2015/04/28 (Tue) 日本は宇宙ロケット技術でもトップ



はやぶさ2、軌道修正成功…第一のハードル通過

2015年04月28日 07時39分

 宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))は27日、昨年12月に打ち上げた小惑星探査機「はやぶさ2」の予定していた1回目の軌道の修正に成功したと発表した。地球の重力を利用して目的の小惑星に向けて加速する「スイングバイ」に向け、第一関門を突破した。軌道修正は、3月3~21日にイオンエンジンを連続運転して行った。現在は1時間に地球を2周半するほどの速さ(時速約10万キロ・メートル)で、地球から約5300万キロ・メートル離れた宇宙空間を航行している。6月上旬に2回目の軌道修正をし、12月3日にスイングバイを行う。小惑星「1999JU3」への到着は、2018年6~7月の予定だ。はやぶさ2の計画責任者は今月1日付で、国中均・JAXA教授(54)から津田雄一・JAXA准教授(39)に代わった。津田准教授は「第一のハードルは通過した。行ったことのない場所への冒険であり、リスクを恐れずに挑戦したい」と語った。 2015年04月28日 07時39分 読売新聞


hayabusa mission


hayabusa mission2


伊勢は嬉しくて涙が出るほどだ

津田雄一(JAXA准教授)は39歳だとさ。HONDAJETを設計したひとも若いね。世代交代は自然である。セニアにはセニアにしか出来ない「体験」という宝がある。分担を分け合えばいくらでも日本は進歩する。日米関係もそうありたいね。伊勢平次郎 ルイジアナ






みなさん

実は、「隼速報を廃刊にしよう」と妻と話していたのね。だけど、ご献金があるとやめることは不可能。従って続けます。じゃあ、ご寄付をお願いするしかない(笑い)。伊勢


海外広報に、ご献金を頂きたい

日本人で、伊勢一人がブルームバーグ紙で論戦している。アメリカ人は100%伊勢の「中国批判」に賛成なのです。とくに、日本に配備された米海軍軍人はね。「日本海軍は兵士も艦船も中国海軍よりもダントツに優れている」と書いてくれた。彼は「山東半島の中国海軍と合同演習した」と。しつこく食い下がる中国人を論破した。支那人は沈黙した(笑い)。


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

***WA・EIさまが今月4月も1000円をくれました。有難う。MZ・TAさま、4月13日に20000円を受け取りました。ほとんど毎月のご寄付を感謝しています。WA・EIさま、ご献金を有難うね。3月20日に受け取りました。EAGLECATCHER2さまから6000円を4月4日に受け取りました。これは、500円 x 12ヶ月という意味ですね。心底から感謝しています。伊勢


comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する