2016/01/18 (Mon) 在日中国人とシリア難民に見る日本の移民政策
chinese live in Japan

在日中国人

総人口 65万6403人(2015年6月末)

在日中国人は、日本に在住している中華人民共和国の国籍を持つ中国人である。広義には中華人民共和国(香港、マカオを含む)と中華民国(台湾)国籍者を指すが、中華民国(台湾)の国籍者は在日台湾人と呼ばれる事が多い。両者を総称して華僑と呼ぶ事があり、日本国籍を取得したものは「華人」と呼ぶ事がある。

在日中国人は65万6403人も居て他の在日外国人と比べて圧倒的に多い。留学や技能研修など日本に学びに来ている人が多いが、働いている人も多い。職種は技術・人文知識・国際業務や調理師から社長や大学教授まで幅広く、数も圧倒的である。男性中心の他の在日外国人と比べて20代・30代の女性が多く、若くて元気である。在日中国人は戦前から居て横浜中華街などを形成したが、1990年代から倍増し2000年代前半に激増した。最初は集団密航で入国した人も居たが、そのうち留学などを通じて増えて行き企業に新卒採用されたり、犯罪に手を染めたりした。ウイキぺデイア


syria children under assad

アサド政権下のシリアの子供たちである。娘の将来を憂いた父親が泣いている。


伊勢の嘆き

日本の将来も心配だが、日本政府の外政に疑問を持っている。まず、中国人移民や帰化や留学には全く問題はないと思う。枠を決めて奨励も良いだろう。日本を慕う中国人は在日朝鮮韓国人よりも明るく元気もいい。

問題は、日本政府の中東政策である。なぜ、伊勢は問題視するのか?その理由は、総理大臣の晋三には心が感じられないからだ。かって、湾岸戦争でもブッシュ(1)に強請られた情けない歴史がある。安倍政権では、アメリカのご機嫌を取るかのように、普段は何の関係もないヨルダンなどにカネをばら撒いたのである。後藤さんがイスラム国に殺された感情的な意趣返しにも見えた。

さて、このシリアの難民だが、いま、ドイツが危険を顧みず一手に引き受けている。伊勢はメルケルの勇気を称えたい。そのような正義も勇気も晋三にはない。日本に難民を引き受ける意思がないなら、ドイツに献金したらどうか?伊勢平次郎 ルイジアナ


晋三は殿様なのだ

三歳の女児の保護もしない警察、つまり日本政府。小学校4年生が首を吊る、、総理大臣の晋三は、児童の命などに関心はないのである。政権維持のみに関心がある。なぜなら、殿様でいたいからである。選挙で追い出せ!


inada tomomi

やさ男の政治は終わった。ドイツでは「女性は、だいたい正しい」とよく言う。うちのカミさんがそうである。伊勢は、稲田朋美さん(56)を総理大臣にしたいと思っている。台湾にも女性の総統が生まれた。女性の時代なのである。伊勢平次郎 ルイジアナ


同志のみなさんからご寄付を頂きたい

伊勢ひとりでブルームバーグに投稿してきた。「日本に稲田朋美首相がやってくる」と書いた。拍手が起きた。伊勢平次郎 ルイジアナ http://www.bloombergview.com/articles/2016-01-17/a-new-dawn-for-taiwan-and-china


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン







年末、NI・MAさまから1、2000円を頂きました。MIZ・TAさまから隔月に40,000円を頂いています。WA・EIさまが毎月1000円を寄付してくれています。伊勢は自分個人のために使いません。有難うね。









comment

多史済々さん

政策の失敗は誰にでも起きる。問題はね、安倍晋三は単細胞なこと。大きな予算を国債や公債を売って積み上げながら、消費税を上げるってかい?どうしたら、そういう考えになるの?消費税を上げれば、消費者の心理が冷える。世界中が緊縮財政の時代だよ。伊勢
2016/01/19 21:07 | 伊勢 [ 編集 ]

 私にも在日中国人の友人がいますが、相当な共産党新派ではないからなのか、いわる東京裁判史観とは違った歴史観を理解してくれますよ。
 チャンネル桜もそうですが安倍総理批判は簡単ですけどまだまだ平和ボケのマスコミ・自民党先生方・国民が多数の現状においては彼の思うところの政策は現実として不可能なのだと想像します。何しろ公明党が与党という現実がありますからね。
 おおさか維新の会の躍進が憲法改正に大きな影響を与えるのでしょうがまだまだ先のことになると思われます。
 しかし、確実に前進していることが私にとっては何ともうれしいことです。
2016/01/19 13:14 | 多史済々 [ 編集 ]

いいね
2016/01/18 10:09 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する