2015/07/18 (Sat) 日本に十字架を背負わす面々
bearing a cross

今日のテーマは「日本は過ちを認めよ」と安倍晋三総理大臣に共同声明を発表した学者という不思議な連中を批判したい。


戦後70年談話「日本の過ち認めよ」学者ら声明
2015年07月18日 10時59分 読売新聞

 安倍首相が今夏に発表する「戦後70年談話」について、国際政治学者や歴史学者ら74人が17日、「日本が過ちを犯したことは潔く認めるべきだ」などとする共同声明を発表した。

 国際法学者の大沼保昭・明大特任教授、歴史学者の三谷太一郎・東大名誉教授らが同日、都内の日本記者クラブで行った記者会見で公表した。

 声明は、日本の植民地支配と侵略への「おわびと反省」を明記した戦後50年の村山首相談話と戦後60年の小泉首相談話に触れ、「村山談話や小泉談話を構成する重要な言葉が採用されなかった場合、(戦後70年談話が)否定的な評価を受ける可能性が高い」と強調した。過去の談話を「全体として継承する」と述べている安倍首相に対し、具体的な表現で過去の談話を引き継ぐよう求めた。


伊勢爺、怒髪天を突く

伊勢爺は反対である。特に、「日本が過ちを犯したことは潔く認めるべきだ」の部分は気違い沙汰である。なぜなら、戦争には相手か敵があるからだ。さらに、「村山談話や小泉談話を構成する重要な言葉が採用されなかった場合、(戦後70年談話が)否定的な評価を受ける可能性が高い」の部分はこの学者らは「日本に十字架を背負わせれば穏便に済む」と言っているわけである。世界中が巻き込まれた第二次世界大戦の日本が関わる部分をことなく終わらせる為に、「日本人を永遠の罪人にすれば良い」と言っているのである。さあね、そうだろうか?この学者たちや、瀬戸内寂聴という片足棺桶に突っ込んだ女坊主は日本民族のプライドに価値を認めない狂人なのである。そのくせ、汗もかかず美味いメシを喰っているのだ。速く逝け!




それでは、アメリカは罪を犯していないのか?歴代の大統領から「おわびと反省」など聞いたことがない。平和主義者のオバマまでがね。日本の首相が70年前の戦争をおわびすれば平和が続くのかね?アジア太平洋の安全保障ことアジアの平和は、安倍晋三さんが政治生命を賭けて立法する集団的自衛権の解釈変更に大きく依存するのだよ。「おわびと反省」じゃないよ。お詫びすれば、「軍備法制を強化しながら、侘びている」となるではないか?バカバカしい!安倍首相の心労は計り知れないものがある。伊勢爺は、同志を代表して安倍首相に感謝を申し上げる次第である。伊勢平次郎 ルイジアナ





ということで、海外広報に、ご献金を頂きたい

日本人で、伊勢一人がブルームバーグ紙で論戦している。アメリカ人は100%伊勢の「中国批判」に賛成なのです。とくに、日本に配備された米海軍軍人はね。「日本海軍は兵士も艦船も中国海軍よりもダントツに優れている」と書いてくれた。だが、今日はアメリカを批判した。

Iseheijiro • 9 hours ago
Japan is a sovereign nation and the closest ally to the US. Japan is not a lapdog of US. They agree if the US request is legitimate such as Okinawa bases. Majority of Japanese oppose Abe's reinterpretation of their constitution. They claim there is not enough explanation to change. However, that is not the real reason. Japanese public does not trust US from time to time. For example, George Bush's private war with Iraq 2003, another is Hiroshima/Nagasaki atomic bombing that killed innocent civilians August 1945.


