2015/02/27 (Fri) アメリカの実業家(その5)・鉄道王バンダービルト
vanderbilt trains

バンダービルトは、長距離用の機関車と短距離用の小型機関車の組み合わせを考え付いた。なんでも新し物が大好きなアメリカ人は大喜びした、、ま、格好エエわな(笑い)。この「格好が良い」というのはアメリカの実業家の共通点なのだ。

1926年、トーマス・ギボンが死んだ。バンダービルトは息子のウイリアムの番頭となった。だが、3年間でギボンが許していた副業を大きくして行った。1829根年、ウイリアムの番頭を辞めて独立した。35歳だった。海運業が判らないウイリアムはギボンのの遺産をバンダービルトに売った。スターテン・アイランドとマンハッタンのフェリーだけでは不十分と見た。そこで、ロング・アイランドとコネティカット州の間の細い湾にも数箇所フェリーを作ったのだ。1833年には弟の航路も買った。郊外で発展していたピーツキルやニューヨーク州庁のアルバニーまでの水路を完全に掌握した。ライバルであったダニエル・ドルーが「俺のラインを買え」と迫った。 バンダービルトは考えた。有能なドルーをパートナーにすることを考え着いた。 これは正解だった。気性が合う二人の情熱家は、それ以来33年のパートナーとなった。世間はこれを知らなかったので、二人は敵同士だと思っていたのだ。つまり「独占」と責め上げられることを回避したわけだ。1833年、バンダービルトは、ニュージャージーの列車転覆事故で命を失うところであった。同じ汽車に乗っていたクインシー・アダムス前大統領もあえなく死ぬところであった。

ハドソン河の権益を手中にした39歳のバンダービルトは、独占の非難をかわす為に、「人々のライン」と名付けた。「人々の大統領」とアンドリュー・ジャクソン大統領が権勢を極めていたからだ。それを知ったジャクソンはバンダービルトを可愛がったのである。バンダービルトは機を見ることに速かったわけっである。





1830年代というのは、「織機時代」なのだ。機織産業は、ボストンなどの北東部の都市から始まった。これが、アメリカ最初の産業革命であった。そこで、ボストンからコネティカットのロング・アイランド湾岸まで簡単な鉄道が敷かれた。そこからニューヨークの市場まで蒸気船で運ばれた。蒸気船を独占していたバンダービルトに大金が転がり込んだ。1830年代の末、バンダービルトは、「これは」と思われる主な鉄道を買い占めて行った。1840年に入ると、「ストーンニングトン」という鉄道会社の株を買い占めた。そのまま買えば高く付く、、バンダービルトは価格競争を仕掛けた。無謀に運送料を下げたので、ストーンニングは悲鳴を上げた。株の買占めは7年かかった。バンダービルトが本社に乗り込み、社長を宣言した。現代の乗っ取りである。1847年、バンダービルトが53歳のときである。

cotton mill boston 1830

アメリカの織機産業は1830年代だ。原料は、アメリカ南部の綿である、豊田佐吉が自動織機を発明したのは、1926年である。これも大きな事業となった。株式会社豊田自動織機は、愛知県刈谷市豊田町2-1に本社を置く日本の機械メーカー。トヨタ自動車の源流である。現在のトヨタ自動車は豊田自動織機の自動車部が独立したもの。1926年(大正15年)11月18日創業とある(ウイキぺデイア)。日本人は、こういった産業を興さなくなった。「夢はあっても、情熱が欠けている」と伊勢は思っている。

vanderbilt mansion Marble-House-2-web

その頃、こんな宮殿を現在のウォール街あたりに建てている。赤レンガ~大理石~ガラス~金箔~銀を無制限に使って、、ロココ風の家具は全て英国とフランスから取り寄せている、、伊勢平次郎

~続く~


みなさん

隼速報は2007年の4月に始動して~今年の4月で足掛け8年になります。ここで、一旦、政治トピックスを短縮して~「モロン論争・炎上」と「世界を変えたアメリカの実業家シリーズ」の組み合わせにリストラします。強制のない「有料サイト」になります。購読料とは、一ヶ月、ワンコイン(五百円)とします。下記の2口座のどちらかに、一月五百円、または、10年分一括して振り込んでください(笑い)。

1)「モロン血風録・炎上」英語の論戦。週一回にするね。時間がかかる上に、毎日、論戦する記事が出るわけじゃないのでね。英語の新造語や、スラングや、慣習を学んでくださいね。

2)「アメリカを変えた四人の実業家シリーズ」は、南北戦争(1861~1864)直後に起きた近代工業化に命を賭けた実業家四名の生き様を描きます。その四名とは、、「鉄道王」コーネリウス・バンダビルト~「石油王」ジョン・D.ロックフェラー~「鉄鋼王」アンドリュウ・カーネギー~「投資銀行王」J.P.モーガンの四名です。ご期待を乞う。伊勢平次郎 ルイジアナ


海外広報に、ご献金を頂きたい

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

MEPHIST先生が一万円を下さったわ。WA・EIさまが、今月も1000円下さった。有難うね。再び、MZ・TKさまが、1月も、20、000円ものご献金を下さった。このお方は、七年もの年月、伊勢を支援して下さっている。また、IS・NA(ご婦人)が、5000円ものご献金を下さった。IS・NAさまは二月にも5000円を下さった。どう、ご恩を返せるのか?「今やっていることを続けよ!」というご意思なのだと理解している。感謝しています。伊勢


米国の株銘柄の選び方

生徒さんが二人になったわ。嬉しいわい。伊勢爺は「生きている限り、日本の力になってやろう」と決心している。一年間の授業料は、たったの2万4000円です。毎日、一通か二通のメールで速報とアドバイスを提供している。日本人の問題は英語の速読なんですね。だからと、英語を中年から始めても、時間がやたらと過ぎていく。そこへ、伊勢爺さんをカマセば済むことなんです。おひとりの在米駐在員さんが「自分の知らなかったことが理解できて、たいへん勉強になっています」とメールをくれたよ。こぞって、応募して下さいね。NIPPONFALCONS@GMAIL.COM  伊勢






comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する