2015/05/28 (Thu) 戦場に架ける橋
橋頭堡



敵地に侵攻するために設ける拠点。元は橋を守るために築いた堡塁を意味する語。転じて、企業の新事業への進出・海外市場への進出といった事業への足がかり、などのような意味でも用いられる。


Mischief Reef in the disputed Spratly Islands

チャイナの「ミスチーフ岩礁」の浚渫工事だが、今朝のNYタイムスは、「米中軍事衝突はあり得る」という印象の記事である。ワシントンの軍事専門大学では、「これを待っていたのだ」と中国の軍事戦略白書が「海洋に進出する。或る外国が(US)が南シナ海に干渉するが中国が工事を中止することはない」と声明を出したことを歓迎した(笑い)。つまり、チャイナはついに牙を剥いたのである。一方でオバマは「これからも監視する」とだけである。だが、アシュトン・カーター国防長官のペンタゴンは、「南沙の偵察飛行をやめることはないし~艦隊を送るプランがある」とオバマと一線を敷いているのだ。伊勢平次郎 ルイジアナ

http://www.nytimes.com/2015/05/27/world/asia/china-updating-military-strategy-puts-focus-on-projecting-naval-power.html?_r=0






海外広報に、ご献金を頂きたい

日本人で、伊勢一人がブルームバーグ紙で論戦している。アメリカ人は100%伊勢の「中国批判」に賛成なのです。とくに、日本に配備された米海軍軍人はね。「日本海軍は兵士も艦船も中国海軍よりもダントツに優れている」と書いてくれた。彼は「山東半島の中国海軍と合同演習した」と。しつこく食い下がる中国人を論破した。支那人は沈黙した(笑い)。


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

***5月22日、MZ・TAさまが今月も、20,000円を下さった。WA・EIさまが今月も(毎月)、1000円の寄付を下さった。感謝しています。実は、伊勢志摩の甥が65歳で亡くなったので落ち込んでいました。有難うね。ぼくら夫婦は、今月も「カトリック救援機関ネパールの子供基金」に寄付します。伊勢


(速報)五つ星

You Die For mee Amazon

しばらくチェックしなかったアマゾンのキンドル版(英語)からメールがあった。

Terrific!
By Janet on February 1, 2015
Format: Kindle Edition Verified Purchase

A terrific read - hard to put down until you're finished. Very topical - it could be a story from today's headlines. There's good plot development with strong and independent leading characters. A most satisfying adventure!

素晴らしい冒険小説です。読み終わるまで本を置くことが出来なかった。メデイアでトピックにするべきです。筋書きや構成が良く出来ている。キャラクターはどれも力強く個性がある。最も満足が得られた冒険だわ(ジャネット)


comment

米国防長官、中国を非難…司令官に日系人就任
2015年05月28日 12時06分

 【ワシントン=井上陽子】カーター米国防長官は27日、ハワイ州で行われた米太平洋軍の司令官交代式で演説し、南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島で岩礁埋め立てや施設建設を進める中国の動きについて「中国は、国際規範や、力によらない紛争解決を求める地域の総意を乱している」と強く非難した。


 中国は米国の活動を念頭に、南シナ海での「接近偵察」を批判しているが、カーター氏は「国際法が許す限り、米国はあらゆる場所で、飛行、航行、作戦行動を続ける」とも語った。

 演説は、カーター氏がシンガポール、ベトナム、インドを歴訪するのに先だって行われた。式典では、アジア太平洋地域を管轄する太平洋軍司令官に、米海軍太平洋艦隊司令官を務めた日系のハリー・ハリス海軍大将(58)が正式に就任した。

2015年05月28日 12時06分 読売新聞


ははは、、伊勢爺のほうが速いよね?
2015/05/28 12:44 | 伊勢 [ 編集 ]

kenji先生

アメリカとうか、アメリカ大陸は太平洋と大西洋を分けて跨る。それも、北極から南極までね。アリューシャン列島は太平洋にある。アメリカは、70年前に日本海軍と戦って、太平洋を血に染めた。そうして、民主主義及び自由貿易の秩序を立てたわけですね。つまり「日米の血で購った」のです。今更、チャイニーズに指示など受けないよ。アシュトン・カーターさんや、ダニエル・ラッセルさんが太平洋の安全保証を失うとは考えられない。安倍さんはタイミングを計っていると思うね。支那人は今も昔も合意も法律も無視するヤクザな人種です。これはロシア人にも言える。安倍さんの問題は潔癖でない性格。だけど、チャイナの威嚇には厳しい眼を持っている。日本国民なら、日米軍を心底から応援するべきです。だから、一連托生を削除した。伊勢
2015/05/28 10:37 | 伊勢 [ 編集 ]

この国防白書に戦前わが国の外務職員だった天羽が非公式に発言したことが、アメリカの朝野を刺激した。あわてた外務省はそれを変更したが、内実はなぜアメリカがこの声明に反発するかを理解できなかった。
 アメリカから見れば、それは<アメリカはアジアからでていけ。アジアはアジアでする>という意味にとられたからです。しかしわが国はそのようにアメリカが理解しているとはわからなかった。
 この国防白書を見るとそれと同じ事を支那が言っている。
さてアメリカはいかがするか?
 ありもしない戦略的互恵関係(支那はありはしないと思っている)という新たな、アジア主義を安部政権は主張して何をするつもりか?
 支那にいっぱい食わせるつもりならいいが、本気だったら、命取りになる。
支那大陸へ企業の進出を抑制せよ。(民間は経済原則で動くが、それに政府補助がついている。これをやめよ)国内に流入する支那人を規制せよ。
2015/05/28 10:04 | kenji [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する