2015/12/23 (Wed) 天皇陛下「かっての戦争を忘れてはならない」
tennouheika war

記者会見される天皇陛下(皇居で)

天皇陛下、82歳に「先の戦争考えて過ごした」
2015年12月23日 05時00分


 天皇陛下は23日、82歳の誕生日を迎えられた。

 これに先立ち、皇居・宮殿で記者会見に臨み、「様々な面で先の戦争のことを考えて過ごした」と、戦後70年の節目を迎えたこの1年を振り返られた。

 ■戦没者への思い

 陛下は、「平和であったならば、有意義な人生を送った人々が命を失った」と述べ、戦没者へ深い哀悼の意を示すとともに、戦争を知らない世代が増えていることを挙げ、「先の戦争のことを十分に知り、考えを深めていくことが、日本の将来にとって極めて大切」と強調された。

 6月の戦没・殉職船員追悼式では、強制的に徴用され、十分な護衛もない中、命を落とした民間船の船員らを思い、供花されたという。慰霊のため4月に訪れたパラオでは、美しい海に無数の不発弾が残り、処理には大変な時間がかかると知ったとして、「島々に住む人々に大きな負担をかけてしまったことを忘れてはならない」と述べられた。

 ■被災地への気遣い

 各地で発生した自然災害の被災者も気遣われた。

 5月の鹿児島県口永良部島の噴火を挙げ、「みな無事でしたが、まだ避難生活が続いていることに心を痛めています」と島民たちの暮らしを心配された。一方、9月に鬼怒川の堤防が決壊した茨城県常総市の被災地で、多くのボランティアが復旧作業に協力したことに触れ、「困難に遭遇している人々を助けようという気持ちが、日本人の中に育っていることを心強く思います」と明かされた。

 ■うれしいこと

 喜ばしいこととしては、日本人研究者2人のノーベル賞受賞を挙げられた。

 以前、寄生虫病の「オンコセルカ症」で失明した患者たちの映像を見て心を痛めたといい、特効薬の開発に貢献した研究者の受賞を「本当にうれしく思いました」とたたえられた。

 日本製のジェット旅客機が完成し、試験飛行が成功したことも、「うれしいこと」に挙げられた。1962年に戦後初の国産プロペラ旅客機「YS11」の試験飛行を関係者とともに見守ったことを懐かしく思い出されたという。

 会見の終わりに、陛下は「この誕生日で82歳になります。年齢を感じることも多く、行事の時に間違えることもありました」と率直に明かされた。「一つ一つの行事に注意深く臨むことによって、少しでもそのようなことのないようにしていくつもりです」との考えを示された。

          ◇

 (宮内記者会代表質問)

 問 今年は自然災害などいたましい出来事があった一方、日本人2人がノーベル賞を受賞するなど、明るい話題もありました。天皇陛下は戦後70年の節目に当たり、新年のご感想で「満州事変に始まる戦争の歴史を学び、今後の日本のあり方を考えることが極めて大切」と述べられ、パラオをはじめ、国内外で慰霊の旅を重ねられました。また、全国戦没者追悼式では「さきの大戦に対する深い反省」という表現を新たに用いてお言葉を述べられたほか、玉音盤の原盤や、御文庫付属庫の公開もありました。年明けには、フィリピンへの公式訪問が予定されています。

 戦争や平和への思いに触れながら、この1年を振り返るとともに、来年へのお考えをお聞かせください。

(ご回答)

 今年の自然災害としては、まず5月に鹿児島県の口永良部島の新岳しんだけが噴火して、海岸まで達する火砕流が発生し、全島民が島から避難したことが挙げられます。火砕流は雲仙岳の噴火災害のお見舞いに行った時に見ましたが、海岸まで達する火砕流は本当に恐ろしい光景だったと思います。島民は幸い皆無事でしたが、まだ避難生活が続いていることに心を痛めています。

