2015/05/20 (Wed) 女性が天皇であって、なぜ悪い?
japan monarch

佳子さま、感動した様子で感想…試写会を鑑賞
2015年05月19日 22時35分

特集 皇室

 秋篠宮妃紀子さまと次女佳子さまは19日、東京都千代田区の有楽町朝日ホールで、映画「奇跡のひと マリーとマルグリット」を鑑賞された。

 全国盲ろう者協会の活動支援のチャリティー試写会で、同日夕、ホールに到着した紀子さまと佳子さまは、同協会の福島智理事らとともに鑑賞された。

 この映画は、19世紀末のフランスを舞台に、実在した目と耳が不自由な少女と修道女の交流を描いた人間ドラマ。鑑賞後に主催者側と懇談した佳子さまは感動した様子で感想を述べられたという。

2015年05月19日 22時35分 読売新聞





amaterasu brush

、、と書くよ。女性天皇で、なぜ悪いの? 「天皇は男性であるべき」というのは、男のエゴでしょ?伊勢は「日本社会は男女平等ではない」と思っている。なぜなら、アメリカの女性は、10歳ぐらいから自信のある歩き方だからだよ。日本の女性は一歩身を退いている。原因は、男が暴力を振るってでも優位を保ちたいからだろう。つまり日本人の男性は自信がないのである。伊勢平次郎 ルイジアナ






みなさん

実は、「隼速報を廃刊にしよう」と妻と話していたのね。だけど、ご献金があるとやめることは不可能。従って続けます。じゃあ、ご寄付をお願いするしかない(笑い)。伊勢


海外広報に、ご献金を頂きたい

日本人で、伊勢一人がブルームバーグ紙で論戦している。アメリカ人は100%伊勢の「中国批判」に賛成なのです。とくに、日本に配備された米海軍軍人はね。「日本海軍は兵士も艦船も中国海軍よりもダントツに優れている」と書いてくれた。彼は「山東半島の中国海軍と合同演習した」と。しつこく食い下がる中国人を論破した。支那人は沈黙した(笑い)。


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

***4月28日、IS・NA姉さまが5000円下さった。このご婦人は何年もご献金された。感謝します。WA・EIさまが今月4月も1000円をくれました。有難う。MZ・TAさま、4月13日に20000円を受け取りました。ほとんど毎月のご寄付を感謝しています。WA・EIさま、ご献金を有難うね。3月20日に受け取りました。EAGLECATCHER2さまから6000円を4月4日に受け取りました。これは、500円 x 12ヶ月という意味ですね。心底から感謝しています。伊勢


(速報)五つ星

You Die For mee Amazon

しばらくチェックしなかったアマゾンのキンドル版(英語)からメールがあった。

Terrific!
By Janet on February 1, 2015
Format: Kindle Edition Verified Purchase

A terrific read - hard to put down until you're finished. Very topical - it could be a story from today's headlines. There's good plot development with strong and independent leading characters. A most satisfying adventure!

素晴らしい冒険小説です。読み終わるまで本を置くことが出来なかった。メデイアでトピックにするべきです。筋書きや構成が良く出来ている。キャラクターはどれも力強く個性がある。最も満足が得られた冒険だわ(ジャネット)


comment

 私は明治維新を肯定していません。なぜ公武合体をしなかったのかと思っています。

 行政区の変更は現在は合併でしていますが、維新は軍事力を行使した改革でしたから、それと同じような変更はできない。ただ紙一重だったですね。彼がやめても、この紙一重は残るでしょう。

 政治家は一発勝負などしません。あくまで目的は遠大ですから、一発勝負を避けて、忍耐をして、はらわたが煮えくり返るが表情に出さずにあくまで目的の完遂を目指します。その見方で見ると何が目的か?私にはわからなかった。

 改革というがすることは軍事と財政で、収入はこれから増えるとは思われないから、問題は支出の削減でしょう。するとしなければならないことは決まっている。
アメリカのようにわが国は選択肢が多いわけではない。

 橋下氏は弁護士上がりです。そのやり方、解決の仕方はみな弁護士の和解の方式だとみていました。
 要するに銭の分配をするに過ぎない思考と行動でしょう。
 大都市においては東京都で青島知事ということがありました。それと同じだと思う。

 政治的勢力には必ず支持勢力があります。そして国民にいろいろな指標をつけて。分類をする必要があります。それで見ると維新には明快な社会的支持勢力がありません。公明党は創価学会というより、社会において連帯が持ちにくい人々が支持勢力で、共産党と基本的におなじです。
 それで見ると、支持勢力はまったくなく、資金源も不明です。
 彼の元に集まった人々の素性がどうにもみえなかった。
 大きな流れを人々は確認したでしょう。
彼が指摘した現場の人々は<黙れ>でしょう。どこの現場にも実情をよく知る人がおり、どのような改革が必要か考えている人がいます。その人々の意見を聞いたでしょうか。なかなかいいませんよ。
2015/05/22 09:03 | kenji [ 編集 ]

kenji先生の維新評価を聞かせて。掛け声だけの感じがする。以前にさ「小僧だまれ」と書いたら怒った奴がいたね(笑い)。伊勢
2015/05/21 18:23 | 伊勢平次郎 [ 編集 ]

