2014/12/20 (Sat) キューバと伊勢爺
https://plus.google.com/116999686175734027318/posts/FNKd9dEiWY2?cfem=1&pid=6094378236078366946&oid=116999686175734027318&authkey=CO2N7cWW-czlHQ  (コピぺして見てね)

うちのカミサンが作った。動画ではないが、アルバムとジャズのBGMだよ。伊勢爺さんがパッカードの横に写ってるよ(笑い)。8年前かな?ニューオーリンズ~マイアミ~バハマ~キューバに飛んだ。二日もかかるのだ。アメリカは、キューバ革命(1959)より、国交を断交してきたので、今でも直行便はない。ところが、ここ数日、ホットニュースとなっている。オバマが「キューバと講和する」と言ったからだ。


cuba map japanese

「カリブ海の宝石」キューバは、日本の本州の半分の大きさである。人口は1100万人。気候温暖で、人々は優しい。暴力の全くない国である。言語はスペイン語で、人口の半分以上がカトリック教徒だ。だから、ローマ法王がオバマとカストロの仲裁に入ったのだ。ところで、わが家はこのマップには出てこないが、ニューオーリンズは左にある。そのニューオーリンズからマイアミへ行くのも、ハバナへ直行するのも同じ距離なのだ。うちのは、スチュワデスを44年勤めた兵(つわもの)だ。彼女が言うには、「もともと、ニューオーリンズがキューバへ行くハブ空港だった」のだとさ。すると、全米からニューオーリンズに飛んで来るではないか!「ハハッ!すると俺さまは、再び金鉱を掘り当てたんだわな」と思ったよ。「そうだわよ」とカミサンまでが、、(笑い)。

どういうことかと言うと、わが家は、ニューオーリンズ空港から35分の湖畔にあるわけさ。この森と湖の700坪がたいへん価値のあるもに化けるというわけさ。だが、共和党はオバマにはやらさないから、三年はかかるだろうね。僕ら夫婦はこの屋敷を売って、キューバに移住する計画を持っていたが、これで、移住する理由がなくなったわけだよ。だって、1時間30分でハバナやサンチャゴ・デ・キューバに飛べるわけだからね。これがサンフランシスコとハワイなら、6時間もかかるよ。伊勢爺は「ハワイよりもキューバが美しいし~スペイン時代より歴史が深い」と思う。だが、観光化すると、ホテルなど高くはなるね。それで、来春、うちのを連れて再び行くぞよ! 同志のみなさんは、わが家で宿泊してからキューバへ行けるよ!伊勢平次郎 ルイジアナ


カバーモロン血風録炎上の

表紙だけでも、漫画でと思う。全部漫画にするのは無理がある。何を口論しているのかを解説しないと日本人には無理だろう。インターネット上のコピー権は訴訟にならないと言われるが、匿名のコメントは日本語となる。伊勢爺のコメントだけが英和である。伊勢平次郎






海外広報に、ご献金を頂きたい。1000円でよいのです。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

MZ・TKさまが、今月も、20、000円ものご献金を下さった。このお方は、七年もの年月、伊勢を支援して下さっている。また、IS・NA(ご婦人)が、5000円ものご献金を下さった。どう、ご恩を返せるのか?「今やっていることを続けよ!」というご意思なのだと理解している。感謝しています。伊勢


米国の株銘柄の選び方

生徒さんが二人になったわ。嬉しいわい。伊勢爺は「生きている限り、日本の力になってやろう」と決心している。一年間の授業料は、たったの2万4000円です。毎日、一通か二通のメールで速報とアドバイスを提供している。日本人の問題は英語の速読なんですね。だからと、英語を中年から始めても、時間がやたらと過ぎていく。そこへ、伊勢爺さんをカマセば済むことなんです。おひとりの在米駐在員さんが「自分の知らなかったことが理解できて、たいへん勉強になっています」とメールをくれたよ。こぞって、応募して下さいね。NIPPONFALCONS@GMAIL.COM 伊勢


comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する