 9月には豪雨により鬼怒川などが氾濫し、8人が亡くなる大きな災害となりました。氾濫により多くの人々が家々に閉じ込められ、どんなにか不安な時を過ごしたことかと思います。自衛隊を始めとするヘリコプター等の救助活動により、人々が無事に救出されたことは本当に幸いなことでした。危険を伴う救出活動に携わった人々に深く感謝しています。水につかった家屋や田畑の復旧作業には多くの労力を必要とするもので、多数のボランティアが協力してくれていることをうれしく思っています。困難に遭遇している人々を助けようという気持ちが日本人の中に豊かに育っていることを非常に心強く思います。後日、(茨城県)常総市の被災地をお見舞いしましたが、泥水につかった田畑が広がり、苦労して作物を育ててきた人々の気持ちはいかばかりかと察せられました。

 今年の喜ばしい出来事としては、まず2人の日本人がノーベル賞を受賞されたことが挙げられます。大村博士の生理学・医学賞は、アフリカや南米で、人に感染すると盲目になる危険をもたらすオンコセルカ症を治す薬を地中の菌から作り出されたことなどの業績によるものです。私は以前、オンコセルカ症を患って盲目になった人々が連なって歩いている痛ましい映像を見ていましたので、この病気を治す薬が出来たということを本当にうれしく思いました。一方、梶田博士の物理学賞は、神岡鉱山の地下にあるスーパーカミオカンデにおけるニュートリノの研究で、ニュートリノに質量があることを見いだされたことに対する授賞でした。11年前、スーパーカミオカンデを訪問したことが思い起こされました。お二人の長年にわたる地道な研究を誠に尊いものと思います。

 また、日本製のジェット旅客機が完成し、試験飛行が行われたこともうれしいことでした。かつて日本で戦後初めてつくられたプロペラの旅客機YS11の試験飛行を、羽田の空港で関係者と共に見守ったことが懐かしく思い起こされました。それから50年以上がたったわけです。

 今年は先の大戦が終結して70年という節目の年に当たります。この戦争においては、軍人以外の人々も含め、誠に多くの人命が失われました。平和であったならば、社会の様々な分野で有意義な人生を送ったであろう人々が命を失ったわけであり、このことを考えると、非常に心が痛みます。

 軍人以外に戦争によって生命にかかわる大きな犠牲を払った人々として、民間の船の船員があります。将来は外国航路の船員になることも夢見た人々が、民間の船を徴用して軍人や軍用物資などをのせる輸送船の船員として働き、敵の攻撃によって命を失いました。日本は海に囲まれ、海運国として発展していました。私も小さい時、船の絵はがきを見て楽しんだことがありますが、それらの船は、病院船として残った氷川丸以外は、ほとんど海に沈んだということを後に知りました。制空権がなく、輸送船を守るべき軍艦などもない状況下でも、輸送業務に携わらなければならなかった船員の気持ちを本当に痛ましく思います。今年の6月には第45回戦没・殉職船員追悼式が神奈川県の戦没船員の碑の前で行われ、亡くなった船員のことを思い、供花しました。

 この節目の年に当たり、かつて日本の委任統治領であったパラオ共和国を皇后と共に訪問し、ペリリュー島にある日本政府の建立した西太平洋戦没者の碑と米国陸軍第81歩兵師団慰霊碑に供花しました。パラオ共和国大統領ご夫妻、マーシャル諸島大統領ご夫妻、ミクロネシア連邦大統領ご夫妻もこの訪問に同行してくださったことを深く感謝しています。この戦没者の碑の先にはアンガウル島があり、そこでも激戦により多くの人々が亡くなりました。アンガウル島は、今、激しい戦闘が行われた所とは思えないような木々の茂る緑の島となっています。空から見たパラオ共和国はサンゴ礁に囲まれた美しい島々からなっています。しかし、この海には無数の不発弾が沈んでおり、今日、技術を持った元海上自衛隊員がその処理に従事しています。危険を伴う作業であり、この海が安全になるまでにはまだ大変な時間のかかることと知りました。先の戦争が、島々に住む人々に大きな負担をかけるようになってしまったことを忘れてはならないと思います。