伊勢さん、岡田氏はすぐそばで見ましたが、指導者の器ではないですよ。私が見つめたら、妙な表情をしました。女性的というか、何か隠している表情だとおもいました。
 小沢氏もすぐそばで見ました。以前は応援していましたが、それ以後、どうにも何か変だと思うようになり、現在の結果となりましたが、今まで彼が持っていたという力は何によるものだっただろうと思うしだいです。
 民主党が政権をとる前の選挙において、彼とあった選挙の責任者は<彼は選挙の話だけをして、国政とか国家という話はまったくなかった。>とのべました。そのときの彼の表情が、何かおかしい、不審だという表情でした。
 いい悪にはべつとして、まったく中身がない人々ではないかと推測しています。岡田氏は国債について理解しているとは思えない説明をしました。もっとも来た人は老人ばかりでしたから、むりでしたけれども。馬鹿を相手にということでしたか。
 それにしても小沢氏や岡田氏の資金源はどこでしょうか。私なら彼らに金を出すことない。小沢氏には献金したことはあります。何もできない人だと思ったからです。銭は能力のない人のところにはあつまらない。みながみな自らの利益を求めて、献金するわけではない。やっぱりそれなりでないと、たとえ利益を求めても金は出さないというより、それが金の性質だと私は判断している。
2015/05/21 12:59 | kenji [ 編集 ]

ぽん先生さま

男系天皇が日本国のIDであるというお話しですね。ジェンダーフリーは国民のテーマだと。サヨクが舌なめずりだって?あいつらの価値観が良く判らない。民主党の岡田の防衛思想なんか日本人と思えない。鳩山のお仲間だな(笑い)。伊勢
2015/05/20 23:14 | 伊勢平次郎 [ 編集 ]

伊勢おじ様。こんばんは。
悠仁親王殿下がいらっしゃいます。
2015/05/20 23:05 | りょうこ [ 編集 ]

>う~む。ぽん先生の理論だとさ、愛子さまも天皇になってはいけないとなるよ。

あ、私の理論とは関係なく現行の皇室典範では「男系男子」と定められてるから愛子様は天皇にはなれませんね。昔は法律上の縛りなんてなかったので、次の適正な天皇が継承するまでのピンチヒッター的役割で女性天皇がいましたが、その女性天皇は男系は維持してました(そしてその女性天皇の子孫が跡を継ぐ事はありませんでした)。
男系の条件を維持し男子のみの条件を外すと、愛子様は天皇になる事は可能です。しかし、愛子様が産むであろう次のお子様は男系ではないので天皇にはなれません。
「苗字がコロコロ変わる」というのは一般人の場合に例えたらの話です。
天皇家にもし苗字があれば、愛子様の苗字は確かに現在の天皇家のものですが、女系天皇を認めた場合はその苗字が変わる可能性があるという、あくまでも例え話です。
2015/05/20 20:24 | ぽん [ 編集 ]

Mephist先生

なるほど面倒な話しですね。では、これ以上の追求はやめます。BB紙やWSJが今朝、「意外な日本の輸出の強さ」を書いている。円切り下げは効果があった?対ドル30%だからね。1960年代の「ドルを稼げ」でしょうかね?すると、「日本人は仕事さえあれば幸せ」であると。伊勢
2015/05/20 20:05 | 伊勢平次郎 [ 編集 ]

伊勢殿
この件たいへん面倒な話題です。あまり追及されないことをお勧めします。
その上でですが、女性天皇と女系天皇の差をご認識ください。
ぽんさんが書かれているのは、この差についてです。
男系女性天皇はあり得ますが、女系男性天皇は皇統の正統性に混乱を生じさせます。
ただし皇室典範に定めるところによれば、皇位継承権と実際の皇位継承は男系男子と定められています。これを改正して男系女子も可とすることは、議論はあるでしょうが私としては認めて良いかと思っています。

ただし、これも皇室典範の改正が必要で、政治の話です。改正が必要であれば、同時に皇統の維持を図るべきで、男系旧皇族の復帰などの方策を合わせて盛り込むべきです。
面倒なのはこれに左翼的、もしくはジェンダーフリー的発想を以って女性天皇という文言を曲解して、女系の皇統を混入させようという意図が見え隠れします。これは絶対に阻止せねばなりません。

王権神授説やらを唱えるつもりはありませんが、2600年にわたって維持してきた皇統を万策尽きることなくして毀損することは、到底まともな考えとは思えません。
2015/05/20 19:38 | Mephist [ 編集 ]

