2014/12/30 (Tue) 民族自決の年になるように
japan flug

民族自決  self-determination

民族は自己の政治的運命をみずから決定する権利をもつべきであり,他民族の干渉は許すべきでないとする主張。自決ないし自治の考え方の起源は,フランス革命期の思想家 J.-J.ルソーにみることができる。難しいことを書き並べる必要はない。「民族自決」は基本中の基本だからね。伊勢爺は、「日本はアメリカの属国ではない」と思っている。だが、あまりにも、日本の政治指導者は、ワシントンに従順すぎると思う。その卑屈にも見える姿勢が「アメリカの飼い犬」と言われる原因となっている。つまり「日本は強制すれば良い」というのが一般のアメリカ人も含めてアメリカのコンセンサスなのだ。ワシントンには親日家もおれば、反日もいる。どちらも、自分の利益が中心である。「国益」を考えている為政者はいないと思っても良いだろう。または、国益を考えていても、自分が優先だろう。そこは、安倍晋三も同じなのだ。

まず、日本人は、「アメリカのくびき」から自らを解く考えを持たなければいけない。評論家はクチではそう言うが、実際には打算のほうが強い。永田町の政治屋も同じだ。つまり「何が得か?」を優先しているのである。そこがアメリカの政治屋にも見えるわけだ。だから、押し付けてくる。


日本は再軍備せよ!

伊勢爺の「日本軍」は現在の自衛隊の二倍を希望する。隊員数ではない。軍事予算のことだ。さらに、国民皆兵論を唱えてきた。軍と言っても、兵隊だけじゃないからだ。私服でもステータスが国民兵ならそれで充分だ。「国に奉仕する精神」のことだよ。国民皆兵制度が出来れば、日本は統一される。さらに、民族自決の自尊心が戻るのである。伊勢平次郎 


カバーモロン血風録炎上の

表紙だけでも、漫画でと思う。全部漫画にするのは無理がある。何を口論しているのかを解説しないと日本人には無理だろう。インターネット上のコピー権は訴訟にならないと言われるが、匿名のコメントは日本語となる。伊勢爺のコメントだけが英和である。伊勢平次郎






海外広報に、ご献金を頂きたい。1000円でよいのです。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

MZ・TKさまが、今月も、20、000円ものご献金を下さった。このお方は、七年もの年月、伊勢を支援して下さっている。また、IS・NA(ご婦人)が、5000円ものご献金を下さった。どう、ご恩を返せるのか?「今やっていることを続けよ!」というご意思なのだと理解している。感謝しています。伊勢


米国の株銘柄の選び方

生徒さんが二人になったわ。嬉しいわい。伊勢爺は「生きている限り、日本の力になってやろう」と決心している。一年間の授業料は、たったの2万4000円です。毎日、一通か二通のメールで速報とアドバイスを提供している。日本人の問題は英語の速読なんですね。だからと、英語を中年から始めても、時間がやたらと過ぎていく。そこへ、伊勢爺さんをカマセば済むことなんです。おひとりの在米駐在員さんが「自分の知らなかったことが理解できて、たいへん勉強になっています」とメールをくれたよ。こぞって、応募して下さいね。NIPPONFALCONS@GMAIL.COM 伊勢

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する