2014/12/15 (Mon) 安倍晋三に「エール」を送る。だが、、
abe won 12.14.14

国民の審判が下った。これで二度、信任を受けたわけだ。民主主義の原則は民意に従うことである。伊勢爺は取り敢えず「エール」を送りたい。だが、消費による成長経済政策は、これからも厳しい批判を浴びるだろう。伊勢平次郎


カバーモロン血風録炎上の

表紙だけでも、漫画でと思う。全部漫画にするのは無理がある。何を口論しているのかを解説しないと日本人には無理だろう。インターネット上のコピー権は訴訟にならないと言われるが、匿名のコメントは日本語となる。伊勢爺のコメントだけが英和である。伊勢平次郎






海外広報に、ご献金を頂きたい。1000円でよいのです。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

MZ・TKさまが、今月も、20、000円ものご献金を下さった。このお方は、七年もの年月、伊勢を支援して下さっている。また、IS・NA(ご婦人)が、5000円ものご献金を下さった。どう、ご恩を返せるのか?「今やっていることを続けよ!」というご意思なのだと理解している。感謝しています。伊勢

comment

kenji先生

消費税推進派は財務省の官僚。自分の保身のためです。財務省の権限を解体しなければ、構造改革は出来ないわけです。財務省は規制で飯を食っているから規制緩和に大反対なのですね。だから、安倍vs財務省の内戦なのです。ついでに、反日外務省の予算を半分にするべし!伊勢
2014/12/15 14:12 | 伊勢 [ 編集 ]

 今回は信任投票のいみがあったが。内実を見ると安倍氏が進める政策は逆に頓挫するのではと思う。私は負けたと見ている。アメリカとは政治風土が異なるからです。
 それと消費税を調べたがこれをあげることで経済が成長すると思う人は、おろかに過ぎないと思う。気がつかなかったが、その仕組みを見ると消費税は経済を成長させる要因はない。したがって、あげれば上げるほど、悪くなる構造を消費税は持っている。
 おそらく官僚にはそれは当然事ですが財政再建に目を奪われているからそれが見えないかもしれない。
 
2014/12/15 13:37 | kenji [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する