2016/01/20 (Wed) 原油とチャイナ


世界で最大のタンカーである。イランが持っている。イラン経済制裁が終わった。イランは外貨($)を稼ぐために大量に放出する。イランの持つ航空機の平均年齢が28年だそうだ。エアバスを大量発注している。イランはサウジ~湾岸諸国や~ロシア~カナダ~オーストラリアと違い工業技術立国が可能な国である。人口は7000万人。日本やロシアの友人である。日本の技術を通してロシアもメリットを享受するだろう。


原油の価格

oil price 5 year

これが過去5年間の原油の値段だ。2014年の6月を頂点に下げ続けている。伊勢がY新聞のサンホゼ支局に米経済担当で勤めていた2000年と同じ値段だ。そのころ、石油大手をインタビューした。「原油の将来はどうなる?」答えは「原油の値段は政治的なものだ。実際は海のような埋没量がある」と信じられないことを言った。その通りだったわけだ。

さて、原油の将来はどうなる?競馬の予想じゃないが、下げ続けると思っている。$10以下もありうる。経済への効果を考えてみよう。実は、勝ち組と、負け組に分かれるのである。勝ち組は、US~日本~韓国~欧州である。チャイナも恩恵を受ける国だが原油に巨大な投資をしてきたので整理するまで浮上しない。


上海SSE

SSE 1.19.16

今日も、朝の10時にストップをかけた。チャイナの経済は泥沼にズブズブと入って行った。IMFのバスケットに入ったといっても、世界の通貨量の2.3%だ。USDは43%である。「チャイナは2050年までに、アメリカを追い越す」というバカな本が売れたよね。日本の三文メデイアも、それを大声で受け売りしていた(笑い)。

原油激安で、原油をめぐる戦争は起きない。ということで、ブッシュ1~ブッシュ2のイラク戦争ほど狂った戦争はないのだ。湾岸戦争の年、伊勢夫婦はシシリーにいたが、「絶対反対」を唱えて、アメリカ人と口論になった。今となって、BB紙に書いても言い返す者はいない。

さて、チャイナはどうなる?ここ3年間はドンドン後退するよ。じゃあ、日本はどうなる?クチダケ晋三が総理大臣ではやはり後退する。デフレが足元に来ているのに、インフレ2%を目指すなど矛盾が多すぎるからだ。伊勢平次郎 ルイジアナ


晋三は殿様なのだ

三歳の女児の保護もしない警察。小学校4年生が首を吊る、、総理大臣の晋三は、児童の命などに関心はないのである。政権維持のみに関心がある。なぜなら、殿様でいたいからである。


inada tomomi

やさ男の政治は終わった。ドイツでは「女性は、だいたい正しい」とよく言う。うちのカミさんがそうである。伊勢は、稲田朋美さん(56)を総理大臣にしたいと思っている。台湾にも女性の総統が生まれた。女性の時代なのである。伊勢平次郎 ルイジアナ


同志のみなさんからご寄付を頂きたい

伊勢ひとりでブルームバーグに投稿してきた。「日本に稲田朋美首相がやってくる」と書いた。拍手が起きた。伊勢平次郎 ルイジアナ


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン







年末、NI・MAさまから1、2000円を頂きました。MIZ・TAさまから隔月に40,000円を頂いています。WA・EIさまが毎月1000円を寄付してくれています。伊勢は自分個人のために使いません。有難うね。












comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する