2015/05/08 (Fri) そうりゅうの機密を売ってはならない
sub Japan


souryuu under water


そうりゅうアボット安倍


伊勢は大反対である!

日本の防衛とは潜水艦に尽きる。わが弟(没)は「おやしお」のセーラーだった。日本がオーストラリアに「そうりゅうを売る」と聞けば草葉の陰で泣いただろう。オーストラリアの要求を読むと、豪州人は、わがままな人たちだと判る。伊勢は中谷防衛相が好きだ。オバマは「オーストラリアに協力してくれ」などと無責任だ。安倍さんはよく知っていると思うね。これ以上書く必要はない。つまり、大反対である。伊勢平次郎 ルイジアナ





みなさん

実は、「隼速報を廃刊にしよう」と妻と話していたのね。だけど、ご献金があるとやめることは不可能。従って続けます。じゃあ、ご寄付をお願いするしかない(笑い)。伊勢


海外広報に、ご献金を頂きたい

日本人で、伊勢一人がブルームバーグ紙で論戦している。アメリカ人は100%伊勢の「中国批判」に賛成なのです。とくに、日本に配備された米海軍軍人はね。「日本海軍は兵士も艦船も中国海軍よりもダントツに優れている」と書いてくれた。彼は「山東半島の中国海軍と合同演習した」と。しつこく食い下がる中国人を論破した。支那人は沈黙した(笑い)。


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

***4月28日、IS・NA姉さまが5000円下さった。このご婦人は何年もご献金された。感謝します。WA・EIさまが今月4月も1000円をくれました。有難う。MZ・TAさま、4月13日に20000円を受け取りました。ほとんど毎月のご寄付を感謝しています。WA・EIさま、ご献金を有難うね。3月20日に受け取りました。EAGLECATCHER2さまから6000円を4月4日に受け取りました。これは、500円 x 12ヶ月という意味ですね。心底から感謝しています。伊勢

comment

オリーブオイル先生

「そうりゅう」は大きなテーマですね。いずれにしても、オーストラリアには作れないと思うよ。日本で建造するしかないものを自分たちにやらせろ?オーストラリアの「コリンズ」はスエーデンの短距離モデル。アメリカもオーストラリアに潜水艦などくれないよ(笑い)。ま、豪州政府の腹が決まるまで相当もめるでしょう。オバマも、アボットも非戦平和のボケですからね。スプラトリー岩礁を艦砲射撃すれば終わるものをね(笑い)。伊勢
2015/05/08 15:09 | 伊勢 [ 編集 ]

記事の内容が本当なら私の指摘どおり、日本側に話し合いをまとめられる
担当者がいないことの証明です。あとはアメリカがどうするかです。
攻撃システムはアメリカと連動していなければならないので、どの国が
決まっても同じことですが、やはり戦後レジームからの脱却というのは
安倍総理の想像以上だったということでしょう。

まあ日本がこのハナシを決められなくても、いい教訓は残ります。
現場の技術者にとっても政治家にとってもです。
2015/05/08 14:07 | オリーブオイル [ 編集 ]

オリーブオイル先生

この記事参考になるかな?日本は売らないと思いますよ。政府が決めても、防衛省や三菱重工やそのベンダーがですね。伊勢

http://stonewashersjournal.com/2015/05/07/souryuu-colins/
2015/05/08 13:26 | 伊勢 [ 編集 ]

記事の書き方が悪いのか、記者がよく知らないのかだと思いますが、
米豪軍事協力の中で日本が一枚噛んだというハナシのはずです。
そもそもアメリカが軍事に関して利権を手放すわけがなく、
ましてやアメリカが自国の安全保障を損なう真似をするはずがありません。

日本の潜水艦は退役艦を渡すだけでも地域最強ですので、
問題なのは話し合いをまとめられる担当者がいないことです。
政治家が「わかりました」といっても、実際どこまで交渉の段階で
ハナシを進めていいのか、不明な点が伝わってきます。
輸出用のスケールダウンレベルでいいのではと思いますが、
政治家が「上さま」目線で文句つけるのが見なくても分かります。

技術を盗むのは容易ではありません。太平洋戦争中、苦労してドイツから
持ち帰ったエンジンをコピーできなかったのと同様に、同じレベルの技術者が
いないと技術移転はできません。
中国韓国はそういうのわかっているから、一時期日本の技術者を
ヘッドハンティングしまくっていたのです。
もしオーストラリアが本気で日本から盗むのであれば、中国韓国のマネを
しても20年以上かかるでしょう。勝手なことを言えるのは何も知らないか、
中国のスパイかもしれません。

いずれにしても武器の輸出について経験が少ない以上、問題は起こっても
先に進むしかありません。
2015/05/08 12:28 | オリーブオイル [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する