など輸入原材料の価格が「想定以上の円安」(広報)で上昇したためだ。

 原材料の多くを輸入に頼る食品業界は、食用油やパスタ、冷凍食品、カレールー、アイスクリーム、紅茶など幅広い商品での値上げを決めた。1~3月には容量を減らすことも含めて10%程度の値上げとなる商品が多い。

 ワインやチーズなど、既に値上げされてきた商品も、最近の円安で「来年の再値上げも検討せざるを得ない」(ワイン大手)。コンビニエンスストアも、現状の円安水準が続けば「一部商品の値上げは避けられない」(ファミリーマート)とみる。4月の消費増税に伴い値上げに踏み切った牛丼チェーンは輸入肉の価格に気をもむ。「1ドル=120円まで円安が進んだ影響は大きい」と円相場の動向に神経をとがらせる。円安の進行について「企業努力で吸収できる限界を超えた」(食品大手)との声も出ている。

(2014年12月06日 08時46分 読売新聞)


伊勢爺の言った通りではないか!ばか者め!

abe listens to Krugman 11.21.14

「アベノミクスは失敗する」と伊勢爺は二年前から一貫して警告してきた。1000兆円もの赤字を抱えてまで黒田日銀は量的金融緩和を強行した。昨日は、この新聞社の友人にメールを出して警告した。彼も、たいへん心配だと。その通りになったぞ!日本人は、この程度のアタマか?何故、大衆は意見を持たないのか?天が笑っておるわな。伊勢平次郎


カバーモロン血風録炎上の

表紙だけでも、漫画でと思う。全部漫画にするのは無理がある。何を口論しているのかを解説しないと日本人には無理だろう。伊勢平次郎







海外広報に、ご献金を頂きたい。1000円でよいのです。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

MZ・TKさまが再び、ご献金を下さった。このお方は、七年もの年月、伊勢を支援して下さっている。どう、ご恩を返せるのか?「今やっていることを続けよ!」というご意志なのだと理解している。感謝しています。伊勢





comment

kenji先生

<何か背後にあると見ている。元は国債でしょうね。

ポピュリズムです。安倍晋三にはその傾向が第一次政権からあった。何の政見もないということです。オバマもそうです。「1000兆円の借金を後の世代に先送りする」という無責任な精神なんです。国民は鳩山が帰って来るよりはいいと自公を再び与党に置く。そうして、四年が経ってみると日本が社会主義に大きく傾斜している。それでも良いならそれも民意。だが、ど貧乏国になり、経済再建は不可能となる。日本人の気力のなさは自滅の心。もう負けているんです。だから、何の意見もなく漂流を続けるわけです。伊勢
2014/12/06 21:24 | 伊勢 [ 編集 ]

 空々しい値上げ。円高時でもアイスクリームは小さくなって、同じ値段だった。金価格のように値段が為替によって、上下するといいと思う。
 円安は輸入品をつかって国内消費をしている企業には困るでしょう。
それではその逆円高の時はその逆がおきる。
 最近アル品物を注文したら2.5倍になっていた。いくらなんでもこれはと思ったが、震災以降供給側の能力が落ちて、たぶん需要と供給のバランスがとれはじめて、さらに供給能力が落ちたことが、この値上げの大きなオ要因で、円安は確かにもとであるが出汁に過ぎないのではと思う。
 何か背後にあると見ている。元は国債でしょうね。
2014/12/06 15:11 | kenji [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する