2015/07/02 (Thu) 運も勝ちのうち
nadeshiko beat England 7.1.15

「運も勝ちのうち」と思った。なでしこが英国にオウンゴールという事故で勝ったのだが、これが勝負の世界なのだ。英国の選手が泣いた。だが、勝負というのは非情な世界なのだ。政治~経済~会社経営~サラリーマン、、どれも勝負の世界である。人間、成功するまでにどれほどの挫折を味あうものか?どれほど非情に面するものか?親が苦労して遺した何千億円の遺産を「非情の世界」が分らない息子が、自欲か甘言によって失う話しは多い。

ギリシアはどうなる?

メルケルがチプラスの提案とやらを蹴った。当たり前だよ。自分で国民投票を言い出しておいて提案もヘッタクレもあるまい。有識者らは、「ユーロ圏は待てば待つほどシリジア政権は崩壊すると信じているから」とだよ(笑い)。もうその兆候が出ている。「ユーロ圏の要求を受け入れる」という者が大多数だそうだからね。それも医者や学者や弁護士たちがね。

さて、実は日本の経済も土壇場に向かっているのだ。安倍晋三さんが「アベノミクス」を言い出したときから伊勢は賛成していないよ。必ず、頓挫すると思っている。「レーガノミクス」は日本の鑑にはならないからだよ。みなさんは、「伊勢爺は反安倍なのか?」と思ってはいけない。「安倍さんの経済政策は日本経済を根本から再建できるものではない」と思うからだ。自公政権はあと三年あるわけだ。集団自衛権を立法したら、抜本的な経済政策を立てることだよ。つまり、「年金削減と医療費の減額が必要」と国民に問いかけることだ。伊勢爺は「麻生太郎も気が弱いな」と思っている。消費税増税で逃げようと姑息なことを考えている。票を失うことを恐れているのだ。自己保身よりも日本を考えてもらいたい。出来なければ、ギリシアと同じ轍を踏むだろう。伊勢平次郎 ルイジアナ





ということで、海外広報に、ご献金を頂きたい

日本人で、伊勢一人がブルームバーグ紙で論戦している。アメリカ人は100%伊勢の「中国批判」に賛成なのです。とくに、日本に配備された米海軍軍人はね。「日本海軍は兵士も艦船も中国海軍よりもダントツに優れている」と書いてくれた。彼は「山東半島の中国海軍と合同演習した」と。しつこく食い下がる中国人を論破した。支那人は沈黙した(笑い)。


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


*6月25日、MZ・TAさまが今月も、20、000円を下さった。WA・EIさまが今月も(毎月)、1000円の寄付を下さった。感謝しています。また、留守中に、UN・YAさまから5000円~MA・YU姉様から5000円のご寄付を頂きました。有難うね。日本はまだまだ、経済も、国防も、米国政府の援助が必要なのです。伊勢爺の論戦はそこに重点を置いたものです。アメリカを批判するのも、アメリカに失敗されたくないからです。伊勢

comment

<¥130向かうというのは、正直考えにくいです。

日本もいずれは、財政を再建せざるを得ないからね。このアメリカも経済強化と軍事再編に一大勝負をかけている。改新時代をぼくらは生きている。伊勢
2015/07/03 08:38 | 伊勢 [ 編集 ]

現在まで世界は「ドル円¥75~¥125」体制を維持しているのは
こちらのプログを御覧の先生方は御存知のこととおもいますが、
¥130向かうというのは、正直考えにくいです。

¥130へ行くとしたら「新冷戦」ともいうべき、世界が変わったと言っても
いいかも知れません。市場から目が離せません。
2015/07/03 08:26 | オリーブオイル [ 編集 ]

その昔、雑誌で、イギリスのマーガレットサッチャーが<いいわるいはべつとして、アメリカはまず話は聞いて、理解しようとはする国だ。> これはほかの国は違うということです。<しかし、時たま。アメリカが腹をきめたら、交渉はない。なぜならイギリスは攻撃を受ければ一蹴にして、きえてなくなるから>
アメリカが腹を決めるということは、確か表現は<発狂する>とだったと思う。
 非常に難しい国だとわが国は認識する必要がある。銭で動くなら、簡単ですよ。ちょうど日本のODA外交のようにばら撒けばいいですから。
 ユネスコの世界遺産とおなじようにばら撒いて金を巻き上げればいいです、ユネスコはね。
 このようなとろいことに熱中してはいけない。大体文化遺産についてはユネスコなど関係ない、そこに世界遺産とつけているのは、言葉のあやですよ。銭がなくなったからですよ。
 登録料を取るための銭儲けに過ぎないとみている。
そこに妙な言葉が入っている。それは<記憶>遺産という言葉です。連中またぞろ、妙なことをたくらんでいる。
 わが国はべつにそんなことをする必要がない。<1300年前に作ったお寺を今も使っているから。世界中において、そのようなものがあったなら、それを世界遺産にするぜ>と嘲笑した目でいうくらいのことはしたほうがいい。
2015/07/03 08:16 | kenji [ 編集 ]

