2015/12/13 (Sun) 花は桜木、人は武士


★宮崎県鬼神神社宮司の時の写真・右は禰宜
今は名誉宮司:現宮司は弟黒木當
*黒木當は空将補、自衛隊定年退職後国学院大学に学士入学明階位取得。

黒木ひかる先生は伊勢爺の中学時代の担任であった。宮崎県の鬼神神社の神主であった。のち東京の中学校の校長を務められたが、日教組は黒木先生が神道の神主であることを弾劾しなかった。生徒の暴力事件はその数年間起きなかったのだ。つまり例外だと。先祖代々の神社の神主さんだ。西郷隆盛に着き、熊本城を襲った神風連(じんぷうれん)の子孫だと言う噂がある。昨日、そのわが恩師が写真を送ってくれた。伊勢平次郎 ルイジアナ








old kendoman1

左は富山高校教諭であられた剣友だそうだ。92歳である。右の赤胴が黒木先生で91歳である。両先生とも剣道七段教士である。わが恩師は伊勢にまで「百まで生きよ」と言ってる(笑い)。



009 (2) (1)

砲丸投げで新記録を出して金メダルを獲得された。ははは、、伊勢


伊勢爺の想い出

とにかく恐ろしい先生であった。教室に入ってくると「うるさいぞ」と言った。悪餓鬼までも沈黙した。生徒を殴ったのを見たことがない。この先生は満州の戦場から帰還された。大連師範学校を出ておられる。それが理由で伊勢が書いて現在集英社の手にある「満州本」を気に入っている(笑い)。この先生ほど女生徒に愛されているひとはこの世にはいないだろう。現在でもだ。伊勢爺も結構もてるけどね、、

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する