2015/05/29 (Fri) 埋め立て工事を即刻やめろ、、
Spratly US watch


spratly fishing

ベトナムやフィリッピンにとって、漁業が生命線なのだ。これはシイラじゃないかな?マグロも種類が多い。


spratly chinese vietnamese

中国海監という沿岸警備船である。ベトナムの警備船に水をかけている。「ここはチャイナの海域だ。出て行け!」とだね、、


VietnamChinaOilRig 5.7.14

ベトナムの沿岸に油田掘削の櫓を建てた、、勿論、こんなことをするのはチャイナだけである。


Philipines marine

こらがフィリッピンの海軍だとよ(笑い)。ベトナム戦争の後、米海軍が放置した上陸用輸送船である。コラソン・アキノ政権は米軍を追い出した。だが、「帰ってきてくれ!」と泣き出している、、日本が中古の海保艦を数個寄付したが、フィリッピンは空軍基地にしか使えない。フィリッピン兵には士気が全くないと見放されているのだ。


vietnamese coast gurd 5.27.14

ベトナムの沿岸警備隊である。ベトナム人は中国人よりも士気が高いのだ。10年余のベトナム戦争では200万人が死んだ、、あれだけの激戦場でその根性はテストされた。日本人も、アメリカ人も、ど根性では同じだ。


us p8 spratly

この写真は、南沙の上空を飛ぶ米海軍のP-8哨戒機だが、CNNのカメラマンらを乗せて行った。優柔不断なオバマ対策である。

「アシュトン・カーター米国防長官は、オバマの背骨である。この人が大統領であるべきだ」とアメリカ人がコメントしている。ハワイの海軍基地で、カーターさんは、米海軍将兵を前に「埋め立て工事を即刻やめろ」とチャイナに言った。日系人ハリー・ハリス海軍大将に太平洋艦隊総司令官の任務を正式に任命した。カーターさんは、シンガポールで中国の軍司令官と会う。直接、アメリカの意思を伝えると、、その後、ベトナムとインドを訪問する。これは、マラッカ海峡を封鎖する意味を持つ。中国の石油貯蔵庫には予備が45日分しかないからだ。習近平はバカ殿様なのだ。北米~カナダ~メキシコが、巨大な油田の大陸であることさえ自覚がないわけだ(笑い)。やはり、カーターさんは核物理学者である。計算とタイミングが精密だ。

「海ゆかば、水漬く屍、、」日米の将兵は70年前、太平洋をその血で染めた。そして、アメリカは民主主義と自由貿易の秩序を守ってきた。今さら、中国がアジア太平洋の盟主になるってかい?中国軍が少しでも好戦的な行動を取れば、B-52の爆撃に会うだろう。伊勢平次郎 ルイジアナ






みなさん

実は、伊勢爺は三井系工業会社の青年社長さんの随行通訳兼運ちゃんに雇われた。それで、明日の夜明け前に空港へ行く。そこから、ロスアンゼルスへ飛んで若社長と会う。うまい中華を食う。太平洋で泳ぐ、、サンデイエゴで重要な人物と会う。戦艦ミッドウエーを見学して~ラスベガスのトレードショウへ。一日、グランド・キャニオンを遊覧飛行する。フーバーダムの北のミード湖で泳ぐ。6月3日にわが家に帰る。自動小銃やピストルも撃ちに行く(笑い)。二日後、若社長とわがかみさんと三人で、アトランタ~セントルイス~シカゴへドライブする。小型のラップトップを持っていくけど、ブログがお粗末になるかもね。ごきげんよう。伊勢

comment

いってらっしゃい。無事の帰還とブログの再開を待っています。
2015/05/29 21:03 | eaglecatcher22 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する