オリーブオイル先生

なるほどね。よく分るわ。ひゃっぺん石橋叩いて渡らないことにした、、う~んと言うしかないですね(笑い)。でもさ、現在の為替は維持できるのかな?USDは8月頃から上げ始めるよ。伊勢
2015/07/03 08:10 | 伊勢 [ 編集 ]

説明が不十分でした。「金があれば資源をいつでも買えると思うな」
と言う意味です。それほどまでに日本の生命線が細く、先の大戦で
断たれたからアメリカとの無謀な戦争に踏み切ったのです。

そのために狡猾な外交としてアメリカのみならず「根回し」しておかなければ
ならないのに、この有様です。ちなみにクリントン政権のとき同盟破棄を
持ち出した時は、安全保障を交渉のカードにすべきではないと説得して
見せたのに、人材が枯渇したのでしょうか。

慰安婦問題にしろ遅い反撃かも知れませんが、しないよりマシです。
2015/07/03 07:54 | オリーブオイル [ 編集 ]

<日本は世界から毀損され孤立しても、貿易さえ出来れば生きていけます。

「カネの方が大事」だと言いますか?それなら、価値観の違いだから議論にもならないよ。ぼくは在米48年です。アメリカ人が妻です。その血縁はみんな白人です。でもね、アメリカ人に言い返して脅されたことはありません。というのは、筋が通るならアメリカ人ほどフェアな国民は世界にいないからです。日本人が押し黙るのは勇気がないからです。傷付けたかな?伊勢
2015/07/03 07:06 | 伊勢 [ 編集 ]

>日本の名誉を毀損されても、黙りこくっている。不思議な民族です。

「日本は世界から毀損され孤立しても、貿易さえ出来れば生きていけます」

それとアメリカは交渉の場では、日本をかなり研究した上で「圧力」を
かけてきます。言い返すのなら核をまた使うといわんばかりに。
例を挙げるなら、95年の沖縄の少女暴行事件では「招かれた招待客に
出て行けと言うのなら、無理して日本に同盟国として残るつもりはない」
と当時の大使は証言していますし、最近では国際結婚した夫婦の子供の親権に
ついて、「子供を引き渡さないのなら軍事同盟を停止する」とまで
言ってきています。このような場合右往左往して混乱しているのが
日本行政府と立法府であるのです。まあ利権と縄張りを守るあまりに怠惰な
売国生活を送ってきた証拠です。
2015/07/03 03:24 | オリーブオイル [ 編集 ]

オリーブオイル先生

「アメリカに逆らわない方が良い」というのが日本政府だけでなく、国民の大多数だと思う。だから保証も、何も、ぼくの意見は聞き入れない。日本の名誉を毀損されても、黙りこくっている。不思議な民族です。ぼくは言い返して生きてきた。伊勢
2015/07/03 02:39 | 伊勢 [ 編集 ]

>それと保障ですが普通の人は保障という考えはあるが
それが100パーセントと思って生きている人はいないでしょう。

いいえ。日本で成功している人たちは「確実に成功すると分かるまで」
動きません。似たような言葉で「本当に見たのか?」というのも
あります。そして「縄張り」をまとめる「元締め」に挨拶をしっかりした
から成功することを「許される」のです。このハナシの証明が
「ホリえもん」という豚型ロボットのアニメがありましたね。

冗談はさておき、アメリカの一応同盟国である韓国を断交は無理としても
より過酷な制裁を加えれば十分だと思いますよ。
ドル円の為替もいい動きしてきましたし。
2015/07/02 23:45 | オリーブオイル [ 編集 ]