 パラオ訪問の後、夏には宮城県の北原尾きたはらお、栃木県の千振ちぶり、長野県の大日向おおひなたと戦後の引き揚げ者が入植した開拓の地を訪ねました。外地での開拓で多大な努力を払った人々が、引き揚げの困難を経、不毛に近い土地を必死に耕し、家畜を飼い、生活を立てた苦労がしのばれました。北原尾は、北のパラオという意味で、パラオから引き揚げてきた人々が入植したところです。

 この1年を振り返ると、様々な面で先の戦争のことを考えて過ごした1年だったように思います。年々、戦争を知らない世代が増加していきますが、先の戦争のことを十分に知り、考えを深めていくことが日本の将来にとって極めて大切なことと思います。

 私はこの誕生日で82になります。年齢というものを感じることも多くなり、行事の時に間違えることもありました。したがって、一つ一つの行事に注意深く臨むことによって、少しでもそのようなことのないようにしていくつもりです。

 今年もあとわずかになりました。来る年が人々にとって少しでも良い年となるよう願っています。

2015年12月23日 05時00分


伊勢は天皇陛下に心から感謝している


とかく太平洋戦争や満州事変から日中戦争をクチにすると避けたがる人が多くなった。「またか」というわけである。伊勢が天台宗のお寺に草鞋を脱いでいた頃、「信了はどこで生まれたの?」「満州です」「満州?ああ日本人が散々、悪いことをしたところね」と僧正の妻で秋田県出身の尼僧が言った。伊勢青年はものすごく悲しい思いをした。これが寺を出た理由かも知れない。それまでは比叡山へ行く考えがあったのだ。

日本人は、政治家~教師~坊主、、そして大衆までが自らを卑下する歴史観を持っている。満州の関東軍というのは満鉄警備隊だったのである。狭軌の軽便鉄道である東清鉄道をロシアから撤収したのもニコライ二世のロシアが日本を襲ったからである。だが、ソ連やアメリカの介入により段々と満洲軍閥の張作霖や上海軍閥の蒋介石が南満州鉄道を襲うようになった。ソ連に後押しされた馬賊の馬占山はハルピンの西北の、のん江の鉄橋まで破壊するようになった。これが満洲国建国の理由なのだ。国となったからには、国軍が要る。だが、満洲人の満洲国軍は頼りなかった。だから板垣征四郎関東軍参謀が関東軍を強化していったのだ。つまり、中国政府が主張する日本軍の南京虐殺があったならそれは蒋介石と毛沢東の赤軍に大いに責任がある。板垣中将は蒋介石を一挙に葬ることを目標として南進したのである。ルーズベルトは蒋介石のパトロンなのだ。日本に罪のすべてを押し付けるのは好都合だ。つまり、現在のCIAは「南京虐殺はなかった」と認識するも、アメリカの介入を認めれば、自らが戦争犯罪国となってしまう。だから、ほっかむりして素通りしているわけである。このアメリカの偽善を伊勢は暴く決心なのだ。


russojaapanese ouryokukou

鴨緑江を渡る日本軍

1904年、日露戦争が勃発した。約300、000人の日本兵は朝鮮半島から奉天へと歩いて行った。輸送手段は馬である。野砲をゴロゴロと挽いて行った。遼東半島の203高地の激戦を知らない若者が多くなった。現代の少年少女や青年は漫画とスマートフォンに夢中なのだ。なかには化粧する男まで出てきた。さて、日露戦争では何院の若者が戦死したのか?答えは、約100,000人である。つまり三人に一人が戦死または病死したのだ。ロシアの捕虜となった日本兵はたったの1800人である。

一方のロシア兵は約500,000人と大軍であった。戦死者は25,000人と少ない。だが、日本軍の捕虜となったロシア兵は、なんと79,000人なのだ。これで当時の日本人が誇りを持たないわけがない。

