2016/01/13 (Wed) なぜ、日本の国民は黙っているのか?


七五三の晴れ着が可愛いではないか?俺には関係ないってかい?三歳の女の子を見殺すとは、人間ではない。政府~警察~国民のことだよ。






女児泣き続けている…虐待疑い、住民の通報2回
2016年01月12日 19時28分

 埼玉県狭山市で、顔にやけどを負った女児(3)が放置されて死亡し、無職の母親(22)と同居する工員で内縁の夫(24)の両容疑者が11日、保護責任者遺棄容疑で逮捕された事件。警察へは昨年、虐待を疑わせる110番が2回あったが、女児への暴行などは確認されていなかった。近隣住民からは幼い命を救えなかった後悔の声が上がった。発表では、両容疑者は昨年12月から今年1月にかけて、やけどを負った女児を病院に連れて行くなどの措置をせずに放置した疑い。県警によると、1度目の通報は昨年6月29日午前0時頃。近隣住民から「女の子が布団をかぶって玄関前に出されている」と110番があった。狭山署員が駆け付けると、女児が閉め出されている様子はなかった。2度目は、同年7月19日午後7時35分頃、近隣住民から「30分くらい前から女の子が泣き続けている」と通報があった。同署員が事情を聞いたところ、両容疑者は「風呂に入らないので叱ったら泣き出した」と説明。いずれも女児の体にあざなどの暴行を受けた痕や着衣の乱れなど虐待を疑わせる様子がなかったことから、両容疑者への注意、指導で終わったという。同じマンションに住む会社員男性(30)は、「昨年5、6月頃から頻繁に泣き声が聞こえるようになった。もっと『大丈夫か』など声をかければよかった」と肩を落とした。(読売新聞)


アメリカとの違いは大きい


日本のソーシャルワーカーなら、誰でも知っているだろう。アメリカではこんな事件は起きない。いじめや、虐待の疑いだけで警察は子供を連れていくからだ。つまり「子供は神の子供」という意識が強いからだ。ここでも、伊勢は、クチダケ晋三を責めたい。抵抗が出来ない子供すらも守れないなら、首相をやめろ。伊勢平次郎 ルイジアナ

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する