2016/01/22 (Fri) 狂った新聞記事
oil tanker big one

株下落、資源安と連鎖…日経平均398円安
2016年01月22日 00時45分

 中国経済の減速が世界の金融市場だけでなく、資源価格にも変調をもたらしている。原油価格の国際的な指標となるテキサス産軽質油(WTI)の先物価格は1年前と比べて43%値下がりした。原油にとどまらず、天然ガスは同じく44%、銅は28%、それぞれ価格が下がった。こうした資源価格の下落や中国経済の減速を背景に、21日の東京株式市場は日経平均株価(225種)が大幅に値下がりし、終値は前日比398円93銭安の1万6017円26銭だった。資源価格の下落は新興国や資源国の景気悪化を招き、世界経済の成長を妨げる恐れも出ている。WTIの先物価格は20日に1バレル=26・55ドルまで下落した。ピークをつけた2008年7月11日(1バレル=147・27ドル)と比べると、2割以下の水準まで低下した。東京商品取引所では21日のゴム(1キロ・グラム)の価格が前日比0・2円安の156円50銭に下がった。東京商品取引所によるとゴムの価格は1か月前に比べて約10円、1年前に比べて約40円値下がりしている。貴金属のプラチナ(1グラム)の価格は3083円で、1か月前に比べて約280円、1年前に比べて約1800円も安くなった。日経平均株価の年始からの下げ幅は3000円を超えた。

 資源価格が下落した最大の要因は中国経済の減速で需要が低迷しているためだ。ニッケルや銅は、世界の消費量の半分程度を中国が占めるとされている。中国の需要が急速に縮小したことが価格下落につながった。

 加えて、米連邦準備制度理事会(FRB)が昨年12月、9年半ぶりに利上げに踏み切ったことも資源価格を押し下げている。これまで超低金利で調達して商品市場などに投資されていた資金が、利上げをきっかけに引き揚げられているためだ。(読売)


こんな狂った記事を見たことがない

この記事は、世界経済の後退の原因3を書いている。1)中国経済の減速~2)原油の暴落~3)米連銀の利上げ。まず、チャイナの後退は、その内部構造と政府の無能にある。米金利はUSの財政改善であるから責められる筋はないよ。さて、原油暴落も責めるのかね?


原油輸出国

• アラブ首長国連邦
• イラク
• イラン
• カタール
• クウェート
• サウジアラビア
• エクアドル
• ベネズエラ
• アルジェリア
• アンゴラ
• ナイジェリア
• リビア

と全て中東かアフリカか南米なのだよ。アメリカは、全てに於いて自給自足が可能な国だ。アジアも、欧州も原油輸入国である。ここで漏れているのがロシアだが、パイプラインで持ってくる原油は止まっている。ま、カナダとメキシコはUSにパイプラインを敷いている。USの原油輸入は少ないわけだ。つまり、チャイナが経済崩壊していることと原油の過剰生産は関係があるようでない。

「原油は、まもなく上がる」とコロンビア大の原油エキスパートと自称するバカ造(オバマのアドバイザー)が、さっき記事を書いた。伊勢は、全く賛成しないね。なぜなら、1)チャイナは、ここ3年は後退し続ける。または、デフレに陥る~2)北米の原油掘削の技術はなくならない~3)大気汚染と地球温暖化は大きな問題だから、石油の需要は下がる。ぽん、そうでしょ?


晋三は殿様なのだ

三歳の女児の保護もしない警察。小学校4年生が首を吊る、、総理大臣の晋三は、児童の命などに関心はないのである。政権維持のみに関心がある。なぜなら、殿様でいたいからである。


inada tomomi

やさ男の政治は終わった。ドイツでは「女性は、だいたい正しい」とよく言う。うちのカミさんがそうである。伊勢は、稲田朋美さん(56)を総理大臣にしたいと思っている。台湾にも女性の総統が生まれた。女性の時代なのである。伊勢平次郎 ルイジアナ


同志のみなさんからご寄付を頂きたい

伊勢ひとりでブルームバーグに投稿してきた。「日本に稲田朋美首相がやってくる」と書いた。拍手が起きた。伊勢平次郎 ルイジアナ


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン







年末、NI・MAさまから1、2000円を頂きました。MIZ・TAさまから隔月に40,000円を頂いています。WA・EIさまが毎月1000円を寄付してくれています。伊勢は自分個人のために使いません。有難うね。












comment

ぽんちゃん

合格ですよ。シテイなどの分析では、「今、上げているのはEUの金融緩和と投機筋が原因で一時的。ここ1~3か月で底値に達する。買うならそれが時期で、年末には二倍の$50だろう」と。ぼくもそう思う。そのあと?フラットでしょうね。原油安は短期的には痛みを伴う。長期では景気の後押しとなる。もう一つ心配がある。それは、夏のエル・ニーニョの影響。南米の穀物が旱魃でやられる。すると、原油安のメリットと相殺になる。人口の少ない日本は大丈夫。全農が頭がいいからね。もう北米の穀物を先物買いしている。ミシシッピー河を下って、パナマを通って、鹿島港に着く。伊勢
2016/01/22 17:57 | 伊勢 [ 編集 ]

原油の相場は分からないよ。
「あと40年で原油は枯渇する」と過去40年間ずっと言われ続けてきたけど、今も「あと40年」。現在バーゲンセール中だしw
冗談はさておき、原油の相場変動は需給が要因の様に見えるけど、実際には原油の価格は国際政治案件だからね。
もし、産油国が値段を上げたいのなら蛇口を絞ればいいだけだ。そうしないのはそう出来ない事情があるのだろうw
2016/01/22 17:36 | ぽん [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する