それが理由で伊勢は「満州本(上下)」を書いた。現在、集英社の手にある。小説だが現代の世代にはそれしかない。現代の青年には歴史を読む気力などないからだよ(笑い)。



伊勢と共に日本の名誉を取り戻そう



japan flug

終戦以来の日本政府は名誉をかなぐり捨ててもカネを選んできた。安倍晋三もである。その顔には人間なら持っているべき自尊心はない。カネのために太鼓持ちのように自らを卑下している。つまり品格がない。アメリカの為政者らは日本政府が毅然と抗議しないのを実は不思議に思っているのである。広島も~長崎も~東京裁判も~捏造された慰安婦決議にも、日本政府が抗議しないんだからそのままである。

伊勢爺は今年の初めからブルームバーグ経済紙の意見覧に投稿してきた。衝突もあったが、現在、伊勢は人気者なのだ。当初からの目的である味方を多く作った。普段の英語を使って、堅苦しい表現や敵に回すことばを避けているからだ。アメリカ人の全部ではないが、アメリカ人はフェアな人々なのだ。珍しいが、敵意を持ったアメリカ人に出会うことがある。それも最近はいなくなった。伊勢爺は敏感なので距離を置く。向かってくれば一発言い返す。現在、アメリカは警察国家に向かっている。テロがあるからだ。誰かがあなたに屈辱を与えたら警察を呼ぶかウエイターに言うとウエイターが注意してくれるのだ。だから喧嘩にはならない。


対米広報ほど重要なものはない

広報というよりも伊勢のやっているのは「友情ある説得」なのである。ニューヨーク・タイムスに出した慰安婦抗議というのがあったよね。藪蛇となり、三千万円も使って敵を作った。伊勢がブルームバーグに書き込んでいる意見や口論は無料である。ただ時間が矢鱈と掛かる。安倍内閣の内閣広報室は当初の広報を強化するという公約に反して何もやっていない。能力がないか無気力なのだろうね。安倍晋三が子分を従えて政府専用機で飛び回っている。国民の血税を湯水のように使っている。それは外交だから良いとしても、日本の名誉を取り戻すという姿勢はない。伊勢は「人間にとって名誉を超えるもの」などないと思っている。


同志のみなさんからご寄付を頂きたい

月500円のご寄付を頂けませんか?

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン







今日のコメント

future • 2 days ago
If you take Clinton's word for it, she would avoid the pitfalls of Obama's policy against jihadis. But when it comes to the details of the current war on terror, she has much more in common with the president than her rhetoric would imply.

Yes, and Obama's policy is "Bush Lite." Except for Sanders, the continuing goal of the US establishment is maintaining American dominance -- which becomes ever more desperate as it fails again and again and again.


Iseheijiro future • a day ago
I don't know about Sanders but the US has been declining on many front. Middle East specially Syria is a serious matter. However, big portion of ME issue belongs to England and France. Asia Pacific is bigger issue where again the US is facing with China and Russia. America's luck is Japan's commitment. It's time for Washington to admit the mistakes of Hiroshima/Nagasaki a-bombings.

2 • Edit• Reply•Share ›


future Iseheijiro
• a day ago
It's time to disband NATO and for the US to step away from its insane ideas about running the world, and work with other major regional powers -- Russia, India and China in the eastern hemisphere -- to create order and common goals.