>オリーブオイルさんへ
この問題を調べていくといろいろなものが出てきます。
そもそも宮沢内閣の前、具体的には三木内閣の頃から問題で、大仕掛けではわが国が力をつけてきて、第二次世界大戦の結果の変更を迫られる状態になったこと中共の思惑があった。そもそも中華人民共和国は1949年に成立した、その国が1945年に終わった戦争について、何を言いうる権利があるのか?
 なんとしてでも中共は第二次世界大戦に戦ってかったとしなければならないがそれはどのように見ても無理です。
 この回答を中共政府ではなくわが国政府がどのようにして出したのか?
 ここに田中内閣の問題点があった。それ以前は中共といっていたがその後中国と言い換えた、なぜか、それは日本人に日本政府が錯覚を抱かせるためにした。特に新聞社はそれをした。
 なぜか、その説明は必要ないでしょう。
南朝鮮にいくら説明してもそれはもはや受け入れられない。普通の日本人はアメリカが自由と平等と思想信条の自由の国が事実をむしして、朝鮮人の言うことなど聞くはずがないとまあ思っていた。ところがところがです。
そこがアメリカ人は金と力にはきわめて弱い。特に金に弱い。
 反論するならベトナム戦争において韓国は何をした?朝鮮戦争でアメリカは何をしたといえばいいがこれをいいだすとアメリカの建国の裏面史がやがて出てくる。それを出したら、アメリカ人も朝鮮人と同じ態度をとる。
 ではそのとき、わが国に何ができるか?
これは何もできない。したがっていかがするか?
簡単で韓国と断交をすればいい。これ以外にこの問題の解決の道はない。それをわが国政府首脳が自覚しているかが問題です。それができる状態にするには今わが国は何をする必要があり、そのうちできることは何かを考えることです。オリンピックなど開いている場合ではない。
 日清戦争前の状態と似たようになりました。あの時は確か小村寿太郎が戦争を引き起こした。李鴻章はまだ交渉の余地があるとともに、してのお互い損をすると見ていました。勝海舟の見方がただしかった。
 それと似たことを今度は逆に中共か南朝鮮がするだろうと私は見ています。
 いずれにしても反論の時期はもはや過ぎてしまったがアメリカ国内における、反論はしていく必要があるが、普通の日本人はマイクホンダ議員にはあきれているのが実情でしょう。
 鯨問題と同じです。背後に人種差別があります。なおさら厄介です。
 それと保障ですが普通の人は保障という考えはあるがそれが100パーセントと思って生きている人はいないでしょう。いればきちがくぃですよ。
2015/07/02 23:29 | kenji [ 編集 ]

>言い返せばいいじゃないか。アメリカ人は言い返さない者を
卑怯者と見るのです。

その方法が100%成功できると保障できますか?

保障できないのなら「縄張り」を死守するため謝罪すればよい。
というのがヤクザの元締めでもある日本政府のこれまでのやり方です。

まあ長い年月、省益を維持するためアメリカを研究してこなかったのが
原因です。日本には参謀がいないのです。それは226事件でも明らかでしたが。
2015/07/02 23:02 | オリーブオイル [ 編集 ]

kenjiさん

自民党のなんやら委員会が、韓国の慰安婦捏造に抗議すると。わがかみさんが、「今頃になって?」とさ。ぼくは、安倍さんの退けた腰が嫌いなんだ。アメリカの顔を飼い犬のごとく伺っている。言い返せばいいじゃないか。アメリカ人は言い返さない者を卑怯者と見るのです。老獪な政治家かも知れないが国民の名誉はどうした?伊勢
2015/07/02 22:37 | 伊勢 [ 編集 ]

国内は公的部門を軍事警察裁判出入国以外は半減することです。特に上記以外の公務員の給料は知人言わせると三分の一でも十分だといいます。それくらい仕事をしていない。する仕事がないからです。
 財政が赤字になるのは当たり前で、これで黒字になったら、天地がひっくり返る。
 とにかく市役所の職員の働き振りを見るとわかりますよ。 
 地方は今のギリシャと同じです。国からの補助金がないとギリシャと同じです。
 まあ革命しか変革はありえず、それには政府財政破綻を早くさせることです。これに向かって政治家は進むことだと私は判断しています。そのためにもアメリカ軍は必要です。ありゃありゃりゃ。いててください。優先して思いやり予算は増やしますから。
 ゴッドファーザーの子分の態度ではないですね。
2015/07/02 16:33 | kenji [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する