2015/06/29 (Mon) グランド・キャニオンの旅


6月3日の朝4時、ラスベガスの「ニューヨーク・ニューヨーク」という1960年代に建てられたホテルを出た。ネバダは沙漠だ。砂漠と違うのはメスキートという潅木が生えているからだ。バーベキューをスモークする神の恵みなのだ。

K青年社長は元気一杯どころか、大のハッピーという顔であった(笑い)。ミード湖~フーバーダム~ナバホ族の山岳地帯~コロラド河の上を飛んだ。インデアンは、渓谷を「カイバブ」と言う。その南側のリムに着陸した。乗客は、ロシア人、ドイツ人、フランス人、東洋人は三人だけ。「オーチンハラショー」とロシア人が言った。みんな片言と手振り身振りで話した。「人間は絶対仲良く出来る」と確信した。

K青年は三井系の工業会社の社長さんだ。たったの44歳なのだ。彼は観光に来たのではない。アメリカに日本製医療機器の輸入会社を立ち上げる計画で来たのだ。伊勢爺はKさんの随行通訳兼運ちゃんなのだ(笑い)。話しが脱線したが、若い人のエネルギーが日本企業をリードするだろう。

ルイジアナへ向かう機上で日本の少子高齢化を話した。「現代の男女は前世代と違う教育を受けている。ITなどです。女性の職場が増えている。いわば、賢くなっているので、結婚は面倒なのですね」と語った。すると、日本人はフランス化しているとなる。Kさんは、少子化は問題だけども、生産性が落ちるわけではないと。何か納得が行ったわ(笑い)。そうだね、農業社会なら労働人口が減るのは国家の危機だけどね。結論は、「若者の収入を上げよ」なのである。大賛成である。伊勢平次郎 ルイジアナ






ということで、海外広報に、ご献金を頂きたい

日本人で、伊勢一人がブルームバーグ紙で論戦している。アメリカ人は100%伊勢の「中国批判」に賛成なのです。とくに、日本に配備された米海軍軍人はね。「日本海軍は兵士も艦船も中国海軍よりもダントツに優れている」と書いてくれた。彼は「山東半島の中国海軍と合同演習した」と。しつこく食い下がる中国人を論破した。支那人は沈黙した(笑い)。


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


*6月25日、MZ・TAさまが今月も、20、000円を下さった。WA・EIさまが今月も(毎月)、1000円の寄付を下さった。感謝しています。また、留守中に、UN・YAさまから5000円~MA・YU姉様から5000円のご寄付を頂きました。有難うね。日本はまだまだ、経済も、国防も、米国政府の援助が必要なのです。伊勢爺の論戦はそこに重点を置いたものです。アメリカを批判するのも、アメリカに失敗されたくないからです。伊勢

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する