Iseheijiro future • a day ago
I thought you are intelligent. I was wrong. India? YES. Russia? NO. China? HELL NO!


existanceonly Iseheijiro • 11 hours ago
your school bus is here,...............


comment

<・食品メーカー・スーパーなどで、売れ残りや返品された在庫品が多すぎる ・古くなって食べたくないので捨てるなど、製造年月日に過敏すぎる

需要供給の経済学だけではないですね。終戦後の経済発展によって残飯文化が出来たということですね。現時点の工業先進国の経済は縮小に向かっている。自然に残飯もなくなるのかもね。それは日本のこととして、中国は飢餓に面する可能性はある。そのはけ口を戦争に求める。台湾~日本~アメリカに中国は蓋をされている。だから出てくるのです。今、豊かに見えても北朝鮮の食料状態になる。伊勢
2015/12/27 18:24 | 伊勢 [ 編集 ]

>レストランならさらに規制は不可能ですね。すると外食が問題となってくる。外食が減ると外食産業は壊滅する。


>飽食大国アメリカよりヒドかった日本の食糧廃棄の現状
http://matome.naver.jp/odai/2134560136851222501
>【捨てる食料の中身】

アメリカ=自宅や外食の生ゴミや流通過程での無駄
日本=家庭の台所から出る生ゴミが約60%を占める
>【年間の廃棄量】

アメリカ=3300万トン
日本=1940万トン
>廃棄が多い原因

【アメリカ】

・レストランやファストフード店が提供する食事の量が多すぎる
・家庭では、無計画なまとめ買いで、食料を使い切れずに捨てす

【日本】

・食品メーカー・スーパーなどで、売れ残りや返品された在庫品が多すぎる
・古くなって食べたくないので捨てるなど、製造年月日に過敏すぎる

2015/12/27 17:57 | [ 編集 ]

<日本が世界一の残飯大国であることはよく知られていますね。

その通りでしょう。ただその残飯のオリジンはどこでしょう?残飯を出さないならば食えるならそれも国家政策にするべきでしょう。だが「捨てる」行為にはクチは出せない。レストランならさらに規制は不可能ですね。すると外食が問題となってくる。外食が減ると外食産業は壊滅する。伊勢
2015/12/27 16:26 | 伊勢 [ 編集 ]

>国が破たんすると農業が命綱になる。日本にはその農業がない。

>日本は世界5位の農業大国
http://ameblo.jp/hyano0209/entry-11420248298.html
・日本の農業は、生産額を比べると
 中国、アメリカ、インド、ブラジルに次ぐ世界5位らしい。
・食料自給率が約40%しかないことが話題になるが、
 じつは、分母の中には残飯として捨てられた食料が含まれている。
日本が世界一の残飯大国であることはよく知られていますね。
 その量は1900万トンで、
世界の食糧援助量約600万トンの3倍以上です。
                         ・・・・・
2015/12/27 14:50 | [ 編集 ]

勤務医先生

1930年代の世界的飢餓地獄が戦争の原因なんです。日本では東北の飢餓です。岩手などは娘売ります相談所があったのです。すると、戦争とは反省がテーマでなくて経済だとおわかりでしょう。ぼくは、安倍経済に危惧を抱いている。菅さんは「大丈夫だ」などと言ってますが。巨大金融緩和も巨大予算も賭けなんです。現在、世界経済が発展するという兆しはないです。ま、日本人も中国人も頑健だから飢餓地獄にはならない。安倍晋三は経済破たんの経験がない。国が破たんすると農業が命綱になる。日本にはその農業がない。伊勢
2015/12/25 16:36 | 伊勢 [ 編集 ]

明治天皇御製
四方の海みな同朋と思う世になど波風の立ちさわぐらむ
先帝陛下も先の大戦前にお詠みになったときいています。
2015/12/23 23:34 | 勤務医 [ 編集 ]

三太夫先生

今、気が着いて直しました。有難うね。ぼくの育った伊勢志摩の神明村の墓地には日露戦役戦没者忠霊塔があります。今でもお香が絶えません。伊勢
2015/12/23 11:05 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様、時々拝読させて戴いております。

鴨緑江を渡る日本軍…の部分で「や法をゴロゴロと挽いて行った。」の記述がありますが「や法」⇒「野砲」だと思われます。
2015/12/23 10:39 | 三太夫 [ 編集 ]

みなさん

文字が薄いのでFC2に問い合わせしました。直るまで我慢してくださいね。伊勢
2015/12/23 09:13 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する