2015/06/28 (Sun) 速報・ギリシアに愛想が尽きた、、


エーゲ海に浮かぶ「サントリーニ島」ほど美しい島はない。16世紀に火山が噴火して出来た。だが、この国はどこへ行くのか?伊勢平次郎 ルイジアナ





greece bank run 6.28.15

ユーロ圏各国がが「6月30日を以って、ギリシアへの支援を打ち切る」と決定した。ギリシアでは取り付け騒ぎが起きているのだ。1931年7月のベルリンと同じである。

ユーロ圏、ギリシャ金融支援打ち切り決定 デフォルトが現実味
06/28 12:11 FNN

財政難に陥っているギリシャと、ユーロ圏各国との対立が、決定的になった。ユーロ圏18カ国の財務相は28日、ギリシャへの金融支援を打ち切ることを決めた。ギリシャのデフォルト(債務不履行)が、いよいよ現実味を帯びてきた。

チプラス首相は、「この闘いを勝ち抜こう!! ギリシャ国民の希望を勝ち取ろう!!」と述べた。

ギリシャ政府は28日、ユーロ圏からの金融支援の条件となっている財政緊縮案について、賛否を問う国民投票を7月5日に実施することを賛成多数で可決した。しかし、ユーロ圏18カ国は、予定通り、「6月30日で支援を終了する」として、金融支援の打ち切りを決めていて、ギリシャは、6月末に控えるIMF(国際通貨基金)への巨額の返済には、応じられない可能性が高くなっている。アテネ市内では、預金を引き出す市民が、長い列を作っているほか、週明けには、世界の金融市場が混乱するおそれもある。

伊勢爺の賭けだが、、



伊勢夫婦は二回ギリシアを旅した。これほど美しい国はないが、これほど働かない国民も見たことがない。社会主義政権が19年も続いたのだとさ(笑い)。スペインも、ポルトガルも社会主義の陰が濃いのだ。ズルズルと逃げ回るギリシアのチプラス首相と大蔵大臣は嫌われたのだ。さあ、この低脳らはどうするのかな(笑い)。伊勢は、泣く泣く応じると賭けているがね。

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する