2015/03/14 (Sat) 原油価格が急落中だが、、
oil tumbling


oil chart march 15

WTIのチャートだ。1バレル当たり$45を切った。ゴールドマン・サックスの分析家は「$20まで下がる」と。一方のロイターなどは「OPECには限界がある。$60へ戻っていく」と、、さて伊勢爺さんはどう考えているのか?


oil production and closing well

この図は、シェイルの油井がどんどん閉鎖されている~だが、減産は見られない、、どうしてか?答えは、統合(CONSOLIDATION)である。オイル業界は、巨大なMOBY・DICK(白ナガス鯨)もおれば~WILDCUTTERと呼ばれる投機的な小魚までおるのだ。昔し昔しアメリカには数おおくの自動車製造会社があったが、今は統合されて小魚は吸収された。おなじことがオイル産業に起きている。

最近、掘り出したシェイルは巨大な借金を抱えている。OPECが減産するなら、その借金は悠々と返せたのである。米大手やドイツ銀行までが、巨大な賭けをしたわけだ。だが、事実は小説よりも奇なり、、OPECのアラブ産油国は減産しなかったのだ。アラブというが、紀元前より、アラブ民族はたいへんな商売人なのだ。日本人もそうだ。日本人との違いはアラブは商売をマージャンのごとく楽しんでいることだ。

さて、エクソンモービルやシェブロンなどは、銀行よりも金を持っているわけだよ。ほとんど無尽蔵だ。これらの鯨が雑魚を食う。その統合の結果、破産は起きないわけだ。それで、交渉がどんどん進んでいる。原油産業は単純なので、製薬会社の統合のように難しくない。だが、買い取るサイドは有り余る(GLUT)原油の貯蔵に困る、、そこで、北ダコタやテキサスのシェイル屋らは、汲み上げたオイルを再び地下に戻して蓋をしているのだ。この統合では銀行の貸し金が買い叩かれるので、ブスブスと文句を垂れている。だが、「倒産よりはいい」と涙を呑むわけである。


金曜日のNY株

sp 3.13 a

原油がど~んと下げ始めたので、市場に不安~ドルがユーロや日本円に対して上げたので、これも不安材料~問屋降ろしの価格が下がりこれもデフレ不安、、銀行が政府の検査に入った。BACやCITYなんか怪しいからね。米経済というか、米株価は全体的に高い、、これも不安のひとつ。だから、ぼくは「配当株」しか買わない。ダウ、-260からー146まで戻した。SP500は、2053と貧血状態。伊勢爺の銘柄は、貨物鉄道(TRN~GBX)と鉄道のレール(STLD)とHOLXがヘビーなので全て黒字。今日、おおくのインベスターがが泣いたでしょう(笑い)。伊勢平次郎


みなさん

隼速報は2007年の4月に始動して~今年の4月で足掛け8年になります。ここで、一旦、政治トピックスを短縮して~「モロン論争・炎上」と「世界を変えたアメリカの実業家シリーズ」の組み合わせにリストラします。強制のない「有料サイト」になります。購読料とは、一ヶ月、ワンコイン(五百円)とします。下記の2口座のどちらかに、一月五百円、または、10年分一括して振り込んでください(笑い)。

1)「モロン血風録・炎上」英語の論戦。週一回にするね。時間がかかる上に、毎日、論戦する記事が出るわけじゃないのでね。英語の新造語や、スラングや、慣習を学んでくださいね。

2)「アメリカの実業家伝」は、南北戦争(1861~1864)直後に起きた近代工業化に命を賭けた実業家四名の生き様を描きます。その四名とは、、「鉄道王」コーネリウス・バンダビルト~「石油王」ジョン・D.ロックフェラー~「鉄鋼王」アンドリュウ・カーネギー~「投資銀行王」J.P.モーガンの四名です。ご期待を乞う。伊勢平次郎 ルイジアナ


海外広報に、ご献金を頂きたい

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

MEPHIST先生が10、000円を下さった。WA・EIさまが、ニ月も1000円下さった。有難うね。再び、MZ・TKさまが、ニ月も、20、000円ものご献金を下さった。このお方は、七年以上の年月、伊勢を支援して下さっている。また、IS・NA(ご婦人)が、一月に、5000円ものご献金を下さった。IS・NAさまは、二月にも5000円を下さった。どう、ご恩を返せるのか?「今やっていることを続けよ!」というご意思なのだと理解している。感謝しています。伊勢


米国の株銘柄の選び方

生徒さんが二人になったわ。嬉しいわい。伊勢爺は「生きている限り、日本の力になってやろう」と決心している。一年間の授業料は、たったの2万4000円です。毎日、一通か二通のメールで速報とアドバイスを提供している。日本人の問題は英語の速読なんですね。だからと、英語を中年から始めても、時間がやたらと過ぎていく。そこへ、伊勢爺さんをカマセば済むことなんです。おひとりの在米駐在員さんが「自分の知らなかったことが理解できて、たいへん勉強になっています」とメールをくれたよ。こぞって、応募して下さいね。NIPPONFALCONS@GMAIL.COM  伊勢平次郎







comment

>日本人との違いはアラブは商売をマージャンのごとく楽しんでいることだ。
少し中東で仕事をしたが、価格交渉は確かに楽しんでいますねえ。
湾岸戦争のとき、その説明は<これはビッグゲームだ。だから多くの人を巻き込んでかけさせるのだ。そして勝つのだ>といっていた。
 そこには正義という感覚はなく、その表情はうれしくてたまらないという感じだったが、私はこれが自身に影響してきたら、ゲームどころではないだろうと思ったが、それは石油を依存している我々のことで彼らは関係ない。そのときイスラエルが核ミサイルを200発持っており、それらはすべて照準が合っている。だからイラクがいくら騒いでも無駄だという意味のことを確かイタリア人がシリア人に言ったと思う。英語がおぼつかないから、私はそのように理解した。その結果そのシリア人はだまった。
 中東の紛争は核ミサイルの発射を前提としていると、私は見ています。
 最近の自衛隊の訓練を見ると朝鮮での有事の可能性は大きいのではと私はおもう。子供といっても大人だが、<お父さんあの飛行機変だよ>といったので見ると、確かへんでした。<どこが変か>かは愛国者である私はかかない。集団的自衛権は韓国防衛に使われるに過ぎないが、それには何が必要かを考えることで、その戦争後の南北朝鮮をどのような状態にするかをはじめから決めておかないと、わが国は大損どころか、国が崩壊する可能性は大きいと私は判断している。
 軍事力は朝鮮鮮度を空爆できる能力をつけること、しかも早急に。
もうひとつは白村江の戦いのあと天智天皇(当時は確か中大兄皇子)がしたことと同じ事をすることです、あれは戦後だったが戦争前にすることです。
 要するに鎖国政策を朝鮮支那に対して施与ということです。
2015/03/15 13:14 | kenji [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する