2014/12/21 (Sun) 石油は戦略物資である
oil shale texas

これが北ダコタのバッケンのシェイルオイルである。もうひとつ、イーグルフォード油井がある。この二つの油井は、全米の海底油田やアラスカ油田~さらに、サウジアラビア、クエート、アラブ首長国を脅かしている。それほど、フラッキングという工法で掘削された油井から原油が噴出す。原油の質も良質という。


OIL GAS TRAIN SURGUT RAILWAY STATION

この原油は、オイルタンカーという貨物列車でテキサスのポートエリザベスに運ばれてく来る。そこで、ガソリン~重油~航空機用燃料~ガス~潤滑油に精製されるのだ。


oil tankers

ペルシア湾やアフリカのアンゴラから来るタンカーである。海外の産油国はこうして、アメリカや日本、チャイナに売らなければ食えないのだ。アメリカは産油国だのに原油を輸入している。その理由は、1)アメリカは輸出しない。2)石油は戦略物資だからだ。つまり、戦争のときの軍事物資なのである。鉄と石油ほど戦争の武器はないわけだ。

今、起きている「石油戦争」とは何か?サウジアラビアのように巨大な石油を持つ国はない。それに、砂漠の国では他に産業などないのだ。樹木すら生えないからである。全てが輸入だ。水までもね。だから、アラブ産油国は必死なのだ。彼らの敵は、同盟国のアメリカではない。ロシア~イラン~リビア~ナイジェリア、、

さあ、ここからどうなるのか?先週、伊勢爺は「オイルは反転する」と書いた。現時点の原油(WTI)は、5%も上がっている。伊勢爺にも先はわからないが、サウジがワシントンと話し合っていることは明確である。なぜなら、石油は戦略物資だからである。つまり、輸入国らは、ペルシア湾のホルムズ海峡有事~ウクライナ有事に備えているのである。伊勢平次郎 ルイジアナ


カバーモロン血風録炎上の

表紙だけでも、漫画でと思う。全部漫画にするのは無理がある。何を口論しているのかを解説しないと日本人には無理だろう。インターネット上のコピー権は訴訟にならないと言われるが、匿名のコメントは日本語となる。伊勢爺のコメントだけが英和である。伊勢平次郎






海外広報に、ご献金を頂きたい。1000円でよいのです。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

MZ・TKさまが、今月も、20、000円ものご献金を下さった。このお方は、七年もの年月、伊勢を支援して下さっている。また、IS・NA(ご婦人)が、5000円ものご献金を下さった。どう、ご恩を返せるのか?「今やっていることを続けよ!」というご意思なのだと理解している。感謝しています。伊勢


米国の株銘柄の選び方

生徒さんが二人になったわ。嬉しいわい。伊勢爺は「生きている限り、日本の力になってやろう」と決心している。一年間の授業料は、たったの2万4000円です。毎日、一通か二通のメールで速報とアドバイスを提供している。日本人の問題は英語の速読なんですね。だからと、英語を中年から始めても、時間がやたらと過ぎていく。そこへ、伊勢爺さんをカマセば済むことなんです。おひとりの在米駐在員さんが「自分の知らなかったことが理解できて、たいへん勉強になっています」とメールをくれたよ。こぞって、応募して下さいね。NIPPONFALCONS@GMAIL.COM 伊勢



comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する