2016/01/17 (Sun) 日本の無血革命は可能である
French revolution

民衆を導く自由の女神

作者 ウジェーヌ・ドラクロワ
制作年 1830年
素材 キャンバス、油絵
寸法 259 cm × 325 cm (102 in × 128 in)
所蔵 ルーブル・ランス(ランス (パ=ド=カレー県)

民衆を導く自由の女神は、ウジェーヌ・ドラクロワによって描かれた絵画。1830年に起きたフランス7月革命を主題としている。

解説

絵の中心に描かれている、銃剣つきマスケット銃を左手に持ちフランス国旗を目印に右手で掲げ民衆を導く果敢な女性は、フランスのシンボルである、マリアンヌの姿の代表例の一つである。絵画としてのスタイル、フランス7月革命というテーマから、絵画におけるロマン主義の代表作と言える。

女性は自由を~乳房は母性すなわち祖国をという具合に、ドラクロワはこの絵を様々な理念を比喩(アレゴリー)で表現している。一方で彼女がかぶるフリギア帽は、フランス革命の間に自由を象徴するようになった。やはりマスケット銃を携えて女性に続くシルクハットの男性はドラクロワ自身であると説明される事が多い。女性の左隣の二丁拳銃の少年については誰をイメージしたのかは不明。

1831年5月のサロン展に出品され、フランス政府は同年に革命を記念するためとしてこの作品を3,000フランで買い上げたが、1832年の六月暴動以降、あまりにも政治的で扇動的であるという理由から、1848年革命まで恒常的な展示は行われなかったという歴史を持つ。1874年にルーヴル美術館に収蔵された。フランス国外に出たのは、イギリス・アメリカ・日本に貸し出された時のみである。

2013年2月に来館者に黒のフェルトペンで落書きされてしまう被害に遭うが、翌日には修復されている。表面にはワニスが塗ってあり、落書きが下の絵の具には浸透していなかったため、修復が可能だった。なお、落書きは「AE911」と書かれており、アメリカ同時多発テロ事件や、その陰謀説などが関わっている可能性が指摘されている。

日本との関わり

1999年に「日本におけるフランス年」の文化財海外交流展の一環として、この絵画がルーブルから東京国立博物館に1ヶ月間貸し出された。この際に日本からフランスに貸し出されたのが法隆寺の百済観音像である。日本でも「日本におけるフランス年」を記念してこの絵画の記念切手が発行されたが 、フランス本国では、ドラクロワの肖像と共に、旧100フラン紙幣にその一部が描かれた。なお、日本への運送には大型貨物機のエアバス ベルーガが使われた。


晋三は殿様なのだ

三歳の女児の保護もしない警察、つまり日本政府。小学校4年生が首を吊る、、総理大臣の晋三は、児童の命などに関心はないのである。政権維持のみに関心がある。なぜなら、殿様でいたいからである。選挙で追い出せ!


inada tomomi

やさ男の政治は終わった。ドイツでは「女性は、だいたい正しい」とよく言う。うちのカミさんがそうである。伊勢は、稲田朋美さん(56)を総理大臣にしたいと思っている。台湾にも女性の総統が生まれた。女性の時代なのである。伊勢平次郎 ルイジアナ


同志のみなさんからご寄付を頂きたい

伊勢ひとりでブルームバーグに投稿してきた。「日本に稲田朋美首相がやってくる」と書いた。拍手が起きた。伊勢平次郎 ルイジアナ


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン







年末、NI・MAさまから1、2000円を頂きました。MIZ・TAさまから隔月に40,000円を頂いています。WA・EIさまが毎月1000円を寄付してくれています。伊勢は自分個人のために使いません。有難うね。








comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する