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


*6月25日、MZ・TAさまが今月も、20、000円を下さった。WA・EIさまが今月も(毎月)、1000円の寄付を下さった。感謝しています。また、留守中に、UN・YAさまから5000円~MA・YU姉様から5000円のご寄付を頂きました。有難うね。日本はまだまだ、経済も、国防も、米国政府の援助が必要なのです。伊勢爺の論戦はそこに重点を置いたものです。アメリカを批判するのも、アメリカに失敗されたくないからです。伊勢

comment

<この学者連中はわが国は戦争する能力があるという前提ですが、阿部首相たちは戦争をする能力は、わが国にはないが、戦争は起きる可能性が大だから、さてどのような選択があるかという問題に過ぎない。

科学者は国家の政治に口を出さないよね。それに、現実が理解できるならこんなバッカな声明など出さない(笑い)。日米は太平洋を血で染めたのです。チャイナやロシアの秩序など他の国は認めないよ。不完全であっても、日米の民主主義は、中露よりも根付いている。安倍さんは、国民のほとんどは羊だと思っているのでしょう。学者が、守ってもらうことに反対する?へ~?伊勢
2015/07/20 10:22 | 伊勢 [ 編集 ]

http://www.asamnews.com/2015/07/15/san-jose-inside-mike-honda-and-staff-under-ethics-investigation/
http://www.sanjoseinside.com/2015/07/15/office-of-congressional-ethics-conducts-review-of-mike-honda/

マイク・ホンダ米下院議員を選挙法違反の疑いで米国議会倫理局が調査中

7月15日の「サンホセ・インサイド誌」等の報道によると、
日系アメリカ人のマイク・ホンダ米下院議員とその事務所のスタッフは、
前回の議員選挙の際、南アジアの人から献金してもらう見返りとして、
国務省の正式な行事に招待した疑惑などで、米国議会倫理局が調査を
続けています。

昨年9月、選挙区内のCupertino市及びMilpitas市の市長2人が正式に
告発しました。告発内容はまだ正式には公開されていないものの、
リークされた電子メール等の証拠がウェブ等に出回っています。
決して軽い問題ではないので、倫理局の調査の結果、最終的に
米国議会倫理委員会が審査を行い、ホンダ議員が議席を失う可能性も
あります。
2015/07/20 06:13 | [ 編集 ]

伊勢さん、この人々は敗戦利得者の流れの人々です。
戦前戦後学者先生言論集という本が昭和27年に確か出版されており、それを読むと、学者など当てにならないことが歴然としています。戦後華やかだった人ほど、ひどい。要するに世渡りがうまいということです。
 彼らの精神構造は興味深いものがあります。
 
彼らは自身の面子と、飯の食い上げを心配しているだけです。
 戦前の軍部が自身の軍事力への奇妙な過信による戦争を考えたようなものです。開戦の前夜という映画が1944年に作られていますが、その初めのころにアメリカとは戦争をしても勝てるわけがないという意味の事を出演者が述べています。国力の違いは述べています。
 したがって問題は多くの人が負けると知っていて、戦争を始めたそのメカニズムが問題です。 
 この学者連中はわが国は戦争する能力があるという前提ですが、阿部首相たちは戦争をする能力は、わが国にはないが、戦争は起きる可能性が大だから、さてどのような選択があるかという問題に過ぎない。
 ことはわが国に一国だけで戦争をする能力があるのかないのかの自己認識、ないし、自己評価の正確さの問題です。これができない学者ですから、当然ねえ。
 しかしノーベル賞を受賞した滝川氏も反対されていますが、これは彼の信念でしょう。
 瀬戸内女史は親父は<ただのエロ坊主>といいましたので。私が<いやあれはエロ尼だ>といって、笑ったことがあります。
 近代日本が生み出したある種のタイプの女性で、虚構の日本女性史を信じて、女性解放を考えた人に過ぎない。
 全体に見ればわが国の女性は欧米より力は強い。
何しろ鎌倉時代において女性の資産の権利がありましたから。明治以降でしょう女性の権利が縮小されたように見えるのは。
 知人の大工は家を建てるとき最終的には女房が決めるといっていました、それくらい強いです。
 彼女は虚構の世界に生きた人でしょう。わが国の女性は欧米に比べて遅れているという虚構に。
2015/07/19 16:08 | kenji [ 編集 ]

上の投稿さん、有難う。

ぼくも今東光和尚の弟子の端くれなんです。瀬戸内には会っていないけど、天台宗では「寂聴は威張っている」と嫌われていたね。この法案が成立したら、安倍さん、総理を辞める気かな?伊勢
2015/07/18 13:49 | 伊勢 [ 編集 ]

全く同意です!
2015/07/18 13:29 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する