2015/08/02 (Sun) 閑話休題・芥川賞につき
three star火花



本年の芥川賞受賞作である。著者は、又吉直樹(35)、職業、お笑い芸人とのことである。漫才師の師弟関係を描いたのだと、、伊勢は、へとへとのぬるま湯に浸かった日本社会が生み出したものと思っている。1927年、芥川は、35歳で自殺した。だが、374編もの作品やエッセイを遺したのである。http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person879.html


four and half star箱根の坂



『箱根の坂』は、司馬遼太郎の長編歴史小説。1982年(昭和57年)6月から翌83年12月まで『読売新聞』に連載された。1984年に講談社から単行本が、1987年に講談社文庫(改版2004年)が、各上中下巻で出された。箱根の坂を越えて小田原城を攻略し、後北条氏の祖となり戦国時代の火蓋を切った北条早雲の生涯を描く。


four and half star羅生門

rashomon english

これが、アメリカの大学の文学部で読まれている芥川竜之介の代表作である。ちょうど、今から100年前に書かれたものである。他に、英訳されている作品は6冊もある。伊勢爺は戦争から復員してきた黒木ひかる先生などの世代から教育を受けた。芥川は中学時代に読んだ。「杜子春(とししゅん)」を読んで泣いたことを想い出す。伊勢爺は滅多に泣かない少年だった。「どうしたの?」とわが母が言った。

純文学というと芥川竜之介~森鴎外~夏目漱石だと思っている。それで、山椒大夫のアダプテーションであるKing of Pepper(短編)を英語で書いて、アマゾン・キンドルから出した。

純文学の定義は、1)大衆小説ではない~2)登場人物の人間性を物語としたもの~3)必ずメッセージがある。伊勢は、芥川か?森鴎外か?夏目漱石か?と問われれば、森鴎外を選ぶ。完結な文章と分りやすい記述に深い印象を受けるからだ。主人公の最後のせりふは一行で、読者の胸にグサリと刺さる。

さて、今回の「火花」のレビューを読んだ。自分の意見を述べるには買って読まなければアンフェアだ。レビューを読んで買わないことにした。酷評と賛美が二つに分かれている。芥川賞を受賞した作品が何故、三つ星なのか?読者の評を読んでみてください。伊勢平次郎 ルイジアナ

http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4163902309/ref=acr_dpx_hist_1?ie=UTF8&filterBy=addOneStar&showViewpoints=0





ということで、海外広報に、ご献金を頂きたい

日本人で、伊勢一人がブルームバーグ紙で論戦している。アメリカ人は100%伊勢の「中国批判」に賛成なのです。とくに、日本に配備された米海軍軍人はね。「日本海軍は兵士も艦船も中国海軍よりもダントツに優れている」と書いてくれた。だが、今日はアメリカを批判した。

Iseheijiro • 9 hours ago
Japan is a sovereign nation and the closest ally to the US. Japan is not a lapdog of US. They agree if the US request is legitimate such as Okinawa bases. Majority of Japanese oppose Abe's reinterpretation of their constitution. They claim there is not enough explanation to change. However, that is not the real reason. Japanese public does not trust US from time to time. For example, George Bush's private war with Iraq 2003, another is Hiroshima/Nagasaki atomic bombing that killed innocent civilians August 1945.


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


*7月30日、MIZ・TAKさまから、20、000円~ 7月25日、SHO・KATSUさまが、5、000円を下さった。7月23日、YA・HIさまが、10、000円を下さった。WA・EIさまが今月も(毎月)、1000円の寄付を下さった。たいへん感謝しています。有難うね。日本はまだまだ、経済も、国防も、米国政府の援助が必要なのです。伊勢爺の論戦はそこに重点を置いたものです。アメリカを批判するのも、アメリカに失敗されたくないからです。伊勢

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する