2015/06/17 (Wed) アメリカ丸の船長ジャネット・イエレンは優秀だ
Yellen 9.17.14

"If confirmed by further estimates, my guess is that this apparent slowdown was largely the result of a variety of transitory factors that occurred at the same time, including the unusually cold and snowy winter and the labor disputes at ports on the West Coast, both of which likely disrupted some economic activity. And some of this apparent weakness may just be statistical noise. I therefore expect the economic data to strengthen."

先月5月の声明だ。「本年の第一四半期(1,2,3)の米経済は普通でない厳冬や西海岸の港湾労働者の争議などで明らかにスローダウンした。だが、それは過渡期の現象だ。単なるノイズということだ。従って、私は米経済はさらに強くなることを期待している」


伊勢爺の解説

さて、明日の昼、イエレン女史は再び声明を出す。投資家や投資ファンドが固唾を呑んでいる。利上げのことだ。どのような文言だろうか?米連銀の利上げはインフレ対策もあるが、その主旨は金融政策の正常化なのだ。ノーマルにしなければ、米国債の利回りが高くなり~国債を売って金庫を満たすことが出来なくなるからだ。

多くのエコノミストらは、「明日の声明も、イエレンは利上げをパスする」と書いている。伊勢もそう考えている。理由は、雇用も賃金も消費者心理もどんどん強くはなっているが、第二四半期のデータは少なく、明日、利上げを判断するには尚早だからだ。よって、9月説が現実味を帯びてくるわけさ。

さてさて、9月に利上げが発表されるとどうなるのか?5%から10%の修正が起きる。10%の修正をダウで言えば、$1800も下げるから大事だ。だが、8月には売られるだろう。現金を用意しておき~下げる度に何回かに分けて優良銘柄を買うのがベストだ。伊勢は、8月に入ったら、株50%~現金50%を準備することにしている。ベン・バーナンキには不注意な失言があったが、ジャネット・イエレンは、アメリカ丸の優秀な船長である。伊勢平次郎 ルイジアナ






海外広報に、ご献金を頂きたい

日本人で、伊勢一人がブルームバーグ紙で論戦している。アメリカ人は100%伊勢の「中国批判」に賛成なのです。とくに、日本に配備された米海軍軍人はね。「日本海軍は兵士も艦船も中国海軍よりもダントツに優れている」と書いてくれた。彼は「山東半島の中国海軍と合同演習した」と。しつこく食い下がる中国人を論破した。支那人は沈黙した(笑い)。


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

*留守中に、UN・YAさまから5000円~MA・YU姉様から5000円のご寄付を頂きました。有難うね。

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する