2015/09/13 (Sun) ポンジー・スキーム
abe face ugry

アメリカの経済紙は「日本経済は方向を失った」と書いている。「デフレ脱却がキャンペーンだったが日本政府は解決出来そうもない」と悲観的である。伊勢は「アベノミクスは、ロジックがない」と始めから期待しなかった。この首相は絹の産着にくるまれて育った人である。住宅ローンさえ払ったことがない人である。自分の力で留学もしなかった。一年ほど、カリホルニアにホームステイしたとか聞いた。皿さえも洗ったことがないだろう。規制緩和に踏み切れないなら「成長戦略」はうわ言なのである。一方で、確たる担保のない日本の財政は、「ポンジー・スキーム」なのである。つまり、押さえ込まなければいずれ破綻する。伊勢平次郎 ルイジアナ


yellen up or not

いよいよ、来週のお木曜日に連銀が利上げするか、しないかを決める。日本の新聞は子供新聞だが、その原因は新聞社でなく、大衆の学習能力が後退したと思う。イエレン議長は、「利上げしないでも、市場は既に修正し始めた~ドルが対16カ国の通貨に対して強い~米国債に危険信号がない、、」と今年中は上げないで静観するのじゃないか?と今朝の社説である。利上げは、いずれする。さっき、書いた「ポンジー・スキーム」だからだ。まだまだ株価の修正は続く。


お知らせ

連載小説「憲兵大尉の娘」は月曜日まで休刊です。伊勢





comment

http://news.infoseek.co.jp/article/12kyodo2015091201001484/
ウガンダ大統領、投資奨励 「日本は中国から学んで」
 
来日した東アフリカ・ウガンダのムセベニ大統領は12日、近年著しい
中国のアフリカへの経済進出を評価、「日本が中国から学ぶことを勧める」と
述べ、日本企業のアフリカへの積極的な投資や貿易の強化を求めた。
東京・元赤坂の迎賓館で共同通信などと会見した。

ムセベニ氏は、中国がインフラ支援や投資で「アフリカを助けている」と
指摘、今後の日本とアフリカの関係持続には貿易と投資の強化が重要との
考えを示した。

アフリカの平和構築に向けた日本の貢献について、財政支援のほか、
南スーダン国連平和維持活動(PKO)に参加する自衛隊施設部隊のような
「専門的な役割」に期待を示した。
2015/09/13 08:21 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する