2015/05/17 (Sun) 南沙諸島の決闘(その1)
OK牧場の決闘

OK corral

1881年10月26日は水曜日だった。 その日の午後三時に、アメリカ西部の荒野の町で西部史上もっとも有名となった銃撃戦があった。アリゾナのツームストンで起きた「OK牧場の決闘」である。決闘は30秒で終わった。無法者のトム・マックローリー兄弟やアイク・クラントン兄弟とワイアット・アープ兄弟三人とドック・ホリデイの対決であった。ワイアット・アープだけが怪我をしなかった。この銃撃戦がなぜ有名かってかい?それはね、「無法地帯でも法律はある」というアメリカ開拓者のスピリットが賞賛されたからだよ。伊勢平次郎 ルイジアナ





Chinese stoking USS

「USS LCSフォートワース沿岸攻撃艦」をストーキングする中国のミサイルフリゲート艦「塩城」 である。


LCS chinese stoking 5.13.15

フォートワースは緩々と航行している。「中国は撃ってこない」と確信があるからだ。だが、、


territory eez

国際海洋法で決めた領土領海およびEEZなのだ。フォートワースは、この12海里の外であるEEZを航行している。それは合法だが、実は、12海里の中に入るのも違法ではないのだ。チャイナは、これらの岩礁は「自分たちの領土だ。出て行け!」と言っているわけである。さて、米海軍第七艦隊+フィリッピン海軍がそのチャイナの領海とやらに入ったらどうなるのか?BBCは、「誰にもチャイニーズの腹の中は判らない」と、、そりゃそうだよ、無法者の腹の中が判るのかい?


kerry Beijing 5.16.15

今、北京を訪問しているケリー米国務長官と中国の外務大臣王毅だが、ケリー長官さまは、ピエロのようにオドケテいる(笑い)。つまり対決をしなかったのだよ。抗議すらもしなかった。ただ、「南シナ海を懸念している」とだけ言った。これが、オバマの対中国外交である。王毅は「アメリカとチャイナは対立するよりも、協調するほうが地域の安寧に繋がる」とほざいた。 続く、、

みなさん

実は、「隼速報を廃刊にしよう」と妻と話していたのね。だけど、ご献金があるとやめることは不可能。従って続けます。じゃあ、ご寄付をお願いするしかない(笑い)。伊勢

海外広報に、ご献金を頂きたい

日本人で、伊勢一人がブルームバーグ紙で論戦している。アメリカ人は100%伊勢の「中国批判」に賛成なのです。とくに、日本に配備された米海軍軍人はね。「日本海軍は兵士も艦船も中国海軍よりもダントツに優れている」と書いてくれた。彼は「山東半島の中国海軍と合同演習した」と。しつこく食い下がる中国人を論破した。支那人は沈黙した(笑い)。


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

***4月28日、IS・NA姉さまが5000円下さった。このご婦人は何年もご献金された。感謝します。WA・EIさまが今月4月も1000円をくれました。有難う。MZ・TAさま、4月13日に20000円を受け取りました。ほとんど毎月のご寄付を感謝しています。WA・EIさま、ご献金を有難うね。3月20日に受け取りました。EAGLECATCHER2さまから6000円を4月4日に受け取りました。これは、500円 x 12ヶ月という意味ですね。心底から感謝しています。伊勢

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する