<例えば愛子様が天皇になって、一般人の男性と結婚するとします。そしてその跡継ぎの子供が女性のみだった場合に女系天皇が認められたとすると、その女性が天皇になり、また一般人の男性と結婚するとします。日本では一般的に結婚の際に男性側の苗字を継ぐ事が多いですから、これを一般人の家系図で見ると家族の苗字が2回変わることになります。つまり、家族の苗字が鈴木さんになったり佐藤さんになったりするので、これを繰り返すと苗字がコロコロ変わる一般人の家系と大差が無くなり、天皇家の特別性も薄れていくのです。

う~む。ぽん先生の理論だとさ、愛子さまも天皇になってはいけないとなるよ。天皇には苗字がないのだから、「苗字がコロコロ変わる」というのは矛盾するよ。議論を徹底すると解決する気がするけど?伊勢
2015/05/20 17:34 | 伊勢平次郎 [ 編集 ]

理由なんて必要ありませんよ。
単にしきたりとか伝統だと思います。
父系を辿れば最初の天皇に行き当たるというシンプルなルールがあるだけです。
これが無ければ、系統的には複雑になって一般人と大して変わらないものになります。

例えば愛子様が天皇になって、一般人の男性と結婚するとします。そしてその跡継ぎの子供が女性のみだった場合に女系天皇が認められたとすると、その女性が天皇になり、また一般人の男性と結婚するとします。日本では一般的に結婚の際に男性側の苗字を継ぐ事が多いですから、これを一般人の家系図で見ると家族の苗字が2回変わることになります。つまり、家族の苗字が鈴木さんになったり佐藤さんになったりするので、これを繰り返すと苗字がコロコロ変わる一般人の家系と大差が無くなり、天皇家の特別性も薄れていくのです。

それでは、人々が感じる特別性とは何か? 例えば、今でも徳川家の子孫は存在してリスペクトされていますが、それは徳川の姓を受け継いでいるからです。結婚等で子孫が徳川の苗字を失った場合、それは社会から忘れ去られて一般人のカテゴリーの中に埋もれてしまいます。

ご存知の様に天皇には苗字がありません。一系統なので必要が無いとも言えます。天皇に苗字がないのも、この特別性に理由があると思います。この様な諸々の特別性こそが天皇たる所以です。単に鈴木さんや佐藤さんの子孫ではリスペクトはされなくなってしまいます。

過去の父系断絶の危機の際にも昔の先人達は苦心して父系を保ってきました。それを現在の私たちが男女平等の概念で簡単に破っていいはずがありません。
日本民族をまとめた創始者としての天皇とその伝統性、ただそれだけのことですが、だからこそ重要なのです。
2015/05/20 16:29 | ぽん [ 編集 ]

> ちょっとびっくりしました。
> いつも内容にはなるほどと思わされていますが、
> 今回だけはいけません。
> ぽんさんが書かれているとおり。
> 女系天皇にしたら、
> 世界最長の数千年の歴史が終わってしまいます。
2015/05/20 10:46 | 伊勢平次郎 [ 編集 ]

kenji先生

日本ばかりじゃなくさ、どこの国も複雑な問題はあるね。USは、「自由憲章」堅持と「移民」でキリスト教徒白人は少数派になったよ。日本はイギリスの皇室に似てきた。ぼくは女性天皇を歓迎するね。祭礼と親睦外交以外の仕事があるわけでないからね。伊勢
2015/05/20 10:44 | 伊勢 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/05/20 10:32 | [ 編集 ]

>その理由を説明して
歴史を見ると女性天皇はいたが、女系の天皇はいなかった。その事実を元に皇位を継ぐに過ぎない。
 平安朝時代までの天皇と幕府成立以降の天皇とは少し違うと思うが上記の原則は守られていた。
 明治維新はわが国を支那のような国にしようという側面があって、そのとき皇室典範を作ったがこれが支那のまねでした。現在の皇室問題は明治のとき、支那のまねをしたことに、問題が起因する。
 一世一元制など支那の暦のやり方です。長子相続制もそれです。ひそかに思いますがわが国は末子相続制が元の生地ではないかと私は思っているが、長子相続制ではないことは確かです。
 次の天皇を誰にするかは政府が決めることではない。天皇家が勝手に決めればいい。ところがそれを明治のとき皇室典範でしばった。なぜか?薩長の謀略でしょう。
 今できることは女性宮家を作り、そこへ男系の血筋を引く男性を婿養子としていれて、その人に皇位継承件を与えることですが。ここは法治国家という制限があるから、法律が必要ですが、それが間違いです。
 天皇家が勝ってに決めればいい。問題は別なところにある。
 つまり天皇機関説を同じ問題が生じているに過ぎない。
 いずれにしても日本国憲法を見ると国会は天皇陛下が開会をのべるて、正統性が保障されているから、もしなくなればどうするつもりでしょうかね。
 
2015/05/20 08:59 | kenji [ 編集 ]

ぽんさん

その理由を説明して。天皇は王様じゃないことはわかるがね。伊勢
2015/05/20 08:06 | 伊勢 [ 編集 ]

女性天皇は可能ですよ。
過去にもいましたし。
でも、女系天皇はダメなんです。
2015/05/20 04:45 | ぽん [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する