2016/01/29 (Fri) こどもの国
amari tear

秘書任せのツケ、悔しさにじませる…甘利氏
2016年01月29日 08時52分

 「地元を放りっぱなしにしたツケが回ってきた」。

 28日夕に開いた違法献金疑惑を説明する記者会見で、秘書の監督責任を理由に辞任を表明した甘利経済再生相。千葉県白井市の建設会社側から菓子折りとともに現金を受け取った事実を認めつつ、疑惑発覚後に受けた同社からの不審な電話の内容を明かすなど悔しさもにじませた。「閣僚の職を辞することを決断した」。会見で甘利氏は意を決したように言い切ると、涙をこらえるように20秒近くうつむいた。そして、「この会見の後に、官邸にうかがって、(安倍首相に)直接(辞意を)お伝えする」と続け、深々と一礼した。甘利氏は来月4日、ニュージーランドで行われる環太平洋経済連携協定(TPP)の署名式に出席する予定だったが、辞任でかなわぬこととなり、「正直言えば、出たかった」と無念さをのぞかせた。(読売新聞)


伊勢爺はこう思う


まず、エエ歳をして、めそめそ泣くな。少なくとも閣僚だったんだ。秘書任せ?カネを自分で受け取ってもかい?今日のエントリーは「こどもの国」とした。日本のことだ。首相からしてこどもに見える。石原が経済大臣ってかい?石原は劣等でしょ?日本はこうして後退を続ける。


晋三は殿様なのだ

三歳の女児の保護もしない警察。小学校4年生が首を吊る、、総理大臣の晋三は、児童の命などに関心はないのである。政権維持のみに関心がある。なぜなら、殿様でいたいからである。


inada tomomi

やさ男の政治は終わった。ドイツでは「女性は、だいたい正しい」とよく言う。うちのカミさんがそうである。伊勢は、稲田朋美さん(56)を総理大臣にしたいと思っている。台湾にも女性の総統が生まれた。女性の時代なのである。伊勢平次郎 ルイジアナ


同志のみなさんからご寄付を頂きたい

伊勢ひとりでブルームバーグに投稿してきた。「日本に稲田朋美首相がやってくる」と書いた。拍手が起きた。伊勢平次郎 ルイジアナ


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン







年末、NI・MAさまから1、2000円を頂きました。MIZ・TAさまから隔月に40,000円を頂いています。WA・EIさまが毎月1000円を寄付してくれています。伊勢は自分個人のために使いません。有難うね。







comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する