2014/12/15 (Mon) アメリカに人種問題はない。黒人問題なのである
misouri unrest 8.17.14

日本の新聞記事は、「白人の警官が十八歳の武器を持っていない少年を射殺した~大陪審が警官を無罪放免にしたためにミズーリ州のファーガソンが暴動の炎に包まれた」とだけ報道した。伊勢爺はそう受けとっていない。アメリカに人種問題などはない。黒人問題があるだけである。このように、在米の伊勢爺さんと日本の新聞社の国際部でも大きく違うのだ。これ以上書くのは憚れるから、コメント欄に、一つ映像を載せておきます。一目瞭然です。伊勢平次郎 ルイジアナ


カバーモロン血風録炎上の

表紙だけでも、漫画でと思う。全部漫画にするのは無理がある。何を口論しているのかを解説しないと日本人には無理だろう。インターネット上のコピー権は訴訟にならないと言われるが、匿名のコメントは日本語となる。伊勢爺のコメントだけが英和である。伊勢平次郎






海外広報に、ご献金を頂きたい。1000円でよいのです。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

MZ・TKさまが、今月も、20、000円ものご献金を下さった。このお方は、七年もの年月、伊勢を支援して下さっている。また、IS・NA(ご婦人)が、5000円ものご献金を下さった。どう、ご恩を返せるのか?「今やっていることを続けよ!」というご意思なのだと理解している。感謝しています。伊勢

comment

南北朝鮮に関するわが国国内の報道と同じですね。歴史的記述においても同じです。
 前方後円墳が朝鮮においても発見された、築城年代を測定したら、朝鮮のほうがあたらしかった。この事実ひとつで奈良朝以前の歴史的記述の変更は必要となるわけだが、何でも韓国は古墳の形を変えているという。土器についても、縄文式時が朝鮮において発見されている。
 さらに妄想を述べると、,古事記、万葉集や日本書紀に記されている日本語は当時作られた言語ではないかということです。一種の公式文書として、それまであった言語を基にして、作られた言語で、その作られた言語で記されているところはよめるが、当時の言語(?)そのままに書かれた言葉は読むのができない。表記方法もさだかではない。それは当時の神の名前の書き方に大きな問題があり、また、その、読み方にも問題がある。一度その部分だけでも、見られるといい。そくざに誰でも疑問に思うことが出てきます。何でこのように読むのかと?股なぜこのように記述するのかと?高校のとき思いましたが先生にはきかなかった。たぶん答えられないと思ったからです。
 わが国が世界で生き残るつもりなら、南北朝鮮とは、断交以外にその選択肢はない。ちょうど支那満州問題でアメリカと戦争をするという選択肢がなかったように。
 我々にとって、南北朝鮮はわが国の外交、内政問題への認識とその解決方法を探るためにだけある存在に過ぎない。
 それ以上の付き合いは必要はまったくない。
 
ではどのようにするか。現在朝鮮は南北に分かれている。ではわが国も似たように分かれているのではないか。自民党が南朝鮮的、それ以外は北朝鮮的です。そして自民党、そのほかに共通するものは、明治以降生じた政治形態のなれのはてで、その手法は、倒幕攘夷か開国です。つまり国内は絶えず倒幕つまり改革で社会世間を壊す行動をする。そして外交は攘夷か開国です。TPPをその支店でみるといい。
 ちょうど南北朝鮮が北は拉致、南は産経新聞ソウル局長の西洋的手法による拉致というように。
 うまく説明できたかわからにが、まあそのようなことです。
2014/12/16 09:05 | kenji [ 編集 ]

これが射殺されたマイケル・ブラウンの正体なのだ。アメリカの黒人は、同じ黒人を一年に1000人以上殺している。ほとんどが麻薬犯罪と家庭内暴力だそうである。精神科のカウンセラーと話したので事実だろう。また刑務所の70%が黒人である。

http://hardnoxandfriends.com/2014/12/10/breaking-the-real-michael-brown-they-dont-want-you-to-see-shocking-video-release/

2014/12/15 18:32 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する