2015/08/24 (Mon) パンダと巨大金融緩和
giant panda near baby

「ワシントンの国立動物園で、ジャイアント・パンダのメイシャンが二匹の赤ちゃんを産んだ」というのが今朝の特報(笑い)。


yuan dont want to devalue

中国は全ての金融政策に失敗した。これ以上の人民元切り下げは、資金がどんどん外国(USA)に出て行く。そこで、最後の巨大金融緩和を実施すると発表。なんと、その額は、$680ビリオン(82兆円)だ。現金を渡すのではなく~銀行の義務である「引き当て金」の%を大きく下げ~貸し出しやすくする。それを今月末から来月の始めに実施すると速報。これが、二つの特報です。伊勢平次郎 ルイジアナ







海外広報に、ご献金を頂きたい

日本人で、伊勢一人がブルームバーグ紙で論戦している。中国経済が劣化してから中国人の書き込みがゼロとなっている。いかに習近平が窮地に陥ったかがよく判る。日中貿易を見直すときである。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


*7月30日、MIZ・TAKさまから、20、000円~ 7月25日、SHO・KATSUさまが、5、000円を下さった。7月23日、YA・HIさまが、10、000円を下さった。WA・EIさまが今月も(毎月)、1000円の寄付を下さった。たいへん感謝しています。有難うね。日本はまだまだ、経済も、国防も、米国政府の援助が必要なのです。伊勢爺の論戦はそこに重点を置いたものです。アメリカを批判するのも、アメリカに失敗されたくないからです。伊勢


宝田明さんにメールを出した

[ メッセージ ]
隼速報の伊勢です。ぼくも1941年、新京で生まれました。一家七人は終戦一年前に日本へ帰りましたが、兄三人は学徒出陣と予科練へ行きました。みな生還しました。「満州を掴んだ男」が現在集英社の手にあります。出版はわかりません。応援してください。ブログで「憲兵大尉の娘」を連載中です。是非、ご覧ください。


comment

上の投降さま

ぼくは、連銀の利上げを警戒していた。いきなり、上海SSEが急落して、やがて暴落した。6月の頂点から40%ですから、経済ファンダメンタルズが好いUSまでも心理に負けた。USは10%の修正ですが。

チャイナは全てに於いてリスクの高い国です。いわば悪妻なのですが、日本の企業は離婚しなかった。ぼくは上海も、GDPも、まだ後退すると思っている。個人投資家には「寝ていろ」と言いたい。半分は戻るでしょう。伊勢
2015/08/26 13:54 | 伊勢 [ 編集 ]

http://www.bostonglobe.com/opinion/editorials/2015/08/24/the-end-china-growth-model/TpZy6P05dfwdna51ByEUgM/story.html
The end of China’s growth model
By Yasheng Huang AUGUST 24, 2015
中国の成長モデルの終焉  Yasheng Huang(MIT教授)

中国式のビジネスコストを低く抑える手法は持続可能ではない。
何故ならそれは中国の庶民の家計を潤していないからだ。
中国の中間層の増加などが言われることがあるが、労務費、
つまり庶民のサラリーや賃金のGDPにしめる比率は世界最低クラスである。
中国経済の奇跡的成長はサプライサイドのもので、
国民の最終(消費)需要につながっていない。
中国式経済モデルのもっとも危険な側面は、負債漬けと資産インフレの
バブルというまやかしであって、そういうものが問題解決の
政策とされることである。
2015/08/26 